2018年02月17日

高知県 観光コンテンツのつくりこみがえいけん


JRで高知駅に着いたところで北口で高知県庁のIさんに拾っていただいて
県西部の自治体へと向かうある日。

すれちがう電車が謝っている。
「ごめん」
いえいえ、これは行き先「後免」を表す。
DSCF2883-1.jpg

オムライスで有名な日高村のラッピングが施されている。
目立たないところに文字が書いてある。
「オムライスをフーフーする顔は、キス顔に似ているらしい」
「気になるあの娘と、日高村」と書いてある。
ところが上のほうに小さく
「こんなに宣伝しゆうけんど、この電車、日高村、いかんきね」
おもしろい。
(ぼくもあの娘と行きたいな)

自治体の職員の方もおもしろい。
というか、熱心。
Iさんもそう。
そこまでやるんかいな、と感心するきに。
(変な高知弁、ごめん)

「芋けんぴは、越智と窪川と日高ではどれがおいしいですか?」
「○○」
(そうですね、ぼくも同じ答えです)
「日高村のオムライスは?」
「○○」
(なるほど、予想していました)
と話が車中で弾むうちにだいぶ西に進んできて昼に。
「食事はどこでしますか?」
Iさんと意見が一致して、あぐり窪川で。
(いつも笑顔でてきぱきとした女性のスタッフがいるのだ)

県職員のIさんは四万十ポークの丼で
ぼくは四万十ポークのトンカツで。
DSCF2886-1.jpg

食事のあと、町役場でIさんの同僚の県職員の方々と合流。
立派な四万十ヒノキの柱が印象的な真新しい庁舎。
これから町幹部の方々に説明と意見交換を行うところ。
(きょうは助っ人ということで呼ばれている)


.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★


仕事も終わって高知駅で数少ない徳島連絡の「南風」待ち。
とさてらすに寄ってみよう。

高知県のそれぞれの市町村の名物が人形で表現されている。
DSCF2910-1.jpg

22世紀になっても龍馬で引っ張るやろね
DSCF2900-1.jpg

室戸はこころのふるさとのようなところ
(ぼくにとっては奈良県の明日香村と室戸かな)
DSCF2903-1.jpg

そろそろ、ジョンマン(ジョン万次郎)を大河で取り上げてもえいのとちがう?
土佐清水のみなさま、ジョンマンをざまにえいと思うちょりますけん。
いっちきちもんちきち。
じゃっと、きょうびは西郷どんやけんおんなじ時代はちいとむずかしいぜよ。
(高知の人は使わんけど全国の人はこれが高知弁とおもうちゅう言葉。中村も宿毛もはいっちょりますけん)
DSCF2896.jpg

観光パンフレットも見慣れんのんをもろてきちゅうがよ
(変な高知弁、ごめんなはり)
DSCF1895-1.jpg

そんななかで目がとまったのは
いの町公式観光ガイドブック「ふわふわ」。
DSCF1901.jpg

表紙は人力飛行船に乗る男の子と女の子が
仁淀川下流の国道と鉄橋の上を飛びゆうところ。
これがまたえい。

俯瞰によるパステルタッチのやさしいイラストは手に取ってみたくなる。
(まず、ここでしょ。ガイドブックに何を載せるかではなく、どのように手に取ってもらえるかでしょ。そこから勝負が始まっている)
DSCF1902-1.jpg

Web上ではこちら

しかもこのガイドブック、見る人がみれば作り手の愛情と思いが見えてくる。

写真のトーンをほぼ揃えてある。
しかも観光パンフにありがちなPLフィルターでコントラストを強調、
もしくは彩度を上げたよそゆきの風景写真にしていない。
コントラスト抑えめ、彩度やや抑えめ、露出+1EV程度、
色温度4000〜4800程度で透明感のあるふわっとした絵に統一している。
(Instagramで女性が好みそうな絵づくり)
光沢紙だが純白でなく、やや生成りに近づけている。
当然だがイラストと写真のトーン(世界観)を揃えてあるのだ。

瓶ケ森林道(UFOライン)の紹介はドローンの空撮である。
これもイラストの世界観の延長線上ですっと入ってくる。
この林道は四国の林道でもっとも眺めがいいところを走っている。

驚いたのは「仁淀川さんぽ」の頁で
吉野川源流の「白猪谷」(しらいだに)が掲載されていること。
(白猪谷を紹介している観光パンフレットは見たことない)
siraidani-1.jpg

いかに安居渓谷が仁淀ブルーで売り出そうと
D7K_4563-1.jpg
三嶺南面の上韮生川が原始の森の渓流のたたずまいを持っていても
かつて一世を風靡した面河渓を持ってしても
DSC_2968-3.jpg
(つまりは四国の川の源流をくまなく見てきたぼくの目にも)
白猪谷の深い空色は別天地。
(人に教えたくないほんとうの穴場)
しかも吉野川源流をたどる散策の愉しみ。
川そのものがルビーのような光を宿している。
siraidani-1.jpg
ガイドブックでは「水は宝石のような美しい色彩を放つ」とやや常套句だが
コンテンツをつくる際に一度は足を運んだのではと思わせる。

近いうちにいの町を訪れてこのガイドブックのつくられた背景や
作り手のことを尋ねてみようと思う。

仕事ではまた数日以内に高知県西部の別の自治体へ行くけれど
あたたかくなれば、仕事でなく高知県西部をまわってみよう。
このエリアには、県外の人も県内の人も知らない穴場がたくさんあるのだ。
タグ:高知
posted by 平井 吉信 at 23:31| Comment(0) | まちめぐり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: