2017年09月30日

秋の牧野公園 ゲンノショウコの絵巻に溶け込む


高知県西部での仕事を終えて
充実感を持って帰路に就いている。
須崎西で降りて佐川町へ抜けると牧野公園。
秋の山野草に会いに来た。

真冬を除いて一年でもっとも花が少ない時期かもしれない。
入園者とすれ違うこともほとんどない。
でも、もしかして牧野博士が命名した
ジョウロウホトトギスが咲いているのではとの淡い期待もあって。

手抜き編集でカメラごとに写真を並べてみる。
まずはニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VRで。

彼岸花には紅白がある
D7N_7798_01.jpg

D7N_7811.jpg

D7N_7814.jpg

D7N_7908-1.jpg

初めて見たスズムシバナ
D7N_7819.jpg

佐川駅に向けて走る普通列車
D7N_7824.jpg

白く透けるようなキノコ
D7N_7830.jpg

三原村の立派な群生には及ばないけれど
牧野博士ゆかりのヒメノボタン。
(今回は三原へ行かなかったので)
D7N_7841-1.jpg

白のゲンノショウコ
D7N_7852.jpg

ツユクサの青を引き立てる
D7N_7860-1.jpg

博士が妻の名を付けたスエコザサ
D7N_7875.jpg

指数関数の公式のよう
D7N_7876.jpg

神山町の特産の山野草、ヒオウギ
D7N_7887_01.jpg

ゲンノショウコ(赤)の群生と溶け合う色のやわらかさ
D7N_7886-1.jpg

D7N_7895-1.jpg

D7N_7897-1.jpg

D7N_7877-1.jpg

タニジャコウソウ
D7N_7910.jpg

ここからフジX-T2+XF35mmF1.4 R
花の存在をやわらかく空間に置いてみたいとこのレンズだけ
DSFT4532-1.jpg

DSFT4529-1.jpg

DSFT4562-1.jpg

DSFT4565-1.jpg

DSFT4568-1.jpg

山野草を見て癒される、というのは
愛らしい外観を愛でているだけではなく
生命体の細胞レベルが響き合うような気がする。
シャッターを押したのはぼくではなく…。
DSFT4569-1.jpg

DSFT4578-1.jpg

DSFT4581-1.jpg

DSFT4588-1.jpg

DSFT4591-1.jpg

DSFT4597-1.jpg

DSFT4601-1.jpg

牧野公園は多くの市民ボランティアで支えられている。
「どちらからおいでましたか?」
「徳島からです」
おじいさんに山野草のお話しを伺いながら、見どころの説明を受ける。
DSFT4606-1.jpg

DSFT4613-1.jpg

DSFT4622-1.jpg

DSFT4628-1.jpg

DSFT4637-1.jpg

DSFT4643-1.jpg

牧野公園の話題ではないが
この日は仁淀川本流は濁っていた。
帰り道に193号を通過したが
支流の上八川川がこのありさま。
DSFT4650-1.jpg

それに対して吉野川大歩危は澄んでいた。
10月3日からは世界ラフティング大会が開催される。
DSFT4651-1.jpg

ここからはX-E2+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
ジョウロウホトトギスに期待したのだが、開花はまだ。
DSCF9702.jpg

牧野公園でもっとも高い場所は物見岩と呼ばれる場所。
佐川城の見張りが置かれた場所だったのだろうか。
DSCF9710-1.jpg

DSCF9713.jpg

DSCF9721-1.jpg

政治、政治家、官僚は要らない。
政党政治は終わっているのに、まだやるのか―。

けれどこの国が好きなのでほかに行くところがない。
どこにもぶつけようがない感情にさいなまれる。
未来への危機感。

中央集権から脱却して自治する地域の連合国家となれなければ
半世紀後にこの国はないように思う。

政治を私物化しているのはどこをみても同じだ。
少しお金を借りたかもらったかで辞めさせられた知事と
今日の日中関係の低迷をつくった張本人の知事とどちらが罪が重いか。
個人の主義主張を公に持ちこんで私物化した結果、
日中双方とも物心両面で計り知れない損失を被った。
それなのに彼をさばく方法すらないとは。

党の名前は異なっていても、戦前の軍国主義を仰ぐ連中ばかり。
根っこがつながっているので
新党であれ従来政党であれ、どの政党を選んでも意味がない。

科学技術立国として源流(研究開発)に投資を行うことが長期的な国家戦略だろう。
内需を拡大させる経済戦略が求められるが、
現政権の経済政策はその真逆を行っている。
さりとて野党も明確な論点を設定できていない。
自分が思うようにならないから苛立つのではなく
未来の世代の幸福がかかっているのだから。
もっと政治のことに関心を持たなければこの国の未来は闇となる。

そんな時代だから
無名の人々の献身的な世話で咲かせた山野草は
冷静沈着でいなさい、愛を持ってできることをやりなさい、と諭す。


posted by 平井 吉信 at 22:39| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: