2018年07月05日

きょうも一日遊んでもろた 黒沢湿原の午後

北海道の釧路湿原をカヌーで下ってみたい。
でも徳島にも魅力的な湿原がある。
このブログでたびたび取り上げる黒沢湿原である。

ルートは池田町から南進するルートをおすすめしていたが
このところ工事中となっている(今回も引き返すことになった)。
そこで池田の市街地から吉野川を遡り三縄方面から向かうルートが
初めての人にも通行しやすいようだ。
(湿原への表参道ともいうべき道でなんと路線バスのバス亭までがこのルート上にある)

梅雨の合間のしばしの晴天は家庭では洗濯ものドライ&湿気追放キャンペーンの日。
ひととおりの家事をやっておいて悠々と出かけるのもよし。

湿原に着いた。これからの歩みが生きる力をくれる。
そう思える湿原の奥行きと誘い。
DSCF4579-1.jpg

DSCF4581-1.jpg

DSCF4582-1.jpg

今頃はトキソウが咲く頃だが今年は開花は早めのよう。
でもまだ見頃には早いようだ。
DSFT4720-1.jpg

DSFT4895-1.jpg

湿原の山野草を見つけてはよかったと思う。
DSFT4724-1.jpg

DSFT4872.jpg

DSFT4876.jpg

続いて生き物。これまで湿原でヘビを見かけたことは実は一度もなかったのだが
この日は数回見かけた。天候の具合なのかどうなのか?

毛虫は見かけてもあまり近づかない方がいい。
チャドクガの幼虫のように風に乗って毛を飛ばすことがある。
服にまとわりつくと家に帰ってからもやっかいなので要注意。
D7N_1111.jpg

湿原の池はトンボの楽園
D7N_1147.jpg

ヒョウモンチョウか?
D7N_1345-1.jpg

この黒いバッタ(コオロギ?)は?
D7N_1355-1.jpg

湿原の池を見つつ丘へ上がる
DSCF4603-1.jpg

どこまでも一朶の雲を追いかけて…(坂の上の雲)
この先に展望台がある
DSCF4606-1.jpg

ここから湿原を見下ろす
DSFT4757.jpg

DSFT4764.jpg

風が吹く、のどを潤す、風に吹かれてみる
DSFT4778-1.jpg

DSFT4766-1.jpg

池のほとりではスイレン、ヒツジグサ
D7N_1121.jpg

D7N_1152-1.jpg

池から流れ出す湿原の水をたどる
DSFT4826-1.jpg

D7N_1221.jpg

D7N_1264-1.jpg

DSFT4792-1.jpg

DSFT4797-1.jpg

水は南へ下っていく。やがて滝となって落ちる
D7N_1237.jpg

DSFT4816.jpg
この先にさらに落差の大きな滝があり、滝の上から写真を撮ることができる

夕方が近くなっても太陽は高い
きょうも半日、湿原に遊んでもろた。
DSFT4834-1.jpg
タグ:黒沢湿原
posted by 平井 吉信 at 00:03| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: