2015年09月06日

そこに ○○があるから。気がつけば劇場

花や虫、山や川を見ている。
そこに徳島、四国の魅力があると思うから。

創造主の設計図(DNA)というか
こうなりたいと想う魂が降りてきて顕現化すると
それが、花になったり虫になったり。

でも、花というかたち(色)が尊いのではなく
そこにある霊性(空)と共鳴できたら。

10代の頃に感じたこと。
京都のとある庭に置かれた岩を撮ろうとして
同じようにうずくまって数時間。
どこまでが被写体で
どこまでが自分なのかの境があいまいになり
ふとシャッター音で我に戻るという感覚。

ここに書いている文章も
頭につながった音を言葉に紡いでいる。

自然だけでなく人も同じ。
対立ではなく無心に受け容れてみると
事態が動き出すことがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小雨の庭で思いがけない花がある。
赤や白が混じり花火のような場面。
(……)
わかった。
花たちが劇場を見せてくれているんだ。

姫に襲いかかろうとしている悪者がいる。
D7K_4718.jpg

しかし、その背後に姫を守る勇者、付き人が見守っている。
D7K_4724.jpg

姫は安心する。
D7K_4719.jpg
ところが、悪者に見えた相手も
実は心のやさしい民であったというオチ。

その横には、
6月から咲き始めたキキョウがいまも見事に咲いている。
D7K_4708-1.jpg
ありがとう、と花たちに目礼。

花や虫、山や川を見ている。
そこに生きている意味があるように感じるから。


【追記】

アマゾンのレビューを見ていると
壊れやすい、すぐ壊れたので×というものが目立つ。

同じものを使っているぼくは壊れることにほとんど遭遇しない。
モノにも精神が宿ると感じているけれど
他力本願で生きていると
モノから発するわずかな兆候に気付かなかったり
感謝の気持ちがなくなっていたりする。
すると、もうそこには
人とモノの織りなす場がなくなって相互作用(愛情)がなくなる。
その結果、なにかが変わって壊れてしまう。

クルマだって、10数年とか20万km走行などと長く使っている。
レコード盤は数え切れないぐらい再生してもすり減らない。
持ち物のなかには小学校の頃から使っているものもある。
カメラも持ち出すけれど、いにしえの機種も完動品である。
ライツミノルタなどは新品で通用しそうだ。

デジカメでは、
フジのX-E2とニコンD7000が主力機種。
いずれも最新ではないけれど
思いのままに写ってくれる。

説明の要らない場面では
小さなカメラが良いように思う。
カメラの存在感が場に与えるメッセージとでもいうか、
場の持つ空気感を神聖に思うときは小さなカメラ。
撮ってもらいたい気持ちなどに応える姿勢なら一眼レフなど。

かすかな感性のふるえを再現するためには
それなりのカメラがあったほうがいいように感じる。
道具に感性を合わせるのではなく
感性に道具を合わせる感覚。

ニコンD7000
DSXE3739-1.jpg

フジX-E2
D7K_4743-1.jpg

今回の庭の写真はフジで撮った、
と推察する人もいるだろうけれど
(ニコンは色が…という人がいるけれど、ぼくはそのようなことは感じない)
現実感のなかにファンタジーを描いたのは
ニコンD7000+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VRである。
特にフラットというカラーモードが生きている。
(Web上では再現できないけれど、ナナオの色再現性に優れたカラーモニターで眺めると息をのむほどの美しさ)


タグ:
posted by 平井 吉信 at 23:00| Comment(0) | 家の庭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: