2015年08月22日

仏様と竜王の岩窟を従えた焼山寺 通り雨が過ぎて夕方の鐘が鳴る


遍路転がしとも呼ばれる急峻な立地にある焼山寺は
八十八ヶ所巡礼でも一目を置かれる存在。
車ではあるけれど、夏の午後の避暑に出かけた。
DSXE3101.jpg

車を停めて十三仏を順に眺めながらそれぞれの真言を唱えると
少しずつ山門が近づいてくる。
DSXE3105.jpg

みずみずしい山のしずくに浸る山野草
DSXE3100.jpg

DSXE3104.jpg

十三仏の最後でもある虚空蔵菩薩がご本尊。
あまねく宇宙の真理を照らす。
ぼくの守り本尊でもある。

樹齢の長い杉木立と蝉時雨。
絵になる風景、音の風景。
DSXE3106.jpg

DSXE3113.jpg

木立を背景に地蔵菩薩が浮かび上がる
DSXE3114.jpg

サルスベリが道中を楽しませるが、境内にも
DSXE3135.jpg

極楽浄土の象徴
DSXE3144.jpg

DSXE3149.jpg

林道を下って岩窟に向かう。
DSXE3152.jpg

DSXE3153.jpg

不動明王が祀られている。
徳島新聞の紹介記事でその存在を知ったもの。
DSXE3159.jpg

巨大な岩壁の下部をくり抜いたか、自然の仕業の空間か。
そこに石仏が鎮座する。
いまにも雨が落ちてきそうな午後、辺りは暗い。
DSXE3171.jpg

倒木と蜘蛛の巣の間隙を縫って再び寺へ辿り着く。
この小径は通らないで車道に降りた方が賢明。
DSXE3196.jpg

雨と天気雨がストロボのように木立の直下を明るくした
DSXE3197.jpg

DSXE3199.jpg

小雨になると続々と巡礼者が集まる
DSXE3200.jpg

DSXE3201.jpg

DSXE3205.jpg

DSXE3208.jpg

DSXE3222.jpg

DSXE3225.jpg

DSXE3230.jpg

DSXE3237.jpg

DSXE3247.jpg

DSXE3253.jpg

17時の鐘で寺が静けさを取り戻し灯明が灯る。
DSXE3254.jpg

DSXE3262.jpg

下界を離れて仏の世界を垣間見るために
夕立が迎えてくれたように思う。
DSXE3267.jpg

空と海の巡礼。







(この写真はすべて富士フイルムのX-E2で撮影。レンズは小さな3本。XF14mmF2.8、XF35mmF1.4R、XF18-55mmF2.8-4。装備は軽い)
タグ: 巡礼
posted by 平井 吉信 at 18:44| Comment(0) | 徳島
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: