2015年10月31日

ぼくのあの帽子 どうしたでしょうね。砥石権現でなくしたあの帽子ですよ


紅葉の季節に行きたい場所は多いけれど静かな山旅が楽しめるのはここ。
去年の紅葉は特に見事だった。
http://soratoumi2.sblo.jp/article/105659700.html
春には妖精を探しにやってきた。
http://soratoumi2.sblo.jp/article/128576429.html

DSXE5463s.jpg

風が強い日だった。
スーパー林道からは砥石権現に続く稜線が明瞭に見えている。
林道にクルマを置いて、
トリカブト(シコクブシ)の咲く平坦な谷筋から
少しずつ高度を上げていく。
広葉樹の森の愉悦が極まる場所。
DSXE5474s.jpg

DSXE5476s.jpg

DSXE5482s.jpg

そんななかで次々と宝物を見つけていく。
DSXE5478s.jpg

DSXE5491s.jpg

DSXE5496s.jpg

D7K_6112s.jpg

D7K_6062s.jpg

D7K_6073.jpg

D7K_6095s.jpg

見つけたものは樹液
DSCF9177-1.jpg

DSCF9186-1.jpg

太陽が呼びかけると応える
しずく細工のきらめき
D7K_6134s.jpg

D7K_6137s.jpg

D7K_6142s.jpg

D7K_6151s.jpg

D7K_6163s.jpg

尾根を軽やかに踏みしめる
DSXE5502s.jpg

DSXE5542s.jpg

DSXE5546s.jpg

両脇の枝の曲がり方に足を止めた
DSXE5552s.jpg

ブナが好きなのはなぜだろう
DSXE5569s.jpg

D7K_6203s.jpg

DSXE5561s.jpg

砥石権現の山頂を通り過ぎる
DSXE5584s.jpg


アケボノツツジが咲いた木も枯葉だけ。
DSXE5588.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

林道から登り始めたとき、木の枝に掲げられた白い帽子に目が留った。
山では、誰かの落とし物を目に付くようにしておく慣習がある。
その帽子、見覚えがあった。
手にとって裏返してみるとYHのイニシャル。
DSXE5469.jpg

あれは半年前。
春の妖精を見に行った帰り、
クルマに戻って帽子がないことに気付いたけれど
どこかザックのなかに押し込んだのだろうと考えて
そのまま帰路に就いたことがあったのを。

初夏、うだる夏、山の嵐、初秋を乗り越えて
それは確かにそこにあった。
落とした持ち主を恨んだかどうかはわからないが、
戻ってきたかったに違いない。
その持ち主はものを大切に使う人で
自然を慈しみつつ愉しむ人だったから。
連れていって欲しかったのだろう。

また、行こう。四国の山へ。
タグ:砥石権現
posted by 平井 吉信 at 15:06| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: