2015年09月30日

8月に産声を上げたカフェ 新居浜にて


それは偶然見つけた。
といっても、ここへ辿り着くのはなかなか難しい。
決してわかりやすい場所ではないし、
運転が苦手な人は離合に苦労するだろう。

それでも第六感が働いた。
たまたまであって、何の作為もないのだけれど。
(山野草に巡り会うときもそうなのだけれど、この辺りでは?と思って見回すと、そこにある)

古民家を改修した和のテイストを活かしたカフェに辿り着いた。
DSCF8239-1.jpg

店内はすでに女性客でいっぱい。
名前を書いてしばらく待ってから着席(男性の1人客はぼくだけ。でも気にしない)。
DSCF8235-1.jpg

DSCF8283-1.jpg

ランチが運ばれてきました。
きのこソースのハンバーグ。
(いいですね)
地元の野菜を多く使っているとか。
(でも、この時期、地元の野菜の確保が大変でしょう。久万高原のような標高が高いところでないと)
DSCF8245-1.jpg

コーヒーもいただいた。
DSCF8258-1.jpg

「どちらから来られましたか? どこから情報を?」
「徳島から来ました」
帰りに店主(女性)の方とお話をして驚いた。
なんと、これから訪問する相手先と関係のある人であった。
クラシックの気取らないコンサートもおやりになっているとか。

挑戦、そして船出、おめでとうございます。
この先、良いことも苦しいこともあるでしょうけれど、
きっと乗り越えられますよ。
応援しています、母屋カフェときの屋さん♪


posted by 平井 吉信 at 21:55| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: