2023年08月11日

入道雲遙か さよなら夏の日


「さよなら夏の日」は山下達郎の名曲。
10代の頃、ガールフレンドととしまえんのプールに行って雨に降られたことがモチーフとなっていると聞いたことがある。けれど都民の思い出のとしまえんも2020年8月31日で閉園した。

青に浮かぶ入道雲は空と海の境目を消して軽々と青を浮かべては深沈と青に沈む。
焦燥感と大胆な行動が隣り合わせで、できないことだらけなのに、できないことなどないと思える日々の象徴。広げては広げてさらに広げたくなる。それは無茶かもしれないが、広げなければ生きていてもつまらない。どんなに青くてももっと青くても(だれかが言っていたね、「愛してるの言葉だけで強くなれる気がした」って)。
DSCF2978-1.jpg

時代とともに色が薄れていくけれど、みかけの青の後にあるどっしりとした階調が見え始める。
分別というよりは本質、できないことができていく代わりに、できないことは増えていく不思議。
DSCF2978-2.jpg

さらに色は淡くなって忘却の彼方に沈んでいくけれど、できることが少なくなる。でも絞り込んでいくと、見つめる視点は深く、それなのに視野はさらに広がる。
DSCF2978-5.jpg

この海の深さは比類のないもの。動けなくなるほど。
遙かな入道雲は生きてきたみちを地平線に投影して見るようだ。

(美波町志和岐にて。フジX-T5+XF60mmF2.4)

写真を撮るって愉しいよね。心が感じたときにシャッターを押しているという感じ。そのときにカメラを無意識でダイヤルを回して絞りやシャッター速度、ISO、フィルムシミュレーション(画質設定)に触れている。一連の儀式のような操作がまた愉しい。スマートフォンでは永遠に追いつけないヒトの官能性に訴求するところ。「映える」画は見ていて疲れるだけ。AIでつくりこんでいない画は心にすうっと入ってくる。
 
タグ:
posted by 平井 吉信 at 22:14| Comment(0) | 生きる

河畔のタキユリ(カノコユリ)と庭のカサブランカ


徳島県南部の里山では比較的見かけるタキユリ(カノコユリ)。崖や傾斜面から下へ向けて首を垂れるように咲くのが特徴。民家の庭先でも咲いているが、その際は直立する。

徳島でタキユリが咲くのは7月中旬以降である。夏の風物詩という感じがする。タキユリが雨中に霧を帯びて咲いている姿を見ると妖艶かつ神秘的である。
DSCF3753-1.jpg

DSCF3822-1.jpg

DSFT3459-1.jpg

DSCF2300-1.jpg

DSCF2305-1.jpg

タキユリが咲く近隣の民家の庭では直立していることから(近所でタキユリが咲いているのに園芸店からカノコユリを買うことはないでしょう)、屋久杉とスギのように(外観の違いは自生地が異なるだけ)、タキユリとカノコユリを区別(変種扱い)する必要はないと個人的に考えている。

ところで数年前から庭に白いユリが自生するようになった。近くにタカサゴユリが咲いていることからそれが流れてきたのだろうと思っていた。深く追求せずに今年も咲いたその花を見ると、タカサゴユリではないことに気付いた。
DSCF1763.jpg

はて? 家人を問い詰めると慶弔の花としてもらったカサブランカを挿し木したら増えたというのだ。ヤブをかき分けてみると数株がヒイラギの隙間を縫って伸びており、ろくろ首のようでもある。垂直に伸ばせば背丈よりも高いだろう。
しかし画像検索で見るカサブランカとは少し違うようにも感じる。似ているのはシロバナのカノコユリである。もっともカサブランカの原種のひとつがカノコユリのようで似るのも当然かもしれない。
DSCF1788.jpg

DSCF1819-1.jpg

DSCF2103.jpg

DSCF2543-1.jpg

ヒグラシの鳴く河畔のタキユリは蒸し暑い空気をしずしずと切り分けてぽぉっと咲きおろす。
DSCF2241-1.jpg

DSCF2323-1.jpg

DSCF2284-1.jpg
タグ:タキユリ
posted by 平井 吉信 at 17:20| Comment(0) | 山、川、海、山野草

今週のらんまんから ヤッコソウ


らんまんファンのための投稿として。
撮影したのは11月中旬で場所は徳島県南部。この付近が日本でヤッコソウの北限とされている。四国では徳島県南部から室戸岬にかけてと四国西南部でシイの木の根に寄生する植物(椎の実=どんぐりを食べたことがある人もいるだろう)。発見された当時は四国西南部の海に近い山域ではないかと推察。葉緑体を持たず光合成は行わないが、虫を寄せる甘い蜜を出して受粉のきっかけとしている。

ヤッコソウが自生するのは、人里離れた場所ではなく標高はさほど高くないが、湿度感が感じられる照葉樹の森の一角。神社の境内の森などでも見られる。
DSXE6667-1.jpg

DSXE6673-1.jpg

やがて山頂に到達。眼下に海と川と山が一体となったまちが広がる。
D7K_1321-1.jpg

DSXE6692-1.jpg

単独で自生するのではなく群れている。
DSXE6703-1.jpg

DSXE6699-1.jpg

岩陰などに見かけることが多い。
D7K_1341-1.jpg

D7K_1337-1.jpg

DSCF4491-1.jpg
ドラマではお遍路さんに見立てたが、怪獣のようでもあり。牧野富太郎に勇気を与えた植物(発見)であったかもしれない。
タグ:らんまん
posted by 平井 吉信 at 14:21| Comment(0) | 山、川、海、山野草

阿南市福井町辺川の棚田


国道55号線から由岐方面へと向かう県道日和佐小野線からさらに細い路をたどっていくと風情のある棚田と里山がある。
DSCF3942-1.jpg

DSFT3755-1.jpg

DSFT7064-1.jpg

DSFT7107-1.jpg

DSFT7102-1.jpg

ミゾカクシという名の植物は高貴な植物に似ているけれどどちらかといえば雑草扱い
DSCF2794-1.jpg

さらに奥へ行くと木立の高い森に包まれた八幡神社がある。ジブリが好んで描きそうな場面
DSFT3758-1.jpg

DSCF8862-1.jpg

DSFT7094-1.jpg

DSCF8864-1.jpg

神社から見下ろす棚田は影絵のよう
DSCF2802-1.jpg

DSCF8861-1.jpg

福井川源流の支流辺川が棚田のある里山を流れる。
DSCF2812.jpg

ここの棚田はこの水もしくは水利に恵まれて井戸水を使っているのかも。
DSFT3762-1.jpg

帰りがけに桑野町の田園と踏切を歩いてみる
DSFT3775-1.jpg

DSCF3946-1.jpg

松岡直也の「夏の旅」の1曲目「日傘の貴婦人」が聞こえてくるよう。
タグ:里山 福井川
posted by 平井 吉信 at 00:29| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2023年08月08日

何度でも幾度でも田園を走るJR牟岐線のローカル 窓の外に稲穂の海が見えたはず


田井ノ浜臨時駅からの帰りに、牟岐線が見える場所で停めた。
たわわに実る田園をしあわせそうに走る1200型。
汽車のなかで本を読んでいる若い女性が見えた。
DSCF3021-1.jpg

良い時間を過ごしているね。でも、いま外を見たらもっとすばらしいよ、夏の太陽が沈む前に照らす斜めの光と吹き渡る風が稲穂の海を浮かび上がらせているよ、と伝えたかったけど。
DSCF3030-1.jpg

汽車は万感の想いを込めて遠ざかっていく(などと書くと銀河鉄道999風だね)
DSCF3037-1.jpg
タグ:JR四国
posted by 平井 吉信 at 20:43| Comment(0) | 山、川、海、山野草

田井ノ浜臨時駅最後の夏 牟岐線の廃止は止められないのか


前回に書いたように田井ノ浜周辺は里山と渚が隣り合わせとなっている。強い日射しが射し込む季節は、せみしぐれ、潮騒、渚から吹く風が林を吹き抜ける音の粒立ちが夏そのもの。

そして夏が好きなぼくは夏に惹かれてそこに立っている。
きょうは田井ノ浜臨時駅の今年最後の一日だから、何度見ても見飽きない田井川のマングローブに咲くハマボウがあるから、というのが来訪の理由。

田井ノ浜と線路の間に柵はないが、浜に並行する道路には柵がある。柵がないところは林があってプラットホームを隠している(写真左側の林)。
DSCF2912-1.jpg

ボタニカルなアートを見ている。
DSCF2898-1.jpg

林の一部に穴があって臨時駅と田井ノ浜が見通せる場所がある。アリスの急ぐうさぎはこの路を通ったに違いない
DSCF3969-1.jpg

汽車(徳島の人間はそういう。実際に県内には路面電車もなければ鉄道も電化されていないので)を待つ間に田井川のハマボウを散策しよう
DSCF3974-1.jpg

もう花は盛りを過ぎたと思うけれど、またつぼみもある
DSCF2946-1.jpg

花は少なくなったが、咲いている花はそれぞれがそこにいるよといっている
DSCF2907-1.jpg

DSCF2900-1.jpg

DSCF2902-1.jpg

遠くで踏み切りの警報音が小さく聞こえてきた。線路へと近づく(撮影は柵の外から行っている)
DSFT3804-1.jpg

DSFT3805-1.jpg

DSCF2925-1.jpg

これは牟岐線のようなローカル線を走る1200型(1500型もある)。駅のトイレが廃止されていくなかで列車内にトイレが備えられている。ワンマンで運用されることも多い。ぼくが通学していた頃の普通列車はトイレはなかったが、窓を開けることができて、4人掛けの対向座席に1人で座って窓から入ってくる田園の風を受けながら生きている実感がした。陳腐といわれても青春かな。
→ JR四国の車両情報

この緑色の車両とは別にトイレのない従来型のキハ47形1000番台も牟岐線を1日1回ぐらい走っているのを見かける(あのなつかしいオレンジ色の車両ね)。

でも阿南以南の牟岐線はいまや廃線の危機にあり、JR四国の運営改善だけでは如何ともしがたい。そもそも国鉄を分割民営化する手法は正しかったのか。儲かる路線の収益で国土の隅々まで必要な路線を維持管理する考え方が正しいのではないか。

若い頃の話だけれど、阿佐海岸鉄道(いまDMVが走っている路線ね)の提言募集に応募して、知事と町長名で表彰されたことがある。沿線住民の視点(日常)と旅行者(非日常)の視点から活性化を考えたものだったと記憶している。

それから数年後、その町長からまちの施設を運営する会社の非常勤取締役に請われて任に就いたことがある。町長(立派な人格者であった)は提言者とはすぐにお気づきにならなかったが、これもご縁である。
その後、総支配人や料理長とともに改革を推し進めようとしたが、新たな社長と意見が対立して辞任することになった。利害とは無関係に正論で動く人間は煙たがられるのである。だから生きていて気持ちが良いのだとも思うけれど。

話が脱線したが、列車は脱線しない。だってのんびりと走る牟岐線だから。

posted by 平井 吉信 at 20:23| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2023年08月07日

台風とともにコロナにご警戒ください


台風6号は動きが遅いため、長時間の降雨や線状降水帯の発生が懸念されます。
そこで台風を中心とした災害情報のリンク集を提供しております。
(以下をブックマークしてください)
http://soratoumi2.sblo.jp/article/184340384.html

この情報のほとんどは海陽町在住の日比光則さん裕子さんご夫妻の提供によるものです。


台風で換気が難しくなるここ数日、コロナ感染が懸念されます。
時間を見て少しずつでも換気を行ってください。
できれば全熱交換器や第1種換気(機械吸気+機械排気)で空気の流れをつくること。

サーキュレーターの使用もおすすめです。サーキュレーターは24時間365日使うので基本性能が大切です。低消費電力のDCモーター仕様は必須(1万円以上が目安)、気流の流れをつくるには首を振らさず固定します(首振りタイプは可動部が故障や騒音の原因となるので最初から首振り機能なしを選びます。そもそもサーキュレーターは扇風機ではありませんので)。

毎日新聞デジタルに寄稿されている谷口恭先生(谷口医院院長)は、先月に自身が初めてコロナに感染したが、数時間の軽症に終わった経験をもとに書かれています。航空機での出張中に食事をしてしまったことが原因と推察し、従来から続けられてきた鼻うがいが有効であったこと、かかりつけ医への相談が前提となるが、悪寒を感じたら麻黄湯の服用が効果的だったとしています。
(参考記事「私のコロナ感染 発症数時間ですっかり回復」(2023年8月7日、谷口恭・谷口医院院長。毎日新聞デジタルには有益な記事が多く有償契約をおすすめします)。

私は外出から帰ったらただちに鼻うがいをしています。密室での会議など感染の可能性が高い場面を離脱すると出張先のトイレなどでもただちに実施しています。鼻うがいのおすすめは以下の製品です。
ハナノアb シャワータイプ(https://www.kobayashi.co.jp/seihin/hna_s/

上記のタイプが経験上からのおすすめで、ドラッグストアならどこでも入手できます。付属の洗浄液は出張時のみの使用にとどめ(食塩水を持ち歩けないため)、家庭では食塩水を使用するとより快適です(生理食塩水の濃度=つんとしない、ぐらいであればだいたいで可)。花粉症の人は鼻のすっきり感が違ってくるという副産物もあります。風邪を引きにくくなると谷口先生も言われています。

谷口先生のような最高に警戒している方でも感染が起こりえるということは、マスクをしていない人(あるいは付け方が不十分な人)は感染予備軍もしくは感染者かもしれません。五類になって「見たくないものを見ないふりする」コロナですが、現状でもすでに大流行の可能性が大きく、盆明け後に非常事態宣言が出ることも含めて予測対応しておくべきです。

コロナを根絶することはできません。2019年12月以降はコロナとともに生きる人類社会となったと考えるべきです(コロナの根源の理由がなくなっていないため)。鳥インフルエンザのヒト型変異の可能性や亜熱帯の風土病の温帯への上陸など、感染症対策は日常化していくことになります。

事業所においては二酸化炭素濃度は700PPM未満を目標に、マスクについては家庭では家族1人あたり200枚、職場では従業員1人100枚を最低基準に備蓄を行ってみてはいかがでしょうか?

台風も感染症も備えあってこその人生。それこそが幸福に生きる前提です。

追記
コロナが根絶できない根源の理由とは何かという質問をいただきました。
COVID-19のような感染症はヒトや家畜が未知のウイルスとの遭遇がきっかけです。
そのウイルスは熱帯雨林など未開の地にいます。
(ただしアマゾンなどの熱帯雨林はヒトにとって有益な効能を持つ微生物や新薬開発のきっかけとなる遺伝子資源の宝庫でもあります。それゆえに熱帯雨林を破壊してはならないのです)

ヒトが未開の地を開拓(破壊)しつづける限り、未知とのウイルスや風土病との遭遇はなくならず
ヒトが世界中に移動する現代は拡散を止めることも不可能です。
さらに温暖化が熱帯地方の風土病を北上させています。
そのうえ、ウイルスの突然変異、他の生物を媒介にさらに危険度の高い変異(例えば強毒性の鳥インフルエンザがヒト型化するなど)の怖れがあります。

つまり、温暖化と熱帯雨林の破壊(開発)とヒトの移動という3つの根源要素がなくなることはないのでコロナは撲滅することはなく、ヒトの社会と折り合いを付けて共存していく段階に入ったと考えるべきです。コロナひとつをとっても終息することはありえない以上、熱いからといってマスクをはずせない社会となっていることに気付くべきです。
(屋外で人が少なければマスクは不要ですが、ヒトが集まる場所では野外でも必須です。盆に阿波踊りを見に行く方はマスクを忘れずに。自身の安全を考えれば踊り手もマスクは必要でしょう。コロナ感染は後遺症によるQOLの低下や命の危険が伴います。ヒトの命の重みに思いを馳せて行動してください)




posted by 平井 吉信 at 10:59| Comment(0) | 生きる

2023年08月05日

稲穂の海をわたる列車 豊葦原瑞穂の国に願うこと(JR牟岐線)


日本の夏でもっとも美しいもののひとつが稲穂の海だろう。里山を吹き渡る風が波のようにうねる光景に熱くなる。外国人のYouTuberが「めっちゃきれい!」などと(ぼくにとってはどこが?と思えるような)景色に感動(したふり?)しているのを見ると、日本の夏は田舎の日常にこそ美の感性が宿ることに普遍性があるようにも思える。

そして稲穂の海をどこまでも伸びる線路をローカル線の列車がコトコトと航海する。空には入道雲、ところどころに民家、畑、竹林、桜並木、神社、ひまわり、石仏など配されている里山の光景は、ジブリ、京都アニメーション、新海誠監督などの日本のアニメで描かれてそれを見た海外の人が感性レクを受けている、のかもしれない。

JR牟岐線は稲穂の海を走る。
DSCF3950-1.jpg

付近の田んぼを歩いてみた。
DSCF3952-1.jpg

DSFT3783-1.jpg

DSFT3788-1.jpg

そのときゴトゴトと音が響いて2両編成のディーゼル車が田園を横切った。
DSCF2821-1.jpg


付近の駅の時刻を調べてみると、奇跡的に20分後ぐらいに走ることがわかった(その次の通過は2時間以上後だった)。

線路の脇に不動明王像があった。踏切を横切る人の安全を願って事故の魔物を寄せ付けない祈願だろうか。
DSCF3961-1.jpg

足下にアマガエルがうずくまっていた。この日照りにこんなところで(確かに日陰側=写真的には逆光=ではあるが)。明王の使いとでもいうのか
DSCF2876-1.jpg

列車は計算された時刻にやってきた。太陽が雲に隠れて光線は平坦になった。
DSCF2862-1.jpg

DSCF2849-1.jpg

人が歩く路にあぜ道が直行し、線路が交わり、山裾に集落が横たわる里山の夏。
DSCF2823-1.jpg

DSCF2829-1.jpg

豊葦原の瑞穂の国への限りない思いをとめられない夏。
DSCF2835-1.jpg

心に響いてきたのはPPMの「500 Miles」。500マイルは時間や距離だけでない「なつかしい隔たり」の数字に思える。
タグ:里山 JR四国
posted by 平井 吉信 at 20:57| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2023年08月04日

夏空に浮かぶ一朶の雲を眺める 田井川のハマボウ自生地から


田井ノ浜に注ぐ田井川という感潮河川がある。河口から少し遡ればハマボウの自生地がある。
DSCF2185-1.jpg

ほとんどの人は海水浴だけで満足して帰っていくけれど、田井川河畔のハマボウを見ないで帰るのですか?
DSFT3425-1.jpg

ハマボウは夏の太陽に愛されているんだね。
DSFT3429-1.jpg

でもハマボウは夏のぎらぎらではなく、夏の朝のめざめのような色彩かも。
DSCF2194-1.jpg

DSCF2203-1.jpg

DSCF2210-1.jpg

DSCF2220-1.jpg
Pat Metheny Groupの音楽が聴きたくなる。「想い出のサン・ロレンツォ - "San Lorenzo"」ね。

DSCF2233-1.jpg
田井川から由岐I.Cへ向かう道でどこまでも高みをめざす一朶の雲を見た(見上げた)。

追記
これだけの条件を揃える海水浴場がほかにある?
@I.Cから下りてすぐにある
A無料駐車場がある
B水質が良い
C自家用車を持たない人のためにJRの臨時駅が置かれる
Dプラットホームを下りたらそこは渚。駅舎が監視塔も兼ねる
E浜に注ぐ川にはマングローブの生態系
Fマングローブでは夏にはハマボウが咲く
G近傍には縄文時代の遺跡(数千年前から暮らしやすい場所だったんだね)
Hヒメボタルが飛ぶ場所が近くにある(未確認)
posted by 平井 吉信 at 23:22| Comment(0) | 山、川、海、山野草

4年ぶりの田井ノ浜臨時駅 振り返るとそこにはもうない夏


2023年は7月15日からJR牟岐線の田井ノ浜海水浴場に臨時駅が開設されている。上り下りでそれぞれ1日3便が停車する。
DSFT3436-1.jpg

田井ノ浜臨時駅は、砂浜の一部がホームになったような、遊泳監視塔と駅が一体化したような、夏の太陽が鉄の線路と海の砂に溶暗していくような、そして振り返るとそこにはもうない蜃気楼のような。
DSFT3430-1.jpg

列車には平日でも必ず乗降客がいるが、浜は空いている。
DSCF2225-1.jpg

これを見ていると、人が少ないことって良いことではないかと思える。人口減少とは人が活躍できる余地が増えるということ。
DSFT3715-1.jpg

DSFT3720-1.jpg

DSCF2763.jpg

雲が多い天候ではあるけれど、海水浴にはちょうど良いかもしれない。
DSCF2749-1.jpg

この線路はさらに南をめざす。カーブの向こうにはどんな場面があるのだろう。
DSCF2779-1.jpg

8月6日までの駅と渚を見に行けば夏はもう半分をとうに過ぎていることに気付く。
タグ:田井ノ浜
posted by 平井 吉信 at 23:05| Comment(0) | 山、川、海、山野草