2018年04月05日

深読み先読み


綱渡り外交をしているある国が
もはや崩壊寸前となっているのではと思わせるできごと。
その国を囲む3つの大国のうち、
2つは権力が盤石(それはそこに至るまでの強引な力学の反動を考えると脆さとも裏腹ではあるけれど)
1つは計画や戦略なしに突き進むリーダーがいる。
占星術ではないけれど
この力関係のなかでのみ、
動くことがあるとしたら、あれだなという気がする。


ところで、ブラタモリの近江アナの最終回(2018.3.24放映)は宮崎だったとか。
https://www.nhk.or.jp/buratamori/map/list100/index.html
ご覧になった方、
その内容についてはもしかしてこのブログの内容が先取りしていない?
http://soratoumi2.sblo.jp/article/178185754.html
http://soratoumi2.sblo.jp/article/178164351.html
(放映の1年以上前の記事ですよ)
・宮崎交通と宮崎観光について
・新婚旅行のメッカ
・鵜戸神宮について

そんななかでも無名の桜に光を当ててみたい。

夏の草いきれにも似た勝浦川の土手とお地蔵さん。
地元の高校生たちが自転車を置いて
ここからバスでそれぞれの高校へ通う場所。
桜と地蔵は高校生を見守っている。
DSCF2912-1.jpg
(小松島市田浦町)

徳島市南部の八多町。
みかん農家の由緒ある旧家の庭から
川へ降りると子どもが水遊びする場所。
(家の庭から数歩ですよ)
かごを沈めて大きなウナギが捕れたこともあったとか。
日本昔話のような桃源郷から新たな物語が始まる。
DSCF2938-1.jpg
それについては追ってお知らせを。

タグ:2018
posted by 平井 吉信 at 23:04| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: