2014年09月09日

2014年 中秋の名月 お宮の屋根からこぼれた夏祭りの夜


太陽系の創世記に小惑星が原始地球に何度か衝突した。
そのたびに地球は苦痛に顔を歪めながらも
飛び散った岩石を再び引力で引き寄せては大きく成長した。
(衝突を経ない火星は大きくならず水をとどめておく重力を持てなかった)
地球に戻らず地球を周回するようになった破片が集まって月となった。
月は地球の分身でもある玄武岩の塊。

自らも全海洋蒸発(地殻津波)全球凍結スーパープルーム
地球に芽生えた生命に容赦なく浴びせ、
生命のほとんどが絶滅する壮絶な歴史を繰り返している。
けれど、その歴史がなければ
今日の地球に高度な生命は存在しない。
(地球の歴史を1年に例えると11月半ばまでが微生物、恐竜の全盛期が12月下旬、人類の登場は大晦日の夜)
試練が生命の進化を促したのは
物言わぬ地球の意思とも言えるのだが。

DSCF3161-1.jpg

ティコの光条(右上の光の反射帯)が目立つ。
コペルニクスの光条は、真ん中やや下。
さらにその下のアリスタルコスの光条と嵐の大洋もたどれる。
手元の画像を等倍でみれば、右下の小さな海(グリマルディー)から
コルディラ山脈一帯が太陽をななめに受けて
夜明けを迎えようとしているのがわかる。

物理学の話はさておいて
月がとっても青いからと
遠廻りして帰りたい。
海から真っ赤に上がった月が
土手の松林の上で青く燦々と川面を照らす。

浴衣、うちわ、下駄の音。
おみやの屋根に反射した月影が
狛犬に陰影を与えていた夏祭りの夜を思い出す。

ごめんね素直じゃなくて
夢のなかなら言える…

あなたには見えますか?
月のうさぎが。

DSCF3161-1a.jpg


2014.9.8 23h42m(JST)
富士フイルムX20+手持ちコリメート法
28o相当F2開放、ISO100、1/2000秒、
タカハシ10p反射赤道儀I型+オルソ25mm(40倍)
posted by 平井 吉信 at 11:19| Comment(0) | 気象
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: