2014年08月12日

ハーロン 嵐のち曇り そしてキキョウ咲く

台風11号はかつてない被害を南四国にもたらした。
わが家も例外ではなかった。
前夜から土嚢を積んで待機。
台風が近づく未明にはサッシのすき間から雨が降り込んだ。
前代未聞。

大雨の常連、上勝町福原旭と那賀町木頭出原の
累積降雨量が報道されている。
那賀川中流域では学校の校舎の1階が泥水に。
海部川流域はまたも被害に。
9時過ぎには目に入ったのではないか。

台風が過ぎ去った午後、
ちぎれて飛んだ屋根の破片を拾い集めていた。
ふと庭を見るとキキョウが。

この風雨に耐えて小さな花を咲かせていた。
灰色の空に向かってしなやかに。

悪いことは続かない、
まずは目の前のことをどうぞ、
とでも言いたげに。
あきらめなければ見えてくる。
次に起こる良いこと。
いや、すでに始まっているかも。

確かにね。

フジX-E2+XF35mmF1.4 R → f5.6
DSXE4557-10.jpg

XF35mmF1.4 R → f4
DSXE4599-1.jpg

タグ:台風
posted by 平井 吉信 at 01:07| Comment(0) | 気象・災害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: