2018年04月22日

夕方だから出たくなる 歩きたい 中津峰


出張が続いた週末は用事がたまっている。
時計を見ると16時前。
このまま身体を動かさないと身が持たないと感じて山へ行く。
登山ではなく山歩き(散策)。
(山歩きは疲れを取るために温泉へ行くのと同じ。精神論ではなく科学的合理的な理由から。ただし心拍数を上げない歩き方が条件。ぼくはナンバ歩きなので息が上がることはほとんどない)

この時間は山で出会う人はほとんどいない。
だから静かな山旅が楽しめる。
行くとしたら近場の山ということで中津峰しかない。

もはや日の陰った場所が多い。
そんな場所でこの季節の風物詩はシャガの群落。

ニコン(D7200)で捉えたこの絵がいい。
幽玄を彷徨うような、しかし忠実度の高い画像。
D7N_0146-1.jpg

フジX-T2+XF35mmF1.4 Rで捉えたシャガには虫がいた。
DSFT1795-1.jpg

シャガの群落を見下ろすように葉が絡まった幹が斜めに
DSFT1802-1.jpg

登山口にはスミレが多い。
DSFT1849-1.jpg

山菜が陽光を浴びて背伸びしている
DSFT1836-1.jpg

谷筋の地形に出くわした。どこまでも追いかけていきたくなる。緑と光のなす織物のような光景だったから。
DSFT1824-1.jpg

ツツジもちらほら。すでに盛りとなっている個体も
DSFT1907-1.jpg

DSFT1915-1.jpg

D7N_0166-1.jpg

山頂を過ぎて南西のゆるやかな尾根の踏み跡をたどる
DSCF3159.jpg

いままで通っていない踏み跡を進んでみると林道に出た。
DSCF3160.jpg

きょうは中津峰なので地図を持っていない。
たぶん知っている道へ抜けるだろうと思っていたらまさにそこ。

車道を歩けばそろそろ日没。
この辺りは人工林だが、間伐が機能している(混交林)。
DSFT1924-1.jpg

見上げた空に飛行機(複数)。
D7N_0205-1.jpg

飛行機を追いかけて黄昏。
DSFT1938-1.jpg

徳島市南部の標高773メートルの中津峰を夕方歩く疑似体験をしていただけましたか?



タグ:2018 中津峰
posted by 平井 吉信 at 22:52| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: