2015年10月03日

佐那河内の嵯峨の優美な秋の一日になりにけるかも


徳島市内から半時間の距離にある佐那河内村の嵯峨峡は
隠れた蛍の名所。
けれど、秋の真ん中のこの時期、
園瀬川源流の嵯峨峡を散策して出会う人もない。
京都を思わせる優美な地名で
佐那河内の奥という雰囲気を持っている。

佐那河内村は徳島で唯一の村となっているが
実は徳島市内に隣接して交通の便は良い。
(唯一の難点は東の峠を越えて小松島、阿南方面へ抜ける細い幹線道だが、改修工事が進んでいる)
大川原高原を降りれば上勝町、
西に接する神山へはトンネルとよく整備された道でつながっている。
(海から遠い西側が開けているのがこの村の特徴)

天文台を持つ大川原高原と花の名山旭ヶ丸、
大多数の人が良い印象で描く田舎暮らしができそうな土地である。
ここ数年はゴミの焼却施設の建設が争点となっている。

嵯峨地区の集落を縫って嵯峨川が流れるのどかな牧歌風景
DSXE4197.jpg

DSXE4203.jpg

川沿いにギボウシのような花が光に揺れ水面に遊ぶ
DSXE4211.jpg

南国徳島なのに蒔ストーブの専門店もある。
神社を過ぎれば、峡谷の地形となる。
DSXE4228-1.jpg

DSXE4230-1.jpg

DSXE4235.jpg

フジX-E2のクラシッククロームの色設定が玄妙
DSXE4243-1.jpg

DSXE4244-1.jpg

渓谷沿いの散策路はときどき水が流れる。
DSXE4245-1.jpg

DSXE4251.jpg

DSXE4270.jpg
落石も少なくない。
常に山側を見上げながら注意して進む。
足元も滑りやすい。特に帰路は注意。滑って川に転落なんてこともあり得る。
(村も観光資源としては売り出していない。それはそれでひとつの見識と思う)

秋の七草といえば、ハギ。
D7K_5331s.jpg

D7K_5294cs.jpg

D7K_5312-2s.jpg

日陰でひっそりとたたずむゲンノショウコ
DSCF8785-1.jpg

光と花と緑の背景がつくりだした銀河の宝石の光景
D7K_5273-1.jpg

D7K_5290-1.jpg

渓谷沿いを好きな音楽を口ずさみながら彷徨うと
それはそれで愉快なひとときとなる。
落石の危険のないところを選んで
湧き水でコーヒーを立てる、なんて佳いかもしれない。

川沿いの散策路は上に上がっていくが、
車道は嵯峨川から離れて稜線へと伸びていく。
稜線近くの徳円寺分岐付近で合流するはずである。
そこからは西の大川原高原へとつらなる稜線のロングトレイル。
秋の一日のピクニックの計画はできましたね。
posted by 平井 吉信 at 00:15| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: