2018年10月16日

冷え冷えとした宇宙空間に浮かぶ それは藍染めの贈り物


石井孝明さま ← 平井吉信

DSFT8982-1.jpg
こんばんは、出張から戻りました。
お届け物(お預かりもの)を拝見しました。

藍染めはその移ろいゆくはかなさとそれゆえの強さの両面があるよね。
そして前者の表現が藍を使っての花鳥風月の表現だよね。
ところが、これは花鳥風月を飛び越えて無機的な宇宙空間に出てしまった。
(それまでは月や星を描いてもそれは地上人の視点だった)
でも、宇宙に出てもやはり手仕事の温もりがこの無機質な空間に
エーテルのような物質感を与えているね。

ぼくは技法はわからないけど
片方から恒星系からの光を受けた連星もしくは惑星と衛星(月)が
冷え冷えとした空間に浮かんでいる。
この冴え冴えとした藍の色は花鳥風月を映していた存在とは思えない。
しかも宇宙空間には揺らぎがある。
銀河のような表現と藍のぞっとする冷たい深み、色の深沈とした沈み込み…。
南部陽一郎が言っていた「自発的対称性の破れ」の結果だね。

手元に置いておいて返したくないぐらい。
宇宙を題材にしながらも見つめているのは人のこころ。
サー・エイドリアン・ボールトの指揮する「惑星」の滋味(5回目のロンドン響との録音)。
言い換えれば、星も生き物も素粒子の組み合わせだけど共鳴するものがあるんだろう。
「いい作品」とひとことで片づけたくない深みがあるよ。

DSFT8982-1.jpg

それは帰宅した玄関に置かれていたもの。
一目で藍染め職人(作家)の石井孝明君からとわかった。
見たままの心の動きをさっそくメールで送ったところ。

見せてくれていると思っていたら、彼からの贈り物という。
生きていく力が湧いてくるよ。


追記

彼(石井孝明)に作品を依頼したい人は
ぼく(平井吉信)に相談してくれたらつないでみる。
(売り物じゃないから、って言われるかもしれないけど)
でも、最近は篠原ともえとも協働しているから。
https://lineblog.me/shinoharatomoe/archives/67146721.html
posted by 平井 吉信 at 22:17| Comment(0) | 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: