2018年01月09日

料理はお客様と料理人との心の共演 気取らないみなみ食堂の和食(日和佐)


ここは日和佐の薬王寺門前、
みなみ食堂は、平成29年12月1日に開店したばかりの飲食店。
のれんには漢数字で三七三と縦に書いてある。
もちろん美波町(日和佐地区)のみなみ。
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/11/2017_15120048236585.html
(このところ食べ物の話題が続いているが、ぼくはグルメではない。ただ、食を大切に、それを届ける人のことを伝えたいと思っている)
DSCF0261-1.jpg

昼は、みなみ御膳(1,500円)と週替わりの定食(900円)の2品だけ。
夜は、予約対応で3,000円、4,000円のコース料理のほか、2,000円前後の食事メニューもある。
開店早々に盛況で12時過ぎにランチが売り切れる!という日もあったらしい(地元の目撃情報)。
DSCF1410-1.jpg

開店したのは、東京で和食の経験が豊富な児玉幸司さん、芙優子さんご夫妻。
(昨年末にご結婚されたそう。おめでとうございます)

料理は昆布を中心に出汁をしっかりと取りながら
地元の魚、鶏肉などを素材として用いる和食。
気取った店にしたくないと「食堂」と名付けている。
出される料理は手を抜かないが、
気軽に立ち寄れる場所でありたいとの願いを込めている。
デザートに胡麻のブラマンジェが用意されているのも珍しい。
(みなみ御膳に付いてくる。定食も別途200円で提供)
DSCF0309-1.jpg

ぼくはまだ定食しかいただいたことがないが
ていねいに料理され、美しく盛りつけられている。
お皿にわずかな痕跡すら残さず完食してしまう。

きょうの定食はぶり唐揚げ甘酢あんがメイン。
レモンやピーマンが乗っているのが冒険心。
子ども連れで3世代のお客様が来られたとき、
「ピーマンはだいじょうぶですか?」と声を掛けたそう。
親としては子どもが残したら自分が食べるつもりだっただろう、
「大丈夫です」と答えられたとか。
ところが、子どもは完食してしまった。
「おいしい!」
家ではピーマンを食べたことがなかったという。
これには親が驚いてお礼を言われたとのこと。
DSCF1406-1.jpg

思い起こせば、このような店は海部郡内になかったのだ。
(皿鉢料理、濃い味付けで量は満足できるという店は多いのだろうけど)。
繊細ななかに食材の豊かな海をつくりだす創作料理、
しかもメニューは絞りこんでいる。
(木曜定休だが食材の調達が難しいときは不定休で休むこともある。お電話でご確認くださいとのこと)

飲食店に来られたお客様には3つの表情がある。
来店して注文したあとの待っている顔、
食べているときの顔、
そしてお金を払うときの顔。
それがだんだんとほぐれていくのがわかる。
それが料理の力であり、お迎えする人の気持ち。

お客さま一人ひとりに目配りをしながら笑顔で声かけをするという
気配りやおもいやりが込められている。

飲食店は、神様であるお客様を店がおもてなしをする場ではない。
(ぼくはそう思っている)
料理をされる人が気持ち良く料理できるようお客として気配りをして期待する。
その気持ちを察して料理人が誠心誠意応える。
そこにうんちくも能書きもSNSも要らない。

もし、あなたがそんなお店に行ってみたいと思うのだったらおすすめです。
ただし、注文を聞いてから作り始めるので少々時間はかかります。
この写真の定食も鶏肉をオーブンに入れたのは注文後。
DSCF0306-1.jpg
そして、作りたてが音を立てて運ばれてくる。
料理とは、提供する人といただく人の共演だと思う人は
きっと何かを感じるでしょう。
(もしこれが東京なら行列ができる店になっていたでしょうに、あえて日和佐で開店されたこと。移住コーディネータの小林陽子さん、やりましたね)

おふたりの門出を心から祝福いたします。
DSFT5996.jpg

みなみ食堂
電話:0884-70-1497
所在地:海部郡美波町奥河内字寺前79-1
営業時間:11:30〜14:30(注文締め切り14時)、夜は予約対応
定休日:木曜日

みなみ食堂に限らず、町内の飲食店がともに繁盛して欲しいと願っています。
(ほかのお店様も折に触れて紹介するつもり)
posted by 平井 吉信 at 22:26| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: