2017年06月10日

モネの庭その後 カレーの後は野生のバラで


こちらからの続き)
歩き回っているうちに14時を廻ってしまい
もう行くところは室戸市内の紅茶とカレーの店。
DSFT1476-1.jpg

DSFT1485.jpg

DSFT1489.jpg

スパイスの香りが生きている、
トマトの旨味、野菜の旨味が絞りこまれて
舌も心も幸福感。
シットロトさん、いつもありがとうございます。

カフェの窓越しに夏の海が記憶を越えてやってくる
DSFT1477-1.jpg


6月の上旬だからツクシイバラも見ていこう。
昼間は庭を駆け巡り、
スパイスが身体をかけめぐり
夕方の斜めの光に照らされた野生のバラを探して歩く。
D7N_6144-1.jpg

D7N_6138-1.jpg

D7N_6116-1.jpg

D7N_6078-2.jpg

ここまでがニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
ここからがフジX-T2+XF35mmF1.4 R
DSFT1540-1.jpg

DSFT1559-1.jpg

DSFT1596-1.jpg

植物は自らの姿を見ることはできないけれど
単に虫を寄せるために色と造形、すなわち花を付けているだけとは思えない。
それは誰かに見て欲しいから。
誰かを喜ばせたいから。
地球上の生命が共通に持っているDNA(平井吉信説?)。

不人気ブログでアクセスは限られているけれど
見ている人が一人いれば続けていける。
一日の余韻を届けるだけ。
少しずつ波紋を広げるように。


さらにおまけ。
フジのX20で撮影していた相方が
「今回は光を読むことに集中した」という作品?を。
(確かにそのねらいがわかるカットはあるけれど。ぼくより長く花に向かい合っていたから)

DSCF8098.jpg

DSCF8109.jpg

DSCF8118.jpg

DSCF8143.jpg

DSCF8158.jpg

DSCF8165.jpg

DSCF8166.jpg

DSCF8181.jpg

DSCF8186.jpg

DSCF8189.jpg

DSCF8193.jpg

DSCF8199.jpg

DSCF8205.jpg










posted by 平井 吉信 at 22:03| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: