2016年03月27日

ときめきのさぬきうどん山 春は27%の秘密を持つ 


誰が言ったか、「春は、27%の秘密を持つ」
という言い回しが記憶に残っている。
10代の頃、この言葉の意味がわかったようでわかっていなかった。
いまはなんとなくわかる気がする。

27%に含まれる要素は
ときめき、晴れやかさ、
その裏返しとして切なさ、寂しさ。

普段は、(27%は)背後に隠れているのだけれど
それが泉のように湧き出すことがある。
しかしそれも日常に紛れていって
あれはなんだったんだろう、
とはしかのように過ぎていく。

秘密が27%になるとお椀のようにふくらむが
それはあくまで秘められていなければならない。
秘められているから存在がある。


さて、長年憧れていた山がある。
いいかたちをしている―。
ときめきときめくときめくとき。

こんな山に登るルートはないだろう、と思ったり
いやいや意外に頂上まで車道が走っていてテレビ塔があったりして
がっかりするかもしれない、などと妄想を膨らませたり。
それも通り過ぎると忘れてしまう。
時間は光速(高速)のごとく過ぎていく。

そんなふしぎな山が香川県にある。
偶然にも高松に住んでいる人が
行きませんか、と誘ってくれたので思い出した。
誘ってくれた人も実は行ったことがないらしいが
登れるルートがあると聴いてみんなで行ってみることにしたという。
(山やではなく、サーフィンをやっている人である。あいにく、日時が合わなかったので同行は叶わなかったが…)


さてさて、前置きがさぬきうどんのように長くなってしまった。
山へのきっかけはは意外なところからやってきた。
泊まりの出張の翌日、その付近を通ることになったのである。
(仕事を入れる入れないは自分で決めるので)


1/25000地図だけを手に
地図にない踏み跡を半日かけて踏破してみた。
カテゴリーごとに並べてみよう

山頂の杏子の花。杏子の花には27%の匂いがある。
D7K_7014.jpg

讃岐平野を一望できる展望台
DSCF9848-1.jpg

見晴らしの良い岩場
DSCF0208s.jpg

ロープで降りる
DSCF0213s.jpg

見晴らしの良い岩場では鬼がときどきうどんを食べているという
DSCF0230-1.jpg

散策の途中で見つけたかれんな花。
ユキワリイチゲかと思ったが花のかたちが違うようだ。
カタバミの仲間のようでもあり、
シコクカタバミイチゲ(仮称)としておこう。
(個人的なコード番号なのでみなさんはこの名前は引用しないように)

D7K_6968-2s.jpg

DSCF0039-1s.jpg

D7K_6971s.jpg

DSCF0474-1.jpg

DSCF9645.jpg

実は「春の妖精」という名前がついているのだが
人間は勝手に人間の名前をつけたがる。
花にとっては自分がなんと呼ばれようと構わない。
(ただし、ヘクソカズラなどというのはやめてほしい)
DSCF9772-1.jpg

D7K_7315s.jpg

DSCF9682-1.jpg

D7K_7354s.jpg

D7K_7348s.jpg

紅白歌合戦の様相を示してきた
DSCF0168-1.jpg

DSCF9749-1.jpg

DSCF0182s.jpg

DSCF9704-1.jpg

白もいいが、紅もいい、紅もいいが、白もいい
そう思っていたら紅白ミックスもある
D7K_7333s.jpg

D7K_7345s.jpg

D7K_7306s.jpg

DSCF9721-1.jpg

ザ・ピーナッツの出番
DSCF9797-1.jpg

DSCF0104s.jpg

これまた人のかたちをした変わった花だが、ランの仲間のようにも思える。
ハルマチヒトラン(仮称)としておこう。
DSCF0242-1.jpg

D7K_7400s.jpg

D7K_7043s.jpg

DSCF9916-1.jpg

DSCF0501-1.jpg

意外に多くの人が訪れる
D7K_7068s.jpg

D7K_7013s.jpg

D7K_7108-2.jpg

春という言葉を使わなくても
黄色、淡い青紫の2色で伝えることはできる
D7K_7003s.jpg

D7K_7055.jpg

D7K_7383.jpg

D7K_7396s.jpg

D7K_7120-1s.jpg

D7K_7062s.jpg

春は27%の秘密を持つ―。
この言葉は数日後、別の場所でこだますることになる。
D7K_7076-3.jpg

posted by 平井 吉信 at 14:45| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: