2014年12月31日

一年を終えてベートーヴェンの第九


ベートーヴェンに出会ったのは十代の終わり頃。
心の糧としてしみこんできた。
畢生の大作、セイヤーの「ベートーヴェンの生涯」(上下)を
数ヶ月かけて読み込んだ。
作品を録音したレコードを集め、
9つの交響曲の総譜を見ながら
いつか指揮する日が来ると信じて
感じたことを書き込んでいった。

年末は第九という人は少なくないけれど
ぼくもそのひとり。
生きていることの証しとして
身体で受け止めながら聴く。

第九で年を越えるのではない。
第九で一年を終えるのだと思う。

ベートーヴェンとは何だろう?
向き合ってきて
ベートーヴェンの人間像が近く感じられる。
ぼくには音楽室に飾られた楽聖のしかめっ面をした印象はない。

もっとおどけてもっと陽気で
器用な人ではないけれど
生きることの歓びと哀しみを背負って生きた人だったのだろうと思う。
どんな場面でも人生肯定の匂いがする。

うたう人を、聴く人を
知らず知らず高みに押し上げてしまう。
しかも、踊らされた感はまったくない。
一人ひとりが自ら駆け上がろうとする。

そのような人はいそうでいない。
第九は第九であって
ほかの作曲家には書けないのだ。

個と全体の結びつきを切り放すことはできず、
さりとて個は世界を染めることはなく
身近なできごとを昇華して
宇宙の響きに高めていくなど
宮沢賢治の世界と近い気がする。

第九の第1楽章の冒頭の崩れ、
展開部から再現部の魂の振り乱し、
第2楽章の妖精のクールな熱狂の舞、
第3楽章の人間が書いた最良の天上の響き、
第4楽章の単純さは人を世界の歓喜に押し出す。

第九のレコードやCDはたくさんあるけれど
年末に聴くのはこれだけ。

ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱つき》[バイロイトの第9/第2世代復刻]

第九で終える理由?
ベートーヴェンがいなければぼくは存在していないから。
posted by 平井 吉信 at 15:43| Comment(0) | 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: