2017年10月15日

雲が早く流れて明るい森に 雲早山


地図を見るのが好きな少年だった頃、
勝浦川の源流域のことが気になってしかたなかった。
小学生が家の自転車を漕いで握り飯をつくってもらって
行けるところといえば、せいぜい中流の横瀬辺りまで。
そこで父の車に同乗する必要がある。
当時は、勝浦町と上勝町の境にある坂本の集落にはバイパスはできておらず
支流の坂本川沿いの細い道を高度経済成長期のパブリカで揺られていく。
まずは支流の旭川の源流へ連れて行ってもらった。
アメゴ釣りのついでだった。
(ここで尺のアメゴを釣り上げた小学生だった)

いまの役場がある場所で本流と分かれた旭川は
田野々の集落を過ぎてだんだん川も小さくなっていく。
八重地を過ぎる頃、川がひとまたぎできそうになる。
これは衝撃的だった。
夏休みには毎日のように下流で泳いでいたあの勝浦川だと。
(遊泳禁止区域だが気にしない。ぼくの唯一の補導歴は川で泳いでいて婦警さんと遭遇したこと)。

地図を見ていると、本流の殿川内渓谷の源流部に雲早山という山がある。
くもそうやまってどんな山だろうと気になっていた。
源流については、地権者の了解をいただいて、
探検隊をつくって源流と思われる谷をいくつか遡行して源流点を同定したことがある。
(2万5千分の1の地形図を持っていても谷の同定はむずかしいのだ。GPSのない時代である)

雲早山を最初に訪れたのは20代の最初。
なにしろぼくの山デビューは剣山などではなく
高知大のワンゲル部の悪友に騙されて三嶺(さんれい)の
フスベヨリ谷やさおりが原、白髪山を経由して
西熊、天狗塚とめぐる四国のゴールデンルート。
当時の沢沿いのこのルートは
後に訪れた屋久島の森よりも深いと思えたほどであった。
(そのとき触発されて詩を書いた)

三嶺を経験すると県内の名峰を次々と行きたくなる。
高丸山の次は雲早山である。
スーパー林道をことこと揺れながら登山口へ着く。
そして沢沿いの庭園風景に浸りながらの登山はこれまた衝撃的だった。

縄文に触発されて三内丸山遺跡を見たさに
青森を訪れて足を伸ばした奥入瀬渓流を見たときでも
ああ、雲早山の登山道の平地版のようだなとしか思わなかった。
(好奇心の趣くままに旅をすることが生きる目的と思える)

それから数回通った後、見慣れてしまうとしばらく行かなくなった。
近年ではスーパー林道の上勝側が荒れてしまったこともあって
行きたくても行けなくなっていた。

ところがスーパー林道が開通したことを確認して
土須峠から行くことにした。


登山口周辺に車を停めて登山開始。
DSCF9967.jpg

ハガクレツリフネが迎えてくれる
DSFT5043-1.jpg

鳥居をくぐって山域に入っていく
DSFT5040-1.jpg

沢沿いにしばし立ち止まり谷を下る水を見送る
DSCF0493-1.jpg

DSFT5052-1.jpg

DSCF9986-1.jpg

DSCF0056.jpg

DSFT5056-1.jpg

休憩場所がある木陰の広場へと出る
DSFT5092.jpg

きょうは山野草は見えないと思っていた。
鹿の害に加えてもともと葉なの少ない季節。
ところが、トリカブトだけが群生。
DSFT5071-1.jpg

DSFT5078-1.jpg

DSFT50643.jpg

DSCF0513-1.jpg

鹿も食べない、人が持ち帰らないトリカブトは最後まで残る。
DSFT5179-1.jpg

よく見ると、白いトリカブト、紫の濃いトリカブトなど
個性がさまざま
DSFT5123-1.jpg

林床を這う足の長いクモは森の人気者
DSFT5167-1.jpg

明るい森を見ながら高度を上げていく。
尾根に出るまでの登りで雲早山は足を鍛えてくれる。
DSFT5081-1.jpg

倒木の苔に光が射すとミクロコスモス
DSFT5138-1.jpg

朴葉焼きの葉(ホオノキ)かと思ったが、トチノキのようだ。
DSFT5149-1.jpg

DSFT5154-1.jpg

森歩きは快適に高度を上げていくけれど…
なぜか違和感。この違和感は?
DSCF0009-1.jpg

ススタケがない!
DSCF0014-1.jpg

DSCF0024-1.jpg

DSFT5199-1.jpg

かつて来たときは谷を遡行しながら左手の尾根に取り付こうとして
背丈ほどのススタケをかき分けて行った記憶。
いまはどこを通っても尾根に行ける。
鹿害―。

地球の温暖化が原因だろうか。
冬を越せなかった個体がいまではやり過ごせるようになった。
加えて猟師も減っている。
かくして林床の草木は食べ尽くされ、明るい森が出現する。
人の目には美しい森に見えて生態系の崩れた姿。

森のキノコは愛らしい
DSFT5223-1.jpg

高丸山への分岐を経て尾根筋に出た。
かつてこの縦走路は難コースだったらしい。
いまでも尾根をトラバースする箇所がある。
DSCF0034-1.jpg

高丸山方面が見えているが、早い雲が次々とはるかな頂を覆う
DSFT5211-1.jpg

ススタケに覆われた山頂への尾根道もいまでは…。

DSCF0527-1.jpg

久しぶりの雲早山、雲の早さのごとく変わってしまった。
ただ、トリカブトの群生が残された。


posted by 平井 吉信 at 21:14| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: