2017年04月09日

佐川町の牧野公園 桜は雨に打たれ 人はただそれを呆然とみる 


気温が低い日が続いたので開花が遅れているという。
ある人は、それは逆で気温が高いままだったので開花のシグナルを桜が受け損なっているという。
(この説だと温暖化が進展すると西日本から桜が咲かなくなることになる)
どちらも正しいように思える。

さらに追い打ちをかけたのがこのところの天候。
佐川町の旧浜口家住宅に立ち寄る。
DSCF5464.jpg

DSCF5515.jpg

DSCF5465.jpg

靴を濡らしながら向かった牧野公園では桜は冷たい雨に打たれている。
D7N_4151.jpg

DSCF5498-1.jpg

DSCF5487-1.jpg

蕭然とたたずんでいるようにも見える。
けなげに花を持ち上げようとしているようにも見える。
桜は1年を経て開花しようとして雨に打たれているのだ。
D7N_4102-1.jpg

D7N_4108-1.jpg

D7N_4141.jpg
雨に打たれる桜になりたい―。
posted by 平井 吉信 at 23:24| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: