2018年03月28日

西条市加茂川河畔の武丈公園 そこから八堂山へ 石鎚が見えた春の桜日和


西条市での仕事の翌朝、
絶好の天気となった。
このまま山へ行きたいぐらいであるが
午後からは徳島で用事がある。
そこで西条市内の桜の名所を訪ねることにした。

加茂川沿いにありそうな気がして車を進めると
河川敷に桜が見えたのでそこに停めた。
ソメイヨシノにはまだ早く
しだれ桜は満開となっている。
土手では出店の準備をしている。
DSCF2491.jpg

石鎚山系から流れ出す加茂川流域は人口が少なく
河口近くになってもまだこの水質。
そこにあるのが武丈公園。
車は河川敷に置ける。
まちの中心から歩いていける場所にこんなところがある。
DSCF2488.jpg

春霞の今頃にしてはめずらしく空は澄んでいる。
そのため雪化粧の石鎚山がくっきりと見える。
西日本最高峰を従えて水の都西条市は住みやすいまちである。
D7N_9140.jpg

石鎚と桜を同時に納めようとしたがうまく入らない。
公園の桜はまだ部分的に咲いている程度
D7N_9149.jpg

D7N_9153.jpg

河原のしだれ桜が人気を集めている
DSFT9739-2.jpg

D7N_9177.jpg

白いタンポポとしだれ桜
DSFT9750-2.jpg

DSFT9758.jpg

人が増えてきたので加茂川沿いを上流に散策していると
登山口があった。さらに行くと鳥居。
DSFT9786.jpg

標高197メートルの八堂山という。
どのぐらい距離があるかわからないが
登ってみよう。
DSFT9787.jpg

DSFT9792.jpg

高度を上げるにつれて加茂川の下流がパノラマとなって横たわる。
D7N_9244.jpg

スミレが群生している。花の群生は今年初めてかも。
DSFT9789.jpg

山頂には集落跡がある。弥生時代後期の高地集落のようだ。
DSFT9815.jpg

落葉しない照葉樹の葉に生命を感じて立ち止まる
D7N_9268.jpg

下りも行きと同じ道だが、視線が違えば別の風景に見えるかも
D7N_9250.jpg

登山道では数え切れない人々とすれちがう。
多くは高齢の方。
こちらからあいさつがてら、会話を切りだして話をうかがう。
加茂川を臨みつつ下っていく二人の男性。
人生の過ごし方として充実を感じているのでは?
D7N_9256.jpg

D7N_9277-1.jpg

再び河原へ降りてくると人がしだれ桜に集まっている
DSFT9755-2.jpg

DSFT9823-1.jpg

DSCF2453-1.jpg

アウトドアを楽しむ人のたたずまい
D7N_9338-1.jpg

麗しい女子が水面に映る自分たちを眺めているよう。
D7N_9304-2.jpg

D7N_9312-2.jpg

加茂川に映える菜の花
D7N_9349-1.jpg

DSFT9830-1.jpg

桜が見せる光と翳り 春のうららの加茂川
D7N_9178-3.jpg

久しぶりに西条そば甲(きのえ)でざるそばをいただいた
DSCF2493-1.jpg



タグ:そば 西条 2018
posted by 平井 吉信 at 21:32| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: