2017年04月23日

田のあぜから空に突き抜ける 在所の小さな桜 佐那河内村


つれづれに桜めぐりの4月上旬の最後に見たものは
佐那河内村の嵯峨地区の桜。
特に桜の名所や著名な桜というわけではなく
春の新緑を愛でる道中で目に止まったもの。
DSCF6613s2.jpg

それは大きくはないけれど
田んぼのあぜに植えられて
足元に春の山野草を従え
天に向かって広げた枝が地平線に達するかのごとく
心象的無限大の構図。
けれど、集落の春夏秋冬を見つめていた桜。
DSCF6650-1.jpg

DSCF6645-1.jpg

D7N_4725.jpg

DSCF6656-1.jpg

D7N_4710_01.jpg

DSCF6672-2.jpg

DSCF6674-1.jpg

DSCF6692-1-1.jpg


ぼくは息をするのも忘れて
桜のふもとの草むらに寝っ転がって
太陽を見上げるように
空を見上げるだけ。

今年の桜はこれでおしまい。
人は花を見て歓び
花も人に見られてうれしい。
けれど、誰も見ていない場所で咲いている桜にひかれる。

桜を見るとは
一年の限られた時季に居合わせた
何気ない日常に幸福を感じること。
桜を見るとは、
日常のなかの非日常にわくわくし
非日常のなかの日常に感謝すること。




posted by 平井 吉信 at 11:20| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: