2016年06月13日

雨に打たれる人も山野草も ジンリョウユリの日曜


天気予報では雨の日曜。
朝はまだ曇っている。
それならは、蛇紋岩を見に行こうと決めた。
(雨にしっとりと濡れた岩肌がおもむきがあると考えた)

四国には蛇紋岩の地質が散見される。
八幡浜周辺、四国カルスト周辺、高知市円行寺周辺、
それに上勝町から那賀町木沢にかけてである。

マグネシウムを多く含む土壌は、栄養に乏しいため
通常の植物は育たず、固有の植生が見られる。
毎年12月頃に見に行く高知市のムラサキセンブリなどもそうである。

徳島の蛇紋岩帯といえばジンリョウユリ。
イシマササユリとともに、ササユリの変種である。
蛇紋岩地帯は植物にとっても理想の生息地ではないが
その厳しい環境で根付いていることから
一度消滅してしまえば、二度と自生することは困難である。
種の保存、生態系の保全は、
後生に残すべきかけがえのない生きた「蔵書」なのだから。
(失えば元に戻すことができない)

最初に発見された神山町が基準地とされるが
残念ながら盗掘で絶滅してしまったという。

それでも、那賀町では地元の方々の熱意により
数カ所で民間による保全が行われてきた。
しかし、人災に加えて
食害の主は至るところからやってくる。
(シカ、イノシシ、ヤマドリ、野ネズミなど)
一個人や集落の努力では限界に達している。

その現状を見に行くこともねらいだった。
まずは、木沢地区へ。
保護をされている方々の一助になればと
ある集落を訪れて飲食をしようと入店すると
このところ食事の提供はやめているとのこと。
(実はこの店の開業時に行ったことがある。山の幸を活用した定食が出色の出来映えだったことに驚いたことがある。それから数年後、余命わずかの父に食べさせようと連れていったが、そのとき定食は売り切れであった)

花(ジンリョウユリ)の時期は終わった、と残念そうな顔で話された。
(開花の盛りを過ぎているのは承知であったが、保全の状況については表情から察した)

自生地に行くと、
咲いているジンリョウユリが数本あった。
痩せた土地で精一杯の姿で雨に打たれながら
凛と咲いていた。

///////////////////////////////////////////////////////////////

木沢地区は滝王国。森を下る沢と広葉樹のたたずまいが霧雨に息づく
DSCF5530.jpg

DSCF5569.jpg

蛇紋岩の露出
DSCF5568.jpg

ランの一種か?
D7K_9893s.jpg

DSCF5557-1.jpg

蛇紋岩を背景に最初のジンジョウユリが現れた。
もう花の時期は終わっていると思っていたので。
DSCF5599-1.jpg

白と桃色の階調が風に揺れる。
DSCF5570-1.jpg

雫を宿した花びら
DSCF5573-1.jpg

調和の取れた個体に見とれていると
DSCF5574-1.jpg

木々の雫が塊で落ちてきた。
「冷たい!」とジンジョウユリが叫んだような気がして。
DSCF5583-1.jpg

DSCF5586-1.jpg

DSCF5551-1.jpg

梅雨が似合う 露を宿したアジサイ
あじさいこそ雨に打たれてほほえむ
DSCF5615-1.jpg

DSCF5604-1.jpg

DSCF5610-1.jpg

D7K_9967s.jpg
(ここまでフジX-E2+XF35mmF1.4 R、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS)

蛇紋岩から1本の植物
(ここからニコンD7000+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR)
D7K_9904s.jpg

いまにもかみつきそうな樹木の表情
D7K_9900s.jpg

森にたたずむジンリョウユリがあでやかでしとやかで
D7K_9923a.jpg

D7K_9942a.jpg

D7K_9962s.jpg

D7K_9990s.jpg

D7K_9898-1s.jpg

アザミ。蛇紋岩に咲く固有種かどうかわからない。
D7K_9985s.jpg

草の茂みを移動するのが得意なようには見えないが、
サワガニは雨を喜んで出てきたのか。
D7K_9951s.jpg

続く
タグ: 神山 上勝町
posted by 平井 吉信 at 15:53| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: