2017年12月10日

冬の南阿波サンライン 日だまり物語


コートの隙間から突き刺す風を避けて
南へ出かけたいと思うのが人情。
徳島県民なら、めざせ海部郡ということになる。

徳島市内から1時間程度で日和佐町に着く。
ここではそれぞれ個性的な飲食店があるのでお好きな店へ。
(いずれご紹介するとして)


さて、食後に昼寝がしたくなったのでサンラインへ牟岐側から入る。

第4展望台で日だまりに停めていたら
いつのまにかうとうと。
窓を開けたままで寒くない。
だってここは冬の日だまり、太陽が空から降りてきて戯れている。
目の前は牟岐大島
DSFT6460-1.jpg

こちらは出羽島 人が住んでいるなつかしい島
DSCF0755-1.jpg

日だまりの展望台はただいま空きがございます
DSFT6471-1.jpg

冬の空に思いがけず季節にない色を見つける
DSFT6466.jpg

座席に寝っ転がって窓の外へ足を出して雲を眺める
次々とやって来ては去って行く。飽きることがない
DSFT6467.jpg

居心地の良い第4展望台に次々と訪れる。
長い人は数時間ぼんやりといる。
その気持ち、わかる。


次に第3展望台に移動。
ここは遠く室戸岬を臨む南へと延びる海岸線を楽しむところ。
正面に太陽を見ているとまぶしい、と思っていたら、
太陽が傾いている。
DSCF0757-1.jpg

DSFT6524-1.jpg

明丸海岸と第2展望台を飛ばして外ノ牟井浜へと急ぐ。
釣り人が通う岩場にシオギクが咲いているはずだから。

崖の上から渚を見下ろすシオギクはいまが盛り。
DSFT6573-1.jpg

DSFT6567-1.jpg

そして第1展望台で沈む夕陽を眺める。
ここに居着いた猫。
誰かが餌をやっていることが毛並みからわかる。
DSFT6538-1.jpg

いよいよ、太陽が沈む時刻を迎える。
DSCF0770-1.jpg

DSFT6553-1.jpg

良い一日を味わったら振り返ることなく
もう視点は明日に向かっている。
季節が人の目を未来に向けさせる。
posted by 平井 吉信 at 19:23| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: