2017年05月09日

天岩戸の再現 岩と森と沢に囲まれた天岩戸立岩神社(神山町)


これまで徳島の隅々まで行っているつもりがまだまだ行けていない、ということ。
神山へ入ると、立岩神社の看板があることには気付いていた。
けれど、行く機会がなかった。

国道438号線から看板に従って7kmほどの山道。
山道に慣れていない人は心細い道中となる。
分岐には立岩神社の小さな表示があるので見落とさないように進むと
左カーブの分岐が神社への入口(車は入れない)。
車は付近の道幅が広がった場所を見定めて迷惑にならないよう停める。

いまはシャガが真っ盛り
DSCF0035-1.jpg

鳥居と看板がはるばる尋ねてきた旅人を迎えてくれる
DSCF0230.jpg

DSCF0062-1.jpg

DSCF0077.jpg

歩道は谷沿いの地形をトラバースしているが、
ところによっては根元近くまでえぐれて浮いている。
山側端をそっと通る。
DSCF0095.jpg

DSCF0102-1.jpg

神社に辿り着くと、原生林と巨岩に立ちすくむ社。
DSCF0111-1.jpg

巨木の朽ちかけた姿にすら存在を感じる
DSCF0129.jpg

謂われはこちら
文章よりも写真から感じられるものがあるので説明なしで。
DSCF0117-1.jpg

DSCF0115.jpg

DSCF0125.jpg 

DSCF0127.jpg

DSCF0160-1.jpg

DSCF0145-1.jpg

DSCF0137-1.jpg

付近には不動明王が鎮座している。
少し離れたところにも祠があった。DSCF0123-1.jpg

DSCF0177.jpg

この神社は森と一体となったたたずまい。
原始神道の雰囲気を醸し出す。
でも、それは人を寄せ付けないおごそかさではなく
アメノウズメがかつて踊った裸踊りのような
おおらかな自然と人間賛歌を感じる。

(フジX-T2+XF35mmF1.4 R、XF14mmF2.8 R。フジX-E2+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS)
タグ:神社 神山 2017
posted by 平井 吉信 at 21:59| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: