2015年04月10日

紫の上重ね


仕事の帰りにふと川が見たくなって潜水橋のほとりに車を停めた。
河原を散策していると
竹林のなかでかれんな花を見つけた。

青紫から紫の階調と幾重にも波打つ表情は
夜の帳を待ちわびた源氏物語の姫が
黒髪を床に広げたよう。

ひそかに、ムラサキノウエカサネと名付けた。
DSCF5732-1.jpg

DSCF5726-1.jpg

(フジX20)

posted by 平井 吉信 at 23:32| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: