2017年03月25日

桜さくら 行き過ぎがたき春の路 いかにか桜餅求めん


勝浦町の和菓子店で桜の精にたぶらかされて
菓子を求め損ねたという物語が数日前のこと。
それが潜在意識にあったのだろう。
通り過ぎようとすれば、散りゆく花びら手水鉢。
DSCF6564-2.jpg

見上げれば桜の枝、それから桜もちの張り紙。
DSCF6559-1.jpg

するりと入れば、本日のおすすめ、とのこと。
DSCF6556-1.jpg

桜ぷりん、も気になるが、
かくしてここに桜餅、煎茶をいそいそと。
DSCF6652.jpg
(福屋 盛寿の郷)

彼女はすましてこちらを見つめている。
なんで食べられようか。
文学よりも桜餅―。
(フジ X20)
タグ:菓子 2017
posted by 平井 吉信 at 21:21| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: