2018年08月21日

夏の名残のそらを映したみなと 


仕事の合間に海を見に来た。
港はまちの場末にあって
かつてのにぎわいはないけれど
船と水のきらめきが誘っている。
DSCF5235-1.jpg

DSCF5237-1.jpg

港のそばにはしおかぜ公園がある。
海風を受けて樹間でたたずめばそれはそれであなたの時間。
ウッドデッキにはネコがたくさんいる。
ネコ好きにはたまらない場所。
DSCF5258-1.jpg

DSCF5260-1.jpg

DSCF5264-1.jpg

DSCF5270-1.jpg

いまはそういう理由で人々が集まる。
特に人を寄せようとしなくても集まる。
DSFT7115-1.jpg

夏の名残の空がそのまま秋へと続いているのだろうか。
タグ:小松島
posted by 平井 吉信 at 23:24| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: