2018年07月23日

西半球を覆う夕方の雲は夕焼け小焼けではなかった


東京から戻った日の夕方、
途方もない高気圧の影響か否かはわからないが
空に巨大な蜘蛛が現れたよう。

レンズは異なるけれど撮影時刻で。

19時23分
DSFT5767-1.jpg

19時25分
DSFT5775-1.jpg

19時27分
DSFT5783-1.jpg

19時29分
DSFT5796-1.jpg

19時30分
DSFT5801-1.jpg

神田瀬川の水面と停泊している船舶、遠くのまちの灯り、
呆然と空を見上げるしかない夕暮れ。
(唱歌を歌いながら家路をめざしたあの夕焼けはこんな迫る存在ではなかった)


posted by 平井 吉信 at 00:56| Comment(0) | 天文と気象
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: