2017年06月25日

6月の黒沢湿原を歩く 振り返ればここまで歩いてきたみち


今年は湿原によく来ているような気がする。
居心地がいいからで、来ると半日は周辺の野山の散策も含めて逍遥する。

今回は湿原の生き物を特に見てみよう。
DSFT1812-1.jpg
板の舗道があるから生態系への影響が少ない。
(もちろん湿原のそれ以外の場所には踏みこまない) 
だから安心して来られる。

一過性のイベントや三権分立を脅かす法令の制定よりも
人類全体の財産といえる生態系の保全に注力することが大切。
我が身のことだけではないのが人間の責務、
今日のことだけではないのが人間の未来。

(ここからニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VRのみ)
湿原の樹木はオブジェ
D7N_6311.jpg

ほら、森の魂のようなカエルがいる。
D7N_6283.jpg

チョウを三態
D7N_6299-1.jpg

D7N_6340.jpg

D7N_6350.jpg

湿地の水辺ではトンボが飛び交う
D7N_6362.jpg

D7N_6365.jpg

D7N_6369.jpg

D7N_6385.jpg

D7N_6401.jpg

穢れなき、という形容は抹香色だけど、極楽浄土を感じてしまう
D7N_6413.jpg

D7N_6419-1.jpg

D7N_6422-1.jpg

D7N_6407.jpg

森の細部こそ美しい
D7N_6439.jpg

D7N_6469.jpg

このイチゴ、栽培されている品種と遜色なくみずみずしく濃厚
D7N_6478-1-1.jpg

それにしてもニコンD7200は自然生態系を記録しておきたくなるね。
(ここまでD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR)
(ここからフジX-E2、X-T2、X20の三兄弟)

湿原の足元で舞うニッポニアニッポン
DSFT1821-1.jpg

どんな花を咲かせるのか。ここはトンボの楽園だからもしかして?
DSFT1877-1.jpg

小さいけれど花のかたちに個性がある
DSFT1882-1.jpg

コガネムシとひとことで片づけないで
DSFT1885-1.jpg

水を溜めた湿原は
DSFT1900.jpg

やがて小川となって流れだし滝となって松尾川温泉へと下る
DSFT1908-1.jpg

虎のしっぽのような
DSFT2004-1.jpg

食虫植物。ハエなどが止まると動けなくなる
DSFT1968a.jpg

小さなカメラ(X20)では被写界深度が深いから接近して撮りやすい
カメラに詳しくなくてもいつもこんな調子で手持ちですいすいと相方は撮る。
DSCF8272-1.jpg

DSCF8313-2.jpg

湿原を歩いてきた路、
振り返ればここまで歩いてきた時間(みち)。
DSFT2040a.jpg
タグ:2017 黒沢湿原
posted by 平井 吉信 at 15:48| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: