2007年11月12日

室戸の港町で、素朴だけれども思いがこみ上げるラーメン店に出会いました


室戸岬の室津漁港から狭い路地を入ったところに小さな食堂があります。
そこで、家族とともにおばあさんが近所の人向けに手料理を出しています。
秋晴れの一日、海沿いをはるばる百キロ以上を走ってきた
ぼくが注文したのは450円のラーメンです。

鶏ガラから生まれた透明なスープは、
わずかに醤油の香りを加えた塩味のあっさりとしたもの。
化学調味料は使っていないようです。
メンマではなくコキコキとした食感のタケノコに
本格的なチャーシューが浮かんでいます。
麺は業務用ではなく手打ちのような感じ。
あっさりとしながらホンモノのコクのある風味。

ラーメンというより、誠実につくられた食べ物をいただいているという感覚。
数十年変わることなく守られてきた山下のおばあちゃんが完成した素朴なラーメン。
ぼくがこれまで食べた、もっともおいしいラーメン、食べ物のひとつでした。
DSC_0077-1.jpg

店の名前は、両栄美人。
室津漁港の港町から狭い路地を歩いて探しました。
岬の漁港の路地裏でホンモノのラーメンに出会えた喜びを感じながら
クルマを南国方面へ走らせました。
DSC_0076-1-1.jpg
posted by 平井 吉信 at 23:37| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: