2018年06月04日

そこには空と海だけ

雲をどこかに忘れてきた空が海と出会って それが岬
DSFT4273.jpg

岬ではムラサキカタバミすらトロピカル?
DSFT4239.jpg

半分だけ陽射しを受ける野バラの仲間。
光と陰の相補性を見せている。
明も暗も必要、善も悪も必要、それがこの世。
DSFT4256.jpg

この日もっとも多く咲いていたのはサボテンの花。
♪たえまなくふりそそぐこの陽射しのように
DSFT4261.jpg

コミカルなロボットアニメか実写のような造形
DSFT4264.jpg

数え切れない黄色が海に溶暗していく。ここで生きていくと決めている者同士で
D7N_0903.jpg

こんな場面だけでうれしくてしようがない
この世にあるすべてのものに
光は降り注いでいると伝えているから
D7N_0913.jpg

視線を遠く誘導されて気付いた
D7N_0916.jpg

ふと足元を見ればシオギクの花が開花しようとしている。
ちょっと待ってプレイバック! あなたが咲くのは真冬でしょ。
D7N_0932.jpg

ブラタモリのロケを室戸でやってはいけない
タモリさんが帰れなくなるから
(もしかしてネタバレしている?)
D7N_0946.jpg

こちらにおわすはジオパークの岩なるぞ。一同、頭が高い、控えおろう
DSCF4313.jpg

DSCF4317.jpg

空海が修行した洞窟まで出てくるのだから
地球もえらいが人もえらい。
虚空蔵菩薩さまに帰依いたしますと百万回(虚空蔵求聞持法)。
(虚空蔵菩薩さまはぼくの守護本尊でもある)
DSFT4237.jpg

灌頂ケ浜 ― ここが四国の東南端の浜だとは誰が気付くだろうか
(看板がなければ)
DSCF4314.jpg

室戸岬しか知らない室戸岬の秘密を繙こうと通うけれど
そこにはただ空と海。
タグ:室戸
posted by 平井 吉信 at 23:01| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: