2017年05月03日

連休こそ日和佐川 人がいない 水は流れて雲は行く


国道から右折して日和佐川の左岸道路へと入る。
鳥獣害対策の施された田園を通り過ぎれば
五月の風が窓から新緑を運んでくる。
やがて道路が川に並ぶところで車を停めた。
そこから川へと降りる石段がある。
DSCF7267-1.jpg

初夏の光は緑と水を万華鏡に仕立てるD7N_5327_01.jpg

D7N_5348-2.jpg

さらに遡ると屈曲点がある。
水が当たる左岸は淀みとなっている。対岸は砂が堆積する小さな河原が展開する。
地理で習ったとおりの地形である。
河原を歩けば何かを感じるだろう。
DSCF7314-2.jpg

日和佐川の名所くじら岩。
初夏ともなれば水遊びの地元の子どもの定位置となる。
対岸には小さな滝が流れ込む。
DSCF7325-1.jpg

豊かな河畔林は静かな空間を演出する。
DSCF7332-1.jpg

水辺に近寄ってみよう。
DSCF7348-1.jpg

DSCF7355-1.jpg

DSCF7349-1.jpg

オイカワの群れ 浅瀬で遊ぶ
D7N_5363-2.jpg

D7N_5374-1.jpg

水の行方を追うと空が高い
DSCF7341-1.jpg

萌え色の若芽と水面が静かな連休を暗示している。D7N_5393-1.jpg

5月の声聴く日和佐川、河童とテナガエビの季節が近づいている。






タグ:2017 日和佐川
posted by 平井 吉信 at 14:29| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: