2017年12月31日

年の瀬の香川県小旅行その1 仏生山のうどん店(龍雲)


例年なら除夜の鐘を聞きながら仕事をしているのだけれど
昨日で仕事を納めた。
墓参りの後、神棚と仏壇と荒神棚の清掃も終わった。
(このブログでご存知のように元日は祝詞と読経から始める)

年賀状は書かない(書けない)。
時間的にもそうだけれど
多くの方々と顔を合わす関係で
誰に出す、出さないの区別が不可能になっている。
正月だけ思い出したように年賀状を交わすのは
形式なぞればすべて良しという人間関係の免罪符のようにも見えてしまう。
(お出ししている人を批判しているのではない。人間関係が不器用なのだ)

そこで、それらの人々も含めて
すべての人々、生命(生態系)にとって良きことを
祈るように新年を迎えるようにしている。
(年賀状というかたちはなくても、伝わらなくてもそれでいいと思っている)

大晦日になって外出することにしたのは
数年前からお世話になっている国の機関に属する親しい人が
仏生山の寺のうどんを食べて感想を聞かせて欲しいと言われていたから。
(単に仕事関係を越えて心が通うものを感じるので)

そこで鳴門経由で長尾街道から仏生山へ入り、空港方面へと抜ける。
塩江温泉を通って穴吹から戻るという道筋。
昼近くになって出かけた。

東讃に入って、マルタツの極上のかけうどんを思い浮かべたが
大晦日は休み。
国道11号から長尾街道へと入り、
迷路のような細い路をたどって仏生山公園の対岸にある法然寺へと着いた。

寺の駐車場へ導かれると敷地内にうどん店(龍雲)がある。
13時半をまわっていたが、のれんがかかっていた。
ありがたいと思う。
ここは法然寺ゆかりの社会福祉法人が運営されているようだ。
DSCF1101.jpg

外で順番を待つために名前を書く。
テントのまわりにはストーブが用意されている。
(こういうところから違うのだ)
すぐに名前を呼ばれて店内へと入った。
DSCF1105.jpg

知人もすすめていた坦坦つけうどんを注文。
大を注文してみると量の多さに驚き。
エビの天ぷらも注文したので
食べきるためにひたすら口に運ぶ(満腹中枢が動き出すまえに)。
DSCF1128-1.jpg

最初はそのままつけて食べて
途中から温泉卵を割り入れ
最後はご飯を入れて雑炊ふうに。
DSCF1126-1.jpg

DSCF1142-1.jpg

風味はごまだれの甘辛。
甘さを抑えてもいいかなと思うが、
それよりも感心したのは、お店のスタッフの対応。
靴を揃える、席を回って声をかけるなど
40の客席に気を配っておられた。

お客様は決して神様ではなくあくまで店と客は対等。
むしろ立場の違いを超えて
互いに思いやりを持って接することが大切。
(いただく側と提供する側の共通点は感謝を送りあえること)
客は、店に迷惑な行為は慎むのが自然だし
店は客に価値観を押しつけない。
(店の志と同じ水準の客層が集まる傾向がある)

ここは社会福祉法人が運営されている。
四国では、高知市の土佐茶カフェと双璧。
身障者のスタッフが働いている、という色眼鏡は必要ない。
提供品質そのものがすばらしい。
(世界観を押しつけるマニアックなさぬきうどん店に興味がないので)

お店の繁盛をお祈りします。
タグ:香川
posted by 平井 吉信 at 20:01| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: