2017年07月15日

来る日も来る日もまわり続けた洗濯機の二十年の歳月

昨日、洗濯機の内側の洗濯槽が破損した。
5年前に破損したときは(そのときで15年目だったので取り寄せ部品がない)
部品を接着剤で貼り付けて補修。
万力が使えない場所で手を放すと剥がれてしまうため
力を込めて1時間以上押さえ続けた。
DSCF8939.jpg
洗濯機は、松下電器のNA-F42H1という4.2kgの全自動。
1997年に購入したもので20年目だった。
(ブラウン管テレビは現役で2台ある。15インチと19インチ。この時代の家電は使えば使うほど良さがわかる。まずは道具として愚直に磨き上げようとした。機能が求められる時代にそれは良かった)
DSCF8937-1.jpg

DSCF8946.jpg
20年間毎日動いてくれたことに感謝して
リサイクルとして家を離れるときは酒を振る舞ってねぎらうつもり。

さて、新しい洗濯機を手配するため近所の電気店を訪れると
日立の名札を付けた販促担当の人がいたので
防水パンや水道栓の位置など細かくメモをしたものを見せて
使える機種のなかからおすすめいただいたものにした。
家電はインターネットの口コミはあてにならないので専門店で相談する。

かつて二層式が全盛期の頃に横長の防水パンが設置され
今日の洗濯機(縦型もドラム式も)もそれに合わせているとのこと。
webでサイズをみたら、うちに入る大きさがなかったので
1人用を買うしかないのかをあきらめかけていたが
寸法を読むときの業界知識でわが家にも普通の洗濯機がおけることが判明。
防水パンのサイズは気にしなくて良いのだ。
また、防水パンとは水を流す漕ではなく水が漏れたときの防波堤なので
経年変化は気にしなくて構わないと教えていただいた。
新しい機種同士での価格差(2〜3万円)はインバーターありなしによるもので
節電効果で数年で元が取れるらしい。
圧倒的に静かとも。
また、細かな制御が可能となり繊細な洗い方ができる。
節水もできると聞いたが、うちは地下水使用。
それでも水資源を節約できる。
このようにインバータには利点が多い。

お話しを聞いて実物に触れたうえで
製品にも納得できたので即決。
(中国メーカーとはつくりが違うことが触れてみるとわかる)
今後20年任せる洗濯機は、日立のBW-V70Bという機種に決定。

価格は言い値(といっても値札より下げてもらった)。
その情報(とともに地元の経済循環に)にお金を払うのだ。


(前のブログにも書いたが)
スマートフォンも携帯電話も持たず(PHSは持っている)、
テレビはいまだにブラウン管。
車は20万kmは乗るようにしている。
(生まれて始めて買ったワーゲンゴルフは車体に穴が空くまで乗った)
ジーンズもTシャツもスニーカーすら持たず、
生まれて一度もタバコを吸ったこともなく
パチンコや公営ギャンブルに行ったこともなく
エアコンも取り外したけど
(どうでもいいことを捨てていくと、やりたいことに集中できる。課題ができれば謎解きのように解決する過程を愉しめるようになる)

簡素な暮らしをめざしているのではなく、
やりたいことに集中できるよう環境を調えていく感覚。
ただ生きているいまを
胸の疼くように噛みしめている。
幸福がひたひたと静かに押し寄せてくる感じ。

求めない、求めても得られない、ゆえに頓着しない、
けれど大切にしていることはある。
いまがどんな状況であれ、幸福と言える。
人の暮らしってそれでよいのではないかと。


九州北部豪雨災害の被害に遭われた方々の
心身おだやかにお過ごしになられる日が訪れることを
お祈りいたします。

こちらから思いをかたちにしてみました。
https://docs-donation.yahoo.co.jp/report/kyushu_heavyrain2017/


さて、新しい洗濯機が出張中に届いていた。
DSFT2325.jpg

さっそく出張帰りの洗濯物を始める。
最初の数十秒は洗濯機が自動で制御に必要な情報を集めているようだ。
それからボタンひとつで動き出す。
静かだ。
うちは夜中に洗濯しても誰にも苦情は来ないはずだが、
静かなことは大歓迎。
DSFT2329.jpg

DSFT2333.jpg
洗い上がりを見てさらに驚いた。
カッターシャツにしわがない。
からまないのと、ふわりと仕上がる。
そのまま干して乾いたらアイロン不要だった。

それぞれ専門分野に職人的な研究者がいたサンヨーを失ったのは
日本にとって不幸であったが、
日立は地道にコツコツと研究開発を行っているようだ。
7kg用とのことだが、
底に手が届きやすいし、内部容量は大きい設計のようだ。
小さなサイズで最新の技術が盛りこまれているのが7kgクラス。
ただし同じメーカーの7kgでも価格差がある場合は
インバータ装備の有無での性能差が大きいのでご注意)
つくりこみも中国製と比べてもしっかりしている。
洗濯機はドラム式ではなく完成度の高い縦式がいいということを実感。

革新的な家電はともかくブラッシュアップ(改善)型の家電では
日立のようなメーカーに一日の長がある。
家電で感動するなんて、とも思ったが、
その積み重ねが大きいということだろう。

日立 7.0kg 全自動洗濯機 ビートウォッシュ BW-V70B

posted by 平井 吉信 at 11:54| Comment(0) | 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: