2015年05月03日

瑠璃色の山野草を忘れないで モモイロの山野草を見つけないで


この時期の四国の山野にあふれているのは
ヤマルリソウ。
湿った沢沿いにたたずみ、
わたしを忘れないで、forget-me-not
と言付ける
あの花にも似ている。
D7K_3057.jpg

D7K_3059.jpg

D7K_3060.jpg

同じ日にこんな山野草も。
ホタルカズラというらしい。
D7K_2901-1.jpg

D7K_2887.jpg

D7K_2874.jpg

D7K_2859.jpg

一つひとつ、色が違う。
青と紫の間で
どちらとも言えず揺らめいている。
(D7000+AF-S Micro 60mm f/2.8G。フラットまたはニュートラルで現像)
********************

今年は、偶然入ったいくつかの沢筋で
(山域も離れている)
桃色の山野草を見つけた。
同じ山野草に遭遇すると、
自生地には共通点が見えてくる。

D7K_3042.jpg

DSXE0084-1.jpg

DSXE0081-1.jpg

DSXE0075-1.jpg

DSXE0073-1.jpg

DSXE0054-1.jpg

DSXE0041-2.jpg

DSXE0041-1.jpg

D7K_2551.jpg

D7K_2516.jpg

DSXE9547-1.jpg

DSXE9597-1.jpg

DSXE9639-1.jpg

DSXE9625-1.jpg

赤土の湿った場所に不釣り合いなほど蠱惑的。
それでいて節度を感じさせる品格。
野に咲いてこそ山野草、いつまでも。
posted by 平井 吉信 at 13:36| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: