2017年03月19日

春のおだやかな岬は瑠璃色と強い氣に満ちている 空と海が出会う室戸岬


正月、節分、桃の節句、端午の節句、梅雨、盆、秋祭りなどと
人は社会生活で季節ごとに繰り返す営みがある。
それは人の年齢の数だけ経験するもの。
それは巡礼のようなもの。

ぼく自身は「空と海」を名乗りながら四国巡礼には関心がない。
生きることのかたちにとらわれないので
巡礼というかたちにもとらわれない。
(巡礼をする動機を否定しているのではない)
八十八箇所を巡らずとも
生きることそのものが巡礼ではないかと。

年度末が近づいて
同時並行で走らせていた多数のプロジェクトがそれなりの成果を出して
なんとか終わることができそうな目処。
いのちの洗濯、魂の休息などというと陳腐だけれど
空と海の出会う場所、室戸岬へ。
DSCF4353-1.jpg

DSCF4354-1.jpg

岬に着いたら天気は薄曇り。
もし陽光が立ちこめていたら
誰もいないところでは叫んでいただろう。

青年大師像の表情は険しい。
仏門に入る葛藤を興福寺の阿修羅のように表現したものか。
D7N_3601.jpg

運が良ければ幸福を呼ぶ白いタンポポが見つかるかも(確率は1/496程度)
D7N_3602.jpg

運が良ければ(悪ければ)波をかぶる遊歩道。
DSCF4253.jpg

DSCF4256.jpg

DSCF4257.jpg

D7N_3608-1.jpg
実際に波をかぶりそうなご夫婦の写真を撮って差し上げた。
(渡されたのがスマートフォンではなくデジカメで安心した。だってスマートフォンはシャッターを押そうと構えるとシャッターが消えてしまうことが多い。いったいどんな魔法を使ったのだろう)

砂浜にオブジェのように転がるもの、生えているもの
(ニコンの生態系の描写は見ていて気持ちがいいほど現実感がある)
DSCF4252.jpg

遊歩道沿いには、ハマダイコン、ハマエンドウを中心に
万華鏡のようなミクロコスモスが明滅する
D7N_3610.jpg

D7N_3617-1.jpg

D7N_3721-1.jpg

DSCF4283.jpg

D7N_3639_01.jpg

D7N_3678_01.jpg

DSCF4279.jpg

DSCF4290.jpg

DSCF4293.jpg

D7N_3640-1.jpg

D7N_3645-1.jpg

D7N_3728_01.jpg

DSCF42623-1.jpg

DSCF4265-1.jpg

そして、春の室戸岬の風物詩であって
ほとんどの人が気付かず通り過ぎてしまうものとは?
D7N_3690_01.jpg

ルリハコベ。
D7N_3647_01.jpg

D7N_3653_01-1.jpg

D7N_3665_01.jpg

D7N_3646_02.jpg

でも、数年前来たときと比べて激減している。
台風の影響だろうか。

瑠璃色という群青からややくすんだ風合いが美しく
しばし地球の色に例えられる。
地球は決して鮮やかなブルーというよりは
大気をたたえてしっくりとたたなずむ瑠璃色がふさわしい。
DSCF4274-1.jpg

ルリハコベは海辺の植物だけれど、全国的には温暖な地域の海岸線や島嶼部に見られる。
英語では、blue pimpernelというらしいので
意外にもサクラソウの仲間なのだ。
DSCF4325-1.jpg
(D7200+AF-S Micro 60mm f/2.8G、フジX-E2+XF35mmF1.4 R)

室戸岬は観光地だけれど、一歩踏み入れば別の風土がある。
ここは、海難事故でなくなった方々を慰める場所。
地元の女性たちがいつもこの場をすがすがしく手入れされている。
D7N_3680.jpg

無数の如来、菩薩がアコウの木の下で魂を慰める。
DSCF4305.jpg

DSCF4315.jpg

さらに周辺を散策中にとても強い力を感じる場所があった。
大きな岩とその右に沢のような空間があって水(風)が吹き抜ける。
DSCF4340.jpg

風の通り道は盆地につらなって別の大岩に囲まれている。
DSCF4337.jpg
そこに歌碑がある。
DSCF4346.jpg

少し遅めの昼はいつもの店で。
DSCF4381-1.jpg

書棚を見ると、店の方々の食に対する思いが伝わってくる。
気取らない、けれど居心地の良い空間で
目を閉じて食事をしている。
DSCF4389-1.jpg

DSCF4394-1.jpg

DSCF4401-1.jpg

グルメではなく、いのちの食をいただいている感じ。
カレーも紅茶も極上のお店が岬を折り返した場所にある。
海からの風を受けながらそこにある。
ごちそうさまの言葉を風に乗せて。
(シットロト)

岬を折り返し戻り
尾崎でサーフィンを眺める。
D7N_3749-1.jpg

D7N_3752-1.jpg
ローカルのポイントだが、
きょうはそうとばかりは言えないよう。
(それもまたそれでよし)
D7N_3754-1.jpg

D7N_3772-1.jpg

室戸岬は心と身体を高めてくれる特別な場所。
でも、特別な日もすばらしい生き方もない。
ただ、日日是好日、だから。
D7K_7703a.jpg


追記

写真の技術を知らない(わからない)相方が腕を上げてきた。
使っているカメラは小さなデジカメのフジX20。
すべてオートで撮影している。
ただし接近して撮影するときはマクロモードに切り替えている。
えっ、ぼくの写真より良いと?(ときにはそれもよし)。
DSCF6451-1.jpg

DSCF6441.jpg

DSCF6443-2.jpg

DSCF6459-1.jpg

DSCF6463-2.jpg

DSCF6452-1.jpg

追記2

大河「直虎」の柴咲コウの尼僧姿が超絶的に美しい。
おでんばの土着の生娘のようで、凛としたたたずまい。
仏門にありながら「生」、生でありながら「聖」をまとう。
ところで、精神的に落ち込んでいる人がいたら、
観音経を読経(もしくは聴いてみる)ことをおすすめしている。
ところが、しばらく前の放送で、柴咲コウが節を付けて観音経をうたったのに驚いた。
現世と彼岸を自在に行き来する魂を慰撫してやまない音楽(読経)だった。
ぼくも祝詞の奏上や読経は節を付けて歌のように響かせる。
室戸岬では、無数の魂を乗せた風や刹那の潮騒が幾重にも重なって
旋律というか抑揚のうねりのように聞こえることがある。
それはどれだけ美しくても構わない、どれだけ荘厳であっても構わない。

posted by 平井 吉信 at 20:58| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: