2014年08月02日

タキユリ、里山の川とともに、はるかな未来まで


幼い頃、家の石垣にカノコユリが咲いていた。
でも、いつのまにか見かけなくなった。
もう一度、見たい…というリクエストをもらった人を
昨年お連れしたら、花の時季は終わっていた。

今年こそはと7月の下旬の平日、
仕事を入れずに出かけた。

タキユリ(カノコユリ)について
→ http://soratoumi2.sblo.jp/article/71437137.html

天気は曇りときどき晴れ。
かえってこれぐらいがタキユリの華やかな上品さが生きてくる。

川の水量は少なめ。
けれど、河畔林の木々と水の表情、水面のさざめき。
D7K_9798.jpg

D7K_9800.jpg

なわばりをつくらない群れアユか
D7K_9804.jpg

誰もいない河原を歩く友釣り師。
見ているだけでもまさに至福の瞬間。
川は蛇行するから表情が豊かになる。
あの木陰で昼寝できたらと。
D7K_9806.jpg

D7K_9809.jpg

D7K_9843.jpg

(ここまでニコンD7000+AF-S Micro 60mm f/2.8G AF-S 70-200mm f/4G ED VR)

ナナオL-997ディスプレイで見ると
水の階調が無限の移ろいと豊かさで揺らいでいる。
撮影したままのjpeg画像。フジX-E2 XF35mmF1.4 R
DSXE4240s.jpg

DSXE4242s.jpg

DSXE4255s.jpg

川沿いの森、河畔林のたたずまいが好きだ。
こんな場所でひとりあゆ釣り(友釣り)ができるなんて。
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
DSXE4248s.jpg

いまの時季、水温は温かい。
特に夕方間近がいい。
木陰を落とす淵と陽射しにきらめく瀬。
何も足さない、何も引かない川だから。
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
DSXE4255s.jpg

今年は昨年より数は少ないようだ。
けれど、最初のタキユリ、感動しながら眺めている。
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
DSXE4257s.jpg

かのこまだらが浮かび上がると
この世でもっとも美しい花火のよう。
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

DSXE4259s.jpg

明るい標準レンズでも。絞りf4.5で絶妙の空気感となった。
XF35mmF1.4 R
DSXE4271s.jpg

DSXE4276s.jpg

上を向かずに下を向いて滝のように降りてくる。
空間にぽっと浮かび上がる。

DSXE4279s.jpg

DSXE4282s.jpg

DSXE4288s.jpg

なにか動物のようにも見えてくる。
愛嬌があるというか、可愛らしいというか。
XF35mmF1.4 R
DSXE4293s.jpg

おしべがくっきりと
XF35mmF1.4 R
DSXE4300s.jpg

DSXE4306s.jpg

なんとも華やか。いや、絶句。
XF35mmF1.4 R
DSXE4312c.jpg

水の表情に続いて
今回はフジのX-E2+XF35mmF1.4 Rに再度驚かれた。
レタッチしないJpeg画像だが、
タキユリの白、そして淡い桃色から赤、オレンジを
色被りすることなくすっと抜けてくる。
あでやかであって夢幻のたゆたいまで見せる。
画素数だけではない画像処理の感性。
それは感動と生きる力を与えてくれる。
これがmade in Japanの色。

FUJIFILM X-E2 ズームレンズキット シルバー

これは園芸種
DSXE4331.jpg

ニコンでは(AF-S Micro 60mm f/2.8G AF-S 70-200mm f/4G ED VR)
D7K_9816.jpg

D7K_9839.jpg

D7K_9866.jpg

D7K_9870.jpg

D7K_9873-1.jpg

D7K_9874-1.jpg

D7K_9897.jpg

D7K_9968-1.jpg

この朱い花の植物は?
DSXE4322c.jpg

D7K_9912.jpg

八重咲きのクチナシ
D7K_9920.jpg

カラスアゲハがやってきた
D7K_9972.jpg

D7K_9973-1.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな渓谷沿いで昼にする。
DSXE4324s.jpg

D7K_9918.jpg

DSXE4385.jpg

おにぎりだけでもごちそうだが。
龍馬1865の炭酸で咽をくぐらす。
廉価な発泡酒ではなく極上の飲み物。
アルコール度数0.0%でありながら
のど越し、後味の良さ、そして麦芽の香り。
極楽浄土の蓮が月光でしずしずと開くような
感動を与えてくれる。
(飲む人の味覚が汚れていなければ)
アルコール分がないことがかえって
風味に良い影響を与えているのは確か。
ビールと並んで置かれていたら
迷うことなくこちらを選ぶ。
エビスでも?
たぶん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな山野草を見つけた。
これもJpegそのままながら色が生きている。
シソの仲間のようだが、名前が知りたい。
DSXE4336.jpg

沢沿いの湧き水ではわさびが。
DSXE4338.jpg

いざ、滝に参る。
DSXE4341.jpg

D7K_9921-1.jpg

イワタバコが神の使いの眷属のようで。
DSXE4342.jpg

DSXE4378.jpg

XF35mmF1.4 R
DSXE4344.jpg

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
DSXE4357.jpg

垂直の岩壁に垂れ下がる花がある。
白から薄紫のウナズキギボウシ。
D7K_9941.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
再び別の場所でタキユリを見る。
DSXE4391-1.jpg

DSXE4392.jpg

DSXE4395.jpg

DSXE4397.jpg

ご先祖の墓参りの道中に咲く。
祖先の霊もなぐさめられる。
DSXE4407.jpg

DSXE4408-1.jpg

XF35mmF1.4 R → f1.8の妖艶な世界
DSXE4415.jpg

同じくf4.5。鮮鋭度は増しながらも立体感は失われない。
DSXE4418.jpg

DSXE4441.jpg

D7K_9828b.jpg

― さてと、カノコユリの感想はいかがでしたか?
― 幼い頃の記憶が思い出されました。

言葉にならない感動を与えてくれる。
はるかな未来までその精神とともに受けついでいきたいもの。
DSXE4315c.jpg


FUJIFILM デジタルカメラミラーレス一眼 X-E2ズームレンズキット ブラック F X-E2B/1855KIT

フジノンXFレンズ


posted by 平井 吉信 at 18:44| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: