2023年07月17日

街が壊れ社会が壊れ 現在から未来が消える日本


きょうもスーパーで買い物の帰りに生まれた街を遠目に見る。子どもの頃の街は、こうだった。
自宅から徒歩3分圏内に八百屋と市場が5軒あり、良く買う店はあるが、どの店でも分散して買うようにしていた。

徒歩5分で映画館が2軒あった。同じく5分ぐらいで本屋が2軒、ひとつは5階建て、もう一つは広めのフロアの2階建て。駅から歩いて帰るまでに天文学の専門書を立ち読みすることもできた(子どもの頃は天文学者になりたかったので)。

子どもが遊べる土の広場が徒歩3分で2ヶ所にあり、ひとつは樫の大木と神社を従えていた。もうひとつは時計台と森とブランコがあった。草野球、ろくむし、温泉、缶蹴り(すべて子どもの野外の遊び)をするのなら前者、かくれんぼや虫取りをするのは後者、そしてこの2つを組み合わせれば陣取りもできた。陣取りは遊びの総決算、ロングバージョンともいえるもので、知恵と冒険と協力、組織としての戦略などを折り込んでなおかつ体力を要求する究極の遊び。

この2つの公園の間を線路が横たわる。遮断機を下ろすのは人の手で丸いハンドルを回して上げ下げする。そして長く連ねた客車がいつ果てるともなく踏切を過ぎるのを待たなければならなかった(10両程度はあっただろう)。

2つの公園の間には駅が2つあった。駅と駅の間隔は60メートルぐらいだが、それぞれ別の駅名とプラットホームと利用者層まで違っていた。日本でもっとも短い国鉄の路線でなかったか。

前者の駅は四国に航路でやってくる人たちが乗降する駅、後者の駅は市内から放射状に集まる道の交点にある生活者の駅。中学生になってこの駅から7時7分発の快速列車で私立中学へ通っていた(当時は13分の乗車時間であった。いまは20分以上かかるだろう。時代とともに速度が遅くなったのか?)。この線路は昭和の終わり頃に廃線となった。

いつもこの時代が今より良いとは思わない。川や海には公害があり、タバコは飲食店でも職場でも、職員室や病院でも吸っていた時代。ぼくはこの臭さが嫌いで人生を通じて1本も吸ったことがない。興味のないことをやらないことで、やりたいことに全力を注げるという生き方は子どもの頃から。

昭和の終わり頃として、平均的な給与はいまと同じか高かった。消費税はなかったか、あったとしても3%だった。田舎の工業高校やら普通科の高校を出て就職した若者が、アルマーニのスーツやツインカムエンジンの車、高級オーディオ(ヤマハのNS1000Mなど)を買っていたよ。

物価は明らかに安かった。円は安かったが、やがてその価値が上がり、ぼくが記憶しているガソリンは80円台(いまの半額ではないか)ぐらいで入れられた。円が高いので大学生がバイトで小銭を貯めては外国旅行へ普通に出かけていた。

郵便局に10年預けたらほとんど倍近くになって戻ってきたよ、1年間100万円を預けたら7万円の利息がもらえたよ、などというとウソのようだが、ほんとうの話。金の延べ棒だって1グラム1000円少々で買えたから(いまは1万円近いのでは?)。

小さな八百屋や電気屋、氷屋、薬局を営む世帯の子どもも大学へ通えた(うちの近所の薬局の息子はNHKの記者になってテレビで何度も見かけた)。自転車がパンクしたら、直してもらえる自転車店は子どもが押して持参できる距離に何店もあった。刃物が切れなくなった、ミシンの調子が悪く油切れかも、というときにすぐに小さくても専門の店があった。餃子を食べたい、中華そばやラーメンが食べたい、すしが食べたい、うどんが食べたい、お好み焼きが食べたいと思ったら電話ですぐに持ってきてもらえた(Uber Eatsがなくてもどこの飲食店も近所の出前はやっていた)。

いまはどうだろう。金持ちはうんと金持ちになったが、中流以下の大多数の世帯は貧乏になった。消費税は10%になり、しかも数年以内に20%程度まで上げようと目論む勢力がいる。小規模事業者にも課税するインボイスは実は大企業にとっても厄介な制度。デザイナーや著述業、フリーカメラマン、アニメーター、声優などクールジャパンなどともてはやされた人たちの廃業の危機があと数ヶ月に迫っている。

今や国民の所得に対しての税負担率は50%を超えて60%に達しようとしている。これだけの税金を納めたら北欧のようにゆりかごから墓場まで暮らしを保障してもらえるのかというと、そうでない。

ことあるごとに自助努力が大切と称して弱者を切り捨てていく。国に寄りかかる人たちは甘えているという考え方。しかし大半の人は努力を重ねても報われない。なぜそんな国になってしまったのか?

納めている税金は一体何のために使われているのか? どこにお金が行っているのかを国民が知ろうとしない限り、今の政治家たちは喜んで政治家を続けるだけ。

理想の国を作るには税負担をどのように設計し、どのように再分配を行うか、増税一辺倒の政策なき欲望に国民は声を上げなければ、未来はおろか現在も壊れてしまう。

誰も喜ばない制度として、マイナカードの紐付け(個人情報は芋づる式に紐付けしてしまうとたった1枚のカードからの漏洩でその人の人生が終わりかねないリスクがある)はやってはいけない。ただ残念なのはマイナカードを返納してもしくみはなくならないので自分の知らないところで自分の個人情報が漏れている怖れがある。この制度はいったい誰のため? 

サラリーマンの通勤手当などにも課税されるという。しかし国会議員はタダで公共交通機関に乗れるという。身を切る改革とのたまうどこかの知事のように1日の出勤で100万円をらえるかもしれない。

経済政策も間違えている。株価を上げる政策(カンフルを打たなければ上がらない)ではなく、株価が上がる政策をやらなければならない。それは国民一人ひとりが幸福を感じられる社会をつくること。それが内需の拡大、未来への夢を実現する行動を呼びおこし、科学技術や学問の世界で羽ばたくことができる。まずは格差をなくすこと、貧乏を根絶すること、生まれながらの不利なスタート地点を全員同じ場所に立たせること。

心理学では常識だけど、人は幸福感がなければ成功することはできない。成功するから幸福になるのではなく、幸福は成功の出発点ということ。だからまずは国民を幸福にすること。幸福とはなにかを定義して、その実現の処方箋を明らかにして、全力を傾けること。それが政治だろう、

その最初の過程で株価は下がるかもしれないが、それはこの国の実態経済なんだから仕方ない。しかし時間とともに株価は自然体で上がっていく。アベノミクスと黒田バズーカでの低金利政策・円安誘導は経済の衰退を加速してしまった。

つまらない政治の世界であるが、選んだのは有権者。無関心や知ろうとしないことで自分も周りの人間も社会も未来もダメにしてしまう。勉強すればいまの政治がやってはいけないことばかりをやっているのはすぐにわかる。偏った情報を鵜呑みにせず曇りのない目で世の中を見て欲しい。

このまま政治家に勝手なことをさせていると、幸せな国民が住む国には戻せなくなる。しかし処方箋はある。大企業も農家も子育て世帯もおひとりさまも高齢者も身障者も等しく幸せになれる。そんな方策はある。

結局、政治に期待するorしない(それは傍観者、評論家のコメント)ではなく、自分たちがつくっていく社会を、ありたい未来を描いて、それに近づける誰かに託すことからやっていくしかないではないか。
(マグマが溜まったら毒を吐かなければやってられないのでご勘弁を)
posted by 平井 吉信 at 23:43| Comment(0) | 生きる

室戸岬の小径 海からの風を感じる暑くても過ごしやすい一日


前回からの続き)
DSCF1267-1.jpg
夫婦岩から見えていた室戸岬にあっという間に到着。信号がなく、車も少なく、左手に太平洋と右手に山、そして道路の彼方を見ている26km区間。

室戸岬は断崖絶壁ではなく渚を歩くめずらしい岬。それでも海洋深層水が湧き上がる深海が陸のそばまで迫り、四国の東南部から黒潮にぶつけるようにぐいと突き出した地形はジオパークそのもの。

夏の日射しの下、どこまでも歩いて行こう。夏の岬は意外に気温が上がらず四国でも過ごしやすい場所。海からの風を感じているとどこまでも歩いて行けそう。
DSCF3455-1.jpg

道の両側を彩るハマゴウはシソ科の低木
DSCF1272.jpg

岬には「ハマ」で始まる植物が多い。ハマナタマメ
DSCF1285-1.jpg

DSFT3110-1.jpg

DSCF1332-1.jpg

不思議なのは四季を通じて花を見かけること、同一種の花期が長いというか。冬に咲くシオギクが真夏に咲いているのも奇妙。背後の白い花はハマオモト
DSCF1293-1.jpg

ハマナデシコも岬では一年中咲いている印象。真冬に咲いていてオオキンカメムシが群がっているのを見たことがある
DSCF1330-1.jpg

ノアサガオ
DSCF1362-1.jpg

ハマゴウにはクマバチが寄ってくる 飛んでいるところをなんとか写せた(X-T5+XF60mmF2.4 R Macro、AF-C)
DSCF1306-1.jpg

DSCF1311-1.jpg

DSCF1321-1.jpg

ウチワサボテンは外来種。在来の生態系への影響から地元では駆除しているのだがすぐに再生する厄介者
DSCF1327.jpg

同じく黄色い花だが、こちらは在来の希少種のミズキンバイでは?
DSCF1337-1.jpg

カモメヅル属のイヨカズラか? 
DSCF1368-1.jpg

ジオパーク地形を眺めながらの道は続いていく
DSCF1356.jpg

DSFT3133-1.jpg

DSFT3141-1.jpg

DSCF1354-1.jpg

DSFT3116-1.jpg

鉱物に詳しい人がいたら岩石のことを教えてもらうのだが。ハマヒルガオの花期は終わっている。グンバイヒルガオも分布していると聞いたがこの日は見当たらなかった。おそらく秋ではないか。
DSCF1335-1.jpg

散策路からはずれて渚を彷徨えるのも室戸岬の魅力 二人の時間を潮騒が盛り上げてくれるはず
DSCF1341-1.jpg

DSCF1273-1.jpg

DSFT3111-1.jpg

散策しているとどこが岬の先端なのかわからない。そこにあるのは渚の連なり
DSFT3120.jpg

DSFT3136-1.jpg

DSFT3143-1.jpg

散策路は海岸沿いと国道55号線の間で内陸をも彷徨う。そこには岩を抱き込んだアコウやクワズイモ。室戸らしい生態系。
DSFT3129-1.jpg

四国東南部から大きく太平洋にせり出した室戸岬の暑い一日。道はまだ続いていくのだから。
DSCF3460-1.jpg
タグ:室戸岬
posted by 平井 吉信 at 17:51| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2023年07月16日

ようやく夏の日照りがあらわれたので 漬け梅の土用干し


このブログは梅干し、梅酒、梅コンポートづくりをよくとりあげるけれど、子どもの頃から梅が好きなので仕方ない。市販品には満足しにくく、特に梅酒の量販品(高級品含む)はどれだけ高くてもうーん?という感じ。

梅の酸味を活かしたいので砂糖を控えめにしたい。すると衛生管理に手間がかかり抽出にコツが要る(梅酒をつくれば材料費だけでも1千円やそこらでできないことがわかる。販売価格数百円の梅酒ってなにそれ? 梅の味がしないし)。それは高価な商品でも生産性(原価に対する利幅)が求められるのは同じ。それに求める風味も違う。もっと素材感のあるものが欲しい。だから自分がつくるしかないのだ

梅干しは複数の樽で紫蘇の量を変えて付けている(塩分濃度は15%に統一)。しその風味が勝ちすぎると梅を支配してしまうので、しその多い少ないのムラを意図的につくって干すときは一斉に干す。色が多様なのはそのため。梅の表面の照り返しを見ていると、夏が来たという感じだね。
DSCF1904.jpg

DSCF1910.jpg

追記 土用干し2日目
DSCF2098.jpg
タグ:
posted by 平井 吉信 at 10:20| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2023年07月14日

新しいカメラで少年のように植物園に通うボタニカルな午後3時


おなじみの読者のみなさまは思っていらっしゃる(閲覧者の多くないブログだけど)。ネタに困るとまたまた出てくるとくしま植物園。よっぽど好きなのね、ボタニカル少年(?)なのね、などと思わないでください。

新しいカメラを追加したのでご近所で植物や公園を写してみたくなっただけ。
(とにかく立体感が卓越している、絵のような表現というより現実感、現実より先鋭な現実を見せられているよう)
DSCF1415-1.jpg

DSCF1416-1.jpg

DSCF1419-1.jpg

DSCF1431-1.jpg

DSCF1439-1.jpg

DSCF1393-1.jpg

DSCF1399-1.jpg

DSCF1412-1.jpg

機材自慢やコンテストなどには興味がないし、SNS映えなどまったく。ただ心を動かされた瞬間が大切でその結果が閉じ込められる。そこに愛おしさを覚える。
不思議なのは、新しいカメラを買ったからといって古いカメラの稼働は減らないこと。あまり使わなかったレンズ(超広角)を付けっぱなしにしてむしろどんどん使うようになった。さらに古いレンズを新しいカメラに付けたら古いレンズが別人のごとく動き出したこと。うーん、新旧の出会いは新鮮であったということか。

人生は年とともに責任と制約が増えるけれど、やりたいことも増えていく。その際にやりたくないことは減らしていけば。意識して引き算をしていれば(2021年にキャリアが停波するまではPHSを使ってスマートフォンを使っていなかったように)、自分の価値判断でやらないことを増やしていけばいい。
でも、人って、植物と土と水と波と雲から離れたくない生き物なのでは?

ここへ来るなら夏以外は夕方がおすすめだけど、夏は夕方こそ人が増える。その点昼下がりなら誰もいない。ニートな午後3時でしょうか。

posted by 平井 吉信 at 23:06| Comment(0) | 山、川、海、山野草

しっとりとした里山 雨上がりの赤松地区(美波町日和佐)


大戸地区から薬王寺方面へ向かう途中でくるりと右旋回して丹生谷(那賀川流域)をめざす道がある。道幅は広く快適でこれによって赤松地区は日和佐中心部から15分で到達する。大戸からもそれぐらいだ。赤松地区は、日和佐にありながら日和佐川流域ではなく、那賀川流域である。ゆえに降った雨は美波(南)をめざさず北へ流れる。

この日は仕事で訪れたもの。訪問先の社長と取締役との素朴なやりとりに話が弾んだ。どんよりとした一日で、集落を流れる赤松川も。
DSFT3168-1.jpg

ところが、河畔のネムノキはいまが盛り。曇りの日だからこそ。集落の中心にある赤松中央橋から上流を見ると右岸にある。
DSCF3488-1.jpg

中学の頃、円通寺で勉強合宿に参加した。午前中の勉学時間のあと、午後からは水連と称して赤松川で泳ぐ。水は冷たくて5分といられない。女の子たちの視線を意識して左奥の岩場から飛び込んでみせた。


中央橋から奧へ行くとそこにも印象的な里山がある。清冽な水路に首をもたげた紫陽花。でもほんとうの主人公はあさみどりの葉。
DSCF3495-1.jpg

このあたりの集落は遠野という。
DSCF3498-1.jpg

みちのくの遠野の里山でのエピソードも愉しかった。それは「首をかしげた神様」とぼくが名付けたオブジェを遠野YHに泊まり合わせた若い男女4人で探した経験。

赤松川、美波町赤松地区ってなに? そう思う人は、こちらのタグからどうぞ。きっとこの集落の虜になる。

赤松や ああ赤松や 赤松や
タグ:里山 赤松川
posted by 平井 吉信 at 22:31| Comment(0) | 山、川、海、山野草

里山に浸るのは 大戸地区の北河内谷川沿いにヤブカンゾウが咲く頃


日和佐といえば、海山川の三拍子揃ったまち。カヌーエッセイストの野田知佑さんが終の棲家にされていたまち。

ぼくにとっては大戸地区の里山の印象が残っている。この集落は日和佐川支流北河内谷川を遡っていくのだが、阿南方面から来る人が多いのでまちへ向かう途中の集落と位置づけられる。

仕事の途中で弁当を食べることが多い北河内谷川の河畔の木陰にて
DSFT2180.jpg

D7N_7317_1.jpg

日和佐道路(高規格道路)ができてからは大戸地区を通る国道55号線の通行量は激減。それがかえって味わい深いということで、あえてこちらを選ぶ人も少なくないようだ。

かつてこの集落に魅せられて、ライツミノルタの40oレンズ1本にフジクロームで里山の夏を撮影に何度も通ったことがある。
DSCF1724.jpg

また、大戸地区から日和佐のまちへ向かう途中の久望のトンネル手前に立体コロシアムのような棚田があり、いつも見とれたものだ。これは2012年7月の北河内久望の棚田。
D7K_6112-1.jpg

それから11年が経過した2023年の7月、そこは夏草が生い茂る荒れた小山になっている。もうこの棚田たちを耕作する人はいない。
DSFT3326.jpg

さて、この集落の入口には新田神社が産土神として集落を見守り、境内には農村舞台がある。
DSFT3229.jpg

DSFT3241-1.jpg

DSCF6712-1.jpg

せみしぐれの洗礼を浴びながら北河内谷川沿いを歩くと小さな堰がある。
DSFT3234-1.jpg

そこからやや上流は樹木のトンネルとなって昼なお暗い水面となっている。そこに差し込む木漏れ日、河畔の草木などとともに浅い流れを見ると、良い場所だなと思って足が止まる。
DSCF6742-1.jpg

D7K_0814-1.jpg

DSCF1673-1.jpg

車道は谷川に沿って上流へ向かう道(これはやがて国道55号線に合流する)と左へ入っていく道とに分かれる。どちらも川の分岐である。左へと入れば豊かな里山の景色が見えてくる。
DSCF6812-1.jpg

やがて集落の最深部に到達するとそこで車道は終わる。さらにあぜ道を歩くと、久望の赤滝(赤い岩盤を滴る滝)がある。

久望の赤滝をめざそうとすると、どこからか3匹の飼い犬がやってきてワンワンと滝まで誘導する、というおもてなしが付いていた。飼い主の方に犬の名前を伺うと、「エス、ケープ、ゴマ」と名付けられていたと記憶している。見知らぬ旅人に吠えて警戒するのではなく、滝に行く小径がわかりにくいので案内する犬たちというわけ。

赤滝にたどり着くと、実はそこから沢をさらに訴求することができ、やがて黒滝が見えてくる。ぼくはここからさらに神秘の後世山をめざそうと探検隊を募って3度実行したが後世山へたどり着けなかった。実は星越トンネルから尾根伝いに行くルートがあるとしばらく経ってからわかった。阿南市新野地区から登るルートもある。

後世山の神秘についてはこのブログでも紹介している。

ところでこの地区の入口、国道55号線からも見えるあぜ道にカフェができていて驚いた。仕事の途中であったので立ち寄れなかったが、次回は寄ってみよう。うれしいのは野外であること。感染症を気にしないで入店できる。ぼくはエアコンを使わないので自然の風なのも魅力倍増である。
DSCF1935-1.jpg

DSCF1938-1.jpg

オーナーの方が開設したと思われる動画
https://www.youtube.com/watch?v=mdoXtC42DbQ

ノカンゾウが咲く大戸集落、もうすぐ梅雨明けとなる。
D7K_0843.jpg
タグ:里山
posted by 平井 吉信 at 00:32| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2023年07月12日

横須海岸の夕暮れ


JR鉄橋での列車を見たあと、近くの横須海岸に移動。金磯弁財天から海岸を西に向かって眺めている。時系列で列べてみた。
DSCF1740-1.jpg

DSCF1740-2.jpg

DSCF1740-3.jpg

DSCF1741-1.jpg

DSCF1743-1.jpg

DSCF1744-1.jpg

DSFT3283-1.jpg

DSCF1760-1.jpg

(フジX-T2+XF14mmF2.8 R、フジX-T5+XF60mmF2.4 R Macro)
posted by 平井 吉信 at 22:38| Comment(0) | 気象・災害

2023年07月07日

四国東南部の渚をめぐる(大砂海岸、大手海岸、白浜海岸、生見海岸)〜原始の海に注ぐ川が見えた〜


渚から渚へは平坦な道ではない。必ずひとやま超えるために坂を登る。漕ぐのを止めるとそれ以上進めなくなる。上からの直射と下からの照り返しでフライパンのなかにいるような夏。自分の汗で溶けてしまいそうだ―。20世紀のとある日、十七歳の夏。


.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★


もう数えることはできないぐらい訪れているのに、いまだに飽きることはない。
だって、風が違う、太陽が違う、水が違う、渚の人が違う。
同じ海に戻ることはできず、同じ渚でたたずむこともできず、それは時間と空間を積み重ねたから。

大砂海岸。こないた来たときは曇りだった。海は空を映すから、空は海を包み込むから。
色が違うでしょ。
DSCF1185-1.jpg

誰もいないと思ったら親子3人が波打ち際で砂にしゃがんで海を見ている。Web用に縮小しているからわからないと思うけど。あなたたちだけでこの透き通る海を独占しているのですよ。
DSCF1188-1.jpg

県境に近い那佐湾は筏が浮かぶ静かな入り江。湖面のようだ。
DSCF1190-1.jpg

湾をたどる小径を歩く人はほとんどいない。麦わら帽子のランニング姿の少年が歩いて行く心象風景のようで。
DSCF1192-2.jpg

DSCF3432-1.jpg

徳島最南端の渚は大手海岸。消波ブロックの間から押し寄せる波が劇場のようだ
DSCF1198-1.jpg

DSCF1201-1.jpg

ホテルリビエラししくいは全室オーシャンビューで、満月の宵に灯りを消すと上り行く月の光が波間に散乱し、部屋のなかに入ってくる。一度でもそれを見たら忘れられない一夜になる。
yakei1-1.jpg

nightpool.jpg

moonlight2.jpg

やがて朝に。東の空の主役が入れ替わる
madoasahi-1.jpg
公式サイトの掲載写真はたたずまいに陰影が感じられずもったいないね。太陽と月に近い宿なのに)

かつて大手海岸ではサーフィンの波が高くなるテラスを海中に設けてそのエネルギーで消波ブロックをなくせないかと研究があった。波が立ちやすいよう海底に人工の階段状を設けて岸に寄せるエネルギーを分散させるとともにサーファーに利用してもらおうというものだった。

大手海岸/道の駅宍喰/ホテルリビエラししくいをあとに県境を越えると、めくるめく白浜海岸。
DSCF1207-1.jpg

DSCF1212-1.jpg

白浜海岸では浜の両端で川が流れ込む。川が護岸なしで砂浜を蛇行しながら波打ち際にたどり着く。これだけでごちそうだね。
DSCF1216-1.jpg

海の休日を愉しむ地元の人たち
DSCF1216SR-2.jpg

そして息つく暇もなく生見海岸。ここでは20世紀の終わりに世界サーフィン選手権が開催された。
D7N_8458-1.jpg

DSCF1246-1.jpg

ぼくが好きなのはこの浜の南端。民家の下の小径から渚に向かう
DSCF1225-1.jpg

ここはあめ色の砂。体重で沈み込むよう
DSCF1231-1.jpg

生見川が生見の海へと注いでいく。原始の川はみなこうだった。
DSCF1245-1.jpg

蛇行しながら海をねざす生見川
D7N_8472-1.jpg

DSFT3071-1.jpg

DSFT3075-1.jpg

地球の歴史を刻みつつホモサピエンスの世となった2023年夏の光景だから声にならない

ここからしばらくは太平洋の大海原が国道55号線を呑み込みそうな風景が岬まで続いていく。
高知県東洋町野根地区を過ぎれば崖下に砂浜と岩礁が交互に現れてどこまでも続く海岸線となる。
DSFT5947-1.jpg

このあたりから室戸岬までの国道55号線が運転者にとっての白眉。週末のDMVもこのコースを走る。きっといのちの洗濯になるよ。
DSC_0036-1.jpg

岬が近づくと見えるそそり立つ巨岩は夫婦岩。
DSFT3082-1.jpg

DSFT3093-1.jpg

明るい緑の背後に海がさらに深みを増す。ツーリングのバイカーもギアをさらに上げる
DSCF1257-1.jpg

DSCF1266-1.jpg

DSCF1267-1.jpg
(この青の深み、これまでのフジの明るさとは異なる現実感の極み。第5世代の画像処理エンジンを搭載したX-T5にて。そそりたつ岩がX-T2で明るい青の再現)

ここまで来てほとんどヒトはいなかったね。
観光の魅力度最下位の徳島と皮肉らずに、自分だけの場面を見つけて自分の世界に浸れる余地があるということ。いや、この日本には知られざる場面がたくさん埋もれていてマーケティングの道具にされることなく、そこに現実感を持って輝いているということ。それを見ようとする心にとって。
(なぜこのブログが「空と海」と題して二十年も続けている理由がおわかりになりましたか?)

もう岬は見えているから。週末のDMVに乗って見に来たら。
posted by 平井 吉信 at 23:04| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2023年07月06日

雨は植物を活かす ボタニカルな田井ノ浜と田井川の植生


田井ノ浜臨時駅が開設されたら田井ノ浜の夏がやってくる。いまはまだ開設前で梅雨のさなか。
それでもここへ来るのは田井川沿いの植生が見たいから。ハマボウの自生地でもあるけれど、まだつぼみにもなっていない。

浜はハマヒルガオの盛りを過ぎているし、あいにくの天候で開花している花は少ない
南方系のグンバイヒルガオも見当たらない
DSCF1082.jpg

DSCF1076-1.jpg

DSCF1079-1.jpg

やがてこの臨時駅に列車が停車すると夏がやってくる
DSCF1089-1.jpg

カタツムリがあじさいを滑っていくと、でんでん虫のような呼び名が浮かぶ
DSCF1099-1.jpg

ボタニカルアートのような草木が湿度感の高い大気に息づいている。
深緑の厚い葉が目に飛び込んでくる、というか浸透していくようだ
DSCF1108-1.jpg

DSCF1116-1.jpg

DSCF1119-1.jpg

果実はイヌビワ?
DSCF1130-1.jpg

ヒルガオ科のヒルガオ属やサツマイモ属が伸び盛り
DSCF1153-1.jpg

DSCF1101.jpg

DSCF1178-1.jpg

これはなんだろう
DSCF1165-1.jpg

アカテガニはそろそろ近づくと逃げるが、行く先を塞ぐように位置取りをすると動きが止まる
DSCF1163-1.jpg

田井川が海に流れ込むあたりでは汽水域の魚だけでなく海の魚も表層を群れをなして泳いでいた。
DSCF1180-1.jpg

海水浴もハマボウにも早かった小雨の田井ノ浜、田井川だったけど、ボタニカルなひとときだった。
posted by 平井 吉信 at 00:25| Comment(0) | 山、川、海、山野草