2017年12月10日

冬に摘む南国のお茶の世界がほのぼのと。宍喰の寒茶物語


茶は毎日飲むもの。
玉露や薄茶はたまに取って置いて
番茶(徳島では乳酸発酵させたもので全国的な番茶とは違う)や緑茶が日々の茶である。

ところが正月を迎える頃、茶摘みをする地区がある。
徳島県最南端の宍喰町では、
冬の寒さに負けじと厚い葉をわざわざ製茶して
寒茶と名付けている。

寒茶は野良仕事や食卓で飲まれるもので
ぐらぐらと熱湯で湧かして抽出しても苦みやえぐみが出ない。
それどころか、ほのかな甘みや酸味を感じつつ、ごくごく飲む。

ところが昨今では、茶を煎れて飲む人が少なくなってきた。
さらに、煮て飲むとなるとおっくうになる人もいる。
(そのまま熱湯に入れてもおいしいのだが煮出さないと旨味が出にくい)

そこで、湯呑みに湯を注ぐだけですぐに飲めるようにしてみた。
開発されたのは、宍喰にIターンで来られた方。

湯を注ぐだけで誰でも寒茶のもっとも好ましい風味が瞬時に味わえる。
DSFT6063-1.jpg
それどころか通常の寒茶の抽出法では
このまったりとしたスープのような旨味を出すことは難しい。
一見して普通のティーバッグでありながら
寒茶の本質を引き出したところが秀逸。
(通常の寒茶の茶葉からはこの風味は出せないよ)

具体的には茶葉を目に見えないほどの微細な孔を施すことで
旨味を存分に引き出すことに成功した。
しかも煮出すことがないため、風味が濁らず舌触りがなめらか。
(こくがあるのにすっきりしているのはホンモノの食品の共通点)
DSFT6075-1.jpg

もちろん、カフェインやタンニンがほとんど含まれないので
寝る前に飲んだり体調の思わしくない人にも安心して奨められる。
日本で唯一無二のこのお茶「寒茶物語」は
道の駅宍喰温泉の直売所「すぎのこ市」で手に入る。
このブログでも紹介しているように
徳島県南部には見どころがありすぎるので(だから目的地にたどり着けなくて困る)
ドライブがてら出かけてみては?

すぎのこ市場
徳島県海部郡海陽町久保字板取219-6
道の駅「宍喰温泉」内  080-6388-1831
DSCF4233-1.jpg

→ 四国の秘境、寒茶の里の女たち(日経BP記事)

→ かけがえのないこと 宍喰の寒茶のある暮らし そして甘みと旨味が溶け込んだ「寒茶物語」

追記
ほんものとは、決して自ら語らないし誇示しないけれど
それを見つけて共感するだけでも
生きていく力や優しさになるのでは?

posted by 平井 吉信 at 12:15| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: