2018年02月12日

雪が溶ければ水辺に行きたくなる 北の脇に空が映る(部分的ウユニ塩湖出現)


朝、起きてみると意外にも積雪。
徳島の平野部でも今年ぐらい雪が積もることは少ない。

そして積雪が10センチでもあれば
徳島では通勤に6時間かかった、などの噂話が飛び交う。
(ぼくは通勤をしないので真偽のほどはわからないが、普段より時間がかかるのは間違いない)
それを聴いて新潟出身の人が苦笑する。
この程度の雪で何でそんなにじたばたするのって。

それが南国なんですよ、新潟の方。
スキーを愉しむ人もぼくのまわりにはいない。
一度だけ信州野沢温泉へ3泊4日のスキーに出かけたことがある。
あのときは急行「しなの」だったか「ちくま」だったかの大阪発の夜行列車で
朝の5時ぐらいに松本に着いた記憶がある。
スキーは楽しんだかって?
いや特には。歩くよりは早く滑ったような気がするけど覚えてないな。
(考えてみれば生涯に一度だけかも。今後もしない、多分)

朝起きて宿のまわりが一面の雪景色だったことのほうが感動的。
とにかく南国の人間は雪が苦手。

ところがきょうの雪は午前中に溶けてしまった。
雪にとざされていた南国人間はさっそく水辺に行きたくなる。
冬の間は山も山野草も休眠で行くところがないから。

近所の勝浦川を見に行った。
これはこれでよかった。
水辺は冬が極まって春に転じる気配がした。
DSCF1865-1.jpg

次に北の脇に行った。
高校時代、学校の帰りに泳いだもの。
風がなくおだやかな海は寒くはなかった。
DSCF1884-1.jpg

波打ち際をみると空が映っていた。
DSFT8267-1.jpg

DSFT8288-1.jpg

DSFT8312-1.jpg

近づいて自分の目で確かめて肌で感じることが大切。
思い切って決断して実行することが人生を動かしていくのと同じ。

(フジX-T2+XF35mmF1.4 。ほとんどこれだけで写真を撮っているような気がする。標準レンズが好きなんだろう)
posted by 平井 吉信 at 22:52| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: