2016年11月27日

宝物を見つけに行く場所 空と海の室戸岬


仕事では感動の時間を味わっているけれど
しばらく行かないと息が詰まりそうになる。
空と海の果て、四国の公式、空と海の原点、室戸岬。

国道55号線を南下して岬をめざす。
高校時代から自転車で通った道。

太平洋から押し出す波の圧を岬が受けて土佐湾と紀伊水道へと分ける。
遠い距離を旅してきた海の厚み、風のなびきを受けて
大地の鼓動を刻むジオパーク室戸。
国内唯一無二の場所。

海岸線に道がなかった平安の世に
空海は岬へ伸びるそびらを辿って最果てに辿り着いた。
魑魅魍魎が跋扈する絶海の地を虚空蔵菩薩の真言で鎮め、
明けの明星が宙を舞った。

さて、2016年11月のとある快晴の朝、
(天気は夜には崩れるという)
クルマを南へと走らせた。

徳島県を抜けて高知県へ。
このブログでもご紹介している飲食店として
ひわさ屋(日和佐町)、牟岐55ラーメン(牟岐町)、Channel R55(宍喰町)がある。

この日の波はサーファー視点では
大手海岸 ○
生実海岸 △
尾崎   ○
といったところ。

岬を目前に尾崎を抜けて夫婦岩で小休憩。
DSCF1679.jpg

岬の駐車場に着くと、きょうもネコがいた。
弘法大師のご加護でのんびりと暮らせているよう。
D7N_2719.jpg

D7N_2746.jpg

D7N_2726.jpg

D7N_2757.jpg

D7N_2747.jpg

D7N_2755.jpg

渡りをする蝶、アサギマダラが風に負けず樹間を飛ぶ。
でも、冬日を身体に取り込んで温めているようにも見える。
D7N_2718.jpg

鳥に襲われたか傷ついた個体。
まだまだ飛べる羽根が残っている。
陽光にきらめく姿は美しい。
応援せずにはいられない。
D7N_2721.jpg

国道を渡って岬の遊歩道へと。
D7N_2758.jpg

クワズイモの巨大な葉をみたらトトロを思い出す
DSCF1721-1.jpg

このくず餅のような果実はなんだろう?
(シャリンバイ?)
D7N_2739.jpg

小鳥のついばみそうな赤い実
D7N_2744.jpg

海岸沿いの遊歩道にはところどころ樹木のトンネル。
D7N_2799-1.jpg

天候は薄曇りだが、ときおり日射しが指すと
海が俄然光を散乱させる。
波打ち際に近い岩に咲いているアゼトウナ
DSCF1692-1.jpg

D7N_2764.jpg

黄色が優勢な冬の岬に数少ない白の花
D7N_2767.jpg

DSCF1718.jpg

室戸阿南海岸の冬の風物詩、シオギクが咲いている。
シオギクの黄色が明度が低い。
DSCF1703.jpg

D7N_2770.jpg

DSCF1734-1.jpg

変わった花もある。アロエの花
DSCF1715.jpg

サボテンの花を見るのは稀
(ウチワサボテンというらしい)
D7N_2777-1.jpg

D7N_2782.jpg

唯一の赤系はハマナデシコ。
海岸を吹き渡る風に負けず揺れながら。
DSCF1730-1.jpg

空気を重く感じる午後
D7N_2792-1.jpg

沖を渡る船をかき消す波
D7N_2807-1.jpg

それでも南国のたたずまいは消えず
D7N_2804-1.jpg

岬をあとに西へと折り返した。
たどりついたカフェはシットロト。
https://www.youtube.com/watch?v=i31dm4pmcxs
http://azoom.blog.jp/archives/41250744.html
DSCF1744.jpg

DSCF1750.jpg

ていねいにつくられているカレーは午後遅い食事を豊かな時間に変えてくれる。
(ぼくのカレーもこの味を原点としている)
DSCF1775-1.jpg

DSCF1778-1.jpg

高知県出身の前田博史さんの写真集を見ながら
http://maedahakushi.com/
スコーンとヌワラエリアでくつろぐ。
ぼくはこの店以上の紅茶を飲んだことはない。
DSCF1789.jpg

空と海の果て、室戸岬の休日。
オードリーも愉しんでくれたに違いない。
DSCF1722-1.jpg



posted by 平井 吉信 at 22:51| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: