2015年04月13日

土佐の高知のはりまや橋で


四国の四県都でもっとも雰囲気がローカルなのは高知市。
商店街には全国FCではなく地元の老舗が軒を並べ
高知県の人口の4割が集中する。
地元では「おまち」と呼ばれている。

東のよさこい情報交流館を起点に、はりまや橋からひろめ市場へ、
日曜市、県庁、市役所、高知城へと続く中心部は
高知の真ん真ん中であるけれど、のどかな感じ。
人のつながりが生きているまちである。
さらに、まちなかに図書館ができるという。
たまには観光客になってまちを歩こう。

南国土佐をあとにして♪
DSCF6091-1.jpg

故郷の友が門出にうたったよさこい節を♪(高知よさこい交流館)
DSCF5131-1.jpg

土佐の高知のはりまや橋で♪
DSCF6081.jpg

(観光客がお菓子の)かんざし買うを見た(菓舗浜幸)
DSCF6087-1.jpg

始めて乗ったとでん(土佐電鉄)。はりまや橋で乗り換え切符をもらうしくみ。
DSCF6031.jpg

仕事で立ち寄る前に昼食で立ち寄った古民家を改装した店舗。
庭を眺めながら地元の野菜と魚介の定食をいただく(草や)。
DSCF6045-1.jpg

たくさんの方のご意見をうかがいつつ
提案についてのご賛同が得られ、
気持ち良く帰路についた。

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★

戻ってきてニュースを見ようとしたら
あら、浦島太郎になっていた。
DSCF6006-1.jpg

長年使い込んだソニー15インチトリニトロン(ブラウン管)はいまも現役。
目に優しい映像が気に入っている。
ひと晩置いてみたら解決するかもしれないと
翌日再度電源を入れてみると
どのチャンネルを回しても同じ映像。
そこで気付いた。

 砂の嵐に隠された♪

これは、バベルの塔(バベル二世の住処とされる基地)に違いない。
(大変なものを見てしまった)
さて、どうしよう。

タグ:高知 菓子
posted by 平井 吉信 at 21:36| Comment(0) | まちめぐり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: