2016年10月09日

吉野川小歩危峡 渓谷に咲く花 プロジェクションマッピングによる風景


身近な草花や植生を追いかけている。
ときに光の花が自然の造形に映し出されるということで
それを見るのもいいだろうと訪れてみた。

場所は小歩危峡。
前回訪れたのは1か月前のこと。ラフティングでは全国有数の場所だろう。
http://soratoumi2.sblo.jp/article/176663031.html

その秘密は四国山地を横切る横谷(おうこく)にある。
吉野川の大歩危小歩危の白眉は
白川谷との合流点から上流の小歩危峡だが
その付近に岸壁と合流点付近の河原に投影するというもの。

開始半時間前の投影場所
DSCF0452.jpg

18時に開始されたが、あたりがまだ薄明で鮮明には見えない。
DSCF0454-1.jpg

カメラでは肉眼よりも明るく捉えてしまうので
目で見た感じに近づけるとこんな感じ。
DSCF0458.jpg

太陽は落ちているが、岸壁に光が当たり始めた。
DSCF0465.jpg

色が変化するのは
アサガオ、ヒマワリなどと季節が変わっていくからだろう。
DSCF0467-2.jpg

時間が進むにつれて映像が渓谷に浮かび上がる。
DSCF0470-1.jpg

ここが前半のハイライト
(といってもプログラムを再生しているのではなく現場で描いているらしい)
DSCF0507-1.jpg

DSCF0521-1.jpg

なお、撮影にはISO3200〜6400が必要。
レンズはXF18-55mmF2.8-4 とXF35mmF1.4 Rを使用。
f2でも速度は1/10〜1/20程度(マイナス1/3〜2/3EV補整)。
映像は絶えず動いているので
映像を止めるのならISO12800、f1.4、1/60秒程度か。
(小型のデジカメやスマートフォンでは難しいだろう)。
しかも会場は混み合うので三脚は不適当。
(邪魔になるし引っかけられるなど事故が想定される)。
だから登山用の1本ストックに載せて手持ち+電子シャッターで撮影した。

樹幹ごしに見るとアートに見えてくる
DSCF0503-1.jpg

場所を変えてみた。
開始当初からずっと標準レンズ。
ISO6400、f2.8で1/10秒。
金の鉱床に彷徨っているよう。
DSCF0474-2.jpg

肉眼ではこれほど明るくは見えない。
渓谷の水の流れが見えるのは
光を蓄積して一定の明るさに仕上げるカメラならでは。

闇夜に浮かぶ光芒はときに金属質な透明感を見せることがある
DSCF0546.jpg

本流は右から左へ流れている。
画面下から本流に合流する白川谷の流れに光が当たっている
DSCF0550-1.jpg
DSCF0551-1.jpg

ヒマワリがご覧いただけるだろうか。
DSCF0571-2.jpg

ヒマワリとアサガオと椿が揃った
DSCF0579-1.jpg

DSCF0595-1.jpg

DSCF0600-1.jpg

樹木ごしに見える風景こそが白眉ではなかったか。
DSCF0607-1.jpg

魚はうごめく光にどんな反応を示しただろう。
カニは? ウナギは? アユは? 
DSCF0554-1.jpg

小歩危峡は静かな昼間を迎える。
D7N_1388.jpg

posted by 平井 吉信 at 18:04| Comment(0) | 徳島
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: