2018年02月11日

手抜きだけど (ぼくにとって)世界一おいしいカレー


理由は簡単。
自分で描いた味にするから。
食べたいカレーは、もこもこと濁った味ではなく
野菜の甘みと肉汁の適度な豊潤さがあるけれど
食べた瞬間においしいと思えるすっきりとしたカレー。

たっぷりのニンニクをオリーブオイルで炒めて焦げ目が付いた頃
大量の細かく刻んだたまねぎを投入してフライパンで炒める。
(たまねぎの甘みがカレーの基本になるので)
蓋をして蒸し焼きふうに。その間に別のことをできる手抜き。

同時並行で湯を沸かしながら
このところの寒波に対抗するため
身体を温める効果の高い刻み生姜を入れておく。
ニンジンの断片をハリオの電子レンジ調理容器で600W5分程度加熱して下ごしらえ。
そしてわきかけた鍋にニンジンを投入。
(さらに同時並行であらかじめ水に40分ほど浸しておいた米を。研ぐ際には最初に浄水器の水を吸わせていったん水を出して数回かき混ぜる。ぬかの汁を米に吸わせない。米を研ぐのは全工程で30秒という手抜き)

ほどなく炒めた玉ねぎが鍋に合流。
フライパンが空くので、塩を振った肉の表面を中火でさっと焦がす。
あとは鍋に入れて鍋のなかで肉は煮える。

鍋には赤唐辛子を2本入れて味のとんがりをつくる。
それを尖らせすぎないために、メイプルシロップを鍋にたらす。
(隠し味というより素材の強さを調整するという意味で)
阿波尾鶏の胸肉を使うときはバターをほんの少し鍋に入れることもあるけれど
この日の肉は余り物の豚バラの塊と阿波尾鶏のモモ肉の塊で
肉の脂の旨味があるので。

ぐつぐつ煮えてくる直前でトマトを1個半分に切って入れる。
この酸味と旨味は欠かせない。

たぶん酸味と旨味を辛みに加えることで豊潤さが出るのだろう。
そこに脂の旨味は欠かせないが、すっきり感が基調なので。

鍋はテルモスの保温鍋。
ぐつぐつ煮えたら火から降ろして保温する。
この間、約半時間。火を使わず煮える間にほかの用事ができる(手抜き)。

半時間後、再び弱火にかけて
ゴールデンカレーのルーを規定の7割程度入れて
3分かきまぜて火を止めてできあがり。

ルーは煮込まない。味見をしても追加のスパイスは不要と判断。
(これも常識)
ルーを7割程度に抑えるのは
カレーの味を支配しないよう
ルーはあくまで味覚の入口の導入役だけど
あとは素材のおいしさが主役となるよう。
(昔と違っていまのゴールデンカレーはひとつの完成形で何を足しても余分になる。だからルーを控えめに素材の風味を活かしつつ味の加減ができるようにしている。とろみが不足すると感じるときはレンコンパウダーや玄米パウダーを入れる。この作用でまろやかさ、コク、おいしさの持続性が向上する)

こうして1時間弱で(材料の下ごしらえに時間がかかる)
炊飯とご飯とさらに同時並行でつくっていたサラダができる。
(包丁とまな板を複数用意するのは生肉と野菜を分けて調理するため。先にニンニクや玉ねぎを切り、それから肉を切る。別のまな板でサラダをつくる)

料理をするのは気分転換。
(実は時間短縮のために台所を走り回っている。優雅にやっていられない。同時に調理をするとそうなる)
人間は手を動かすとなにかひらめくようになっているから
普段料理をしない人はわくわくしながら料理をしてみるといいかも。

味は?
もちろん掛け値なくおいしい。
小学校の頃から試行錯誤しながらつくってきたので無意識で身体が動く。
いまある材料で、そのときの体調や気候を考えて味を決める。
それに向かって短時間で仕上げる。

カレーは食べ終わるとすぐに冷凍するけれど
翌朝あたためるときは食べる直前にガラムマサラ系を少々加えて香りづけする。

見かけはともかくカレー専門店のカレーは
酸味や旨味が足りないのに味がぼけている。
きっと煮込みすぎているかスパイスを入れすぎているんだろうね。
(風味の引き算が必要なのでは?)
手抜きは料理を愉しむ方便であるとともに
おいしさに近づく手段でもある。
DSFT8129-1.jpg
おかわりのあとに思い出して撮ったので見映えはしないけど
おいしさは食べている本人が心から満足しているので。

posted by 平井 吉信 at 23:51| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: