2021年11月14日

Googleの人知れず進化に驚く

こないだまでPHSを使っていました(2021年1月停波)。
「なに、ピッチじゃん」なんて言われると
「ピーエイチエス、もしくはパーソナルハンディフォンシステム」と呼んでください、とただしていた。
(スマホという言い方も好きでなくスマートフォンと呼んでいる)

なぜ、変えなかったのかというと、変える必要がないことは変えないようにしているから。
(人生の限られた時間を生きるとはそういうことでしょ)
音声(通話)重視だから音声品質が劣って通話がしにくいスマートフォンに変更するのは愚策。

そうはいってもキャリアの停波でパーソナルハンディフォンシステムの後継として
やむなく導入したのは4G対応の携帯電話。
販売店に行ったとき「ガラケイ」ですか?といわれて、
「違います。従来型携帯電話です」と言い換えたのが数ヶ月前のこと。
助かったのは電話番号が変わらなかったこと。
メールアドレスと電話番号は一生変えるつもりはない。連絡がつかなくなる人が1人でも出て欲しくないから(助からなかったのは1000人を越える登録電話番号)。

固定電話なみのPHSの音の良さからすると
従来型携帯電話では音声は悪化すると思っていたらそうでもなかった。
しかしこれにも長い話がある。

当初は有線接続のイヤフォンマイクで電話を行っていた。
PHSと比べればやはり音声は悪くしかも電話機が誤作動する。
例えば操作しないのに勝手に画面が変わっていく。リモートで乗っ取られているような感じだが、Webの閲覧はなくメールの受信は自分以外にないので感染ではない。購入後1年未満であったので販売店に相談して修理(基板交換)を行ってもらった。しかしそれでも症状は治まらない。本体OSの更新でも変化なし。

ところが思い切ってBluetooth接続の中国製(2200円、ステレオヘッドセット)に変えてみると不安定な挙動は皆無となった。
おそらくは給電と信号入出力を兼ねるUSB Type-C端子へマイクから微弱な電流のフィードバックでAndroidの挙動が不安定になっていたのだろう。Bluetoothも安定してヘッドセットの電源を入れるとただちに接続する。音質はPHSの有線接続よりクリアで雑音皆無、CDを聴いているようだ。有線接続ではぐるぐる束ねてポケットに入れるため断線が多く買い換えが頻繁であったがそのトラブルもなくなった。首にかけてマグネットでくっつけておく。電話がかかると片耳もしくは両耳に入れて着信ボタンを押すだけ。12時間の連続通話が可能である。音声はCDなみ。電話をかけた相手方が音の聞こえが良くなったと口々に言ってくれる。不見転で買ったがこれは良い製品だった。


PHSの対応エリアは都市周辺に限られていたため、山間部にも行くことが多いため電話がかかってきそうな人にはこれから圏外へ入るので明朝まで入感しません、と予め電話をかけていたが、エリアも山間部に広がり便利になった。

従電には電話番号を便りにSMSを送ってこられるが、こちらは返信できないので電話を掛ける。
するとメールで構わないと言われるが、入力ができないのでと答える。
(おはよう、と打つのに1分はかからないが、30秒はかかるので嫌になる。自分で靴の紐が結べない、ネクタイが結べないという不器用人間ゆえに、Bluetooth接続の小型キーボードが必要となりそう。買わないけど。音声入力は悪くないが固有名詞はお手上げだ)

従電の導入とともにスマートフォンも導入したが、これはWebの閲覧のため(レスポンシブル)。
相変わらず使いこなせていない。
SIMフリー(SMS対応)で通話機能は付いていないが電話番号は割り振られている。本人確認等のSMSを受信する際に受信できない。これは未だに解決していないのでSMS(受信のみ)は従電の番号に設定している。

次に困ったのはQRコードの読み取り機能が付属していないこと。
(機種名はGalaxy A20という機種。隅から隅まで探したがQRコードリーダーの機能は見つからなかった)
近年はURLの表示の代わりにQRコードを読み取る場面があるけれど、関連語句から類推して探していた。Galaxy A20はレンズを内蔵しているのでハードウェアとしては対応できているのでソフトウェアの問題と気付いた。

そこで検索してAndroidで動くアプリケーションを探して慎重に導入したところ、QRコードが読めるようになった(メーカーは最初から導入しておいてくれたらと思うが、解決まで1年以上を要した)。

驚愕の場面はここから始まる。ぼくは音楽を聴いていた。
ふと検索したいことを思い浮かんだので(フリップ入力ができないので)音声入力を立ち上げたら「曲を検索」という押しボタンがあることに気付いた。さすがに小さな音量で音楽を聴いているのでわからないだろうとボタンを押してみた。

すると2〜3秒後、表示された文字を見て驚いた。
ベートーヴェンの田園と出た。第2楽章のピアニシモのわずか数小節である。
さらにこれはドッキリカメラではないかと思えるできごとが起こった。
演奏者がオトマール・スイトナー指揮のシュターツカペレ・ドレスデンとある。
当たっている、当たっている、当たっている、当たっている、当たっている…。

こんなことがあり得るのか。
田園の音源など数百種類はある。その数小節を聴いて指揮者とオーケストラを充てられる評論家は皆無だろう。

第3楽章でも試みたら、今度は指揮者がバレンボイムと出た。さらに試みたらカラヤンになった。
第3楽章は差異が出にくいのかもしれない。スイトナーの田園のスケルツォはバレンボイムやカラヤンと似ているのかもしれない。

ピーター・バラカンの「ウィークエンドサンシャイン」はよく聴いているが、良いなと思った楽曲をGoogle先生に分析させると100発100中で曲名、収録アルバム名まで表示する。バラカンさんはライブ音源などもかけるが、先生は間違うことなくライブのアルバム名まで表示する(スタジオ録音の音源と異なるのをわかっている)。

Gmailを使っている人は個人情報(個人の趣味嗜好などを分析して)をもとに広告を表示しているというが、個人情報がどこまで分析されてDB化されてAIの機械学習でパターン認識から個人(音源)が同定されるかわからない。Google先生に支配される未来に一抹の不安を覚えた。機械学習のアルゴリズムやGoogleの各種のしくみの活用、データ連携のためpython言語でも勉強してAPIのしくみができるようにしておくか。



posted by 平井 吉信 at 11:53| Comment(0) | 生きる

2021年11月13日

ナカガワノギク 満開 


あれから2週間、ナカガワノギクは満開となって鷲敷ラインに花を添える
渓流帯に同化した野菊が岩場に揺れる姿は凛々しい
DSCF2599-1.jpg

DSCF2606-1.jpg

DSFT9269 1.jpg

ナカガワノギク以外にもワジキギク、シマカンギクなどが咲くとされているが
これはなんだ! 交雑種のように見えるが、リュウノウギクかもしれない。
(おわかりになる方、投稿でご教示を)
DSCF2255.jpg

シラヤマギク?
DSCF2645-1.jpg

湿った渓流ではウメバチソウが異星人のUFOのようなたたずまいで開花する
スタジオジブリが描く小人の友だちのようだ
DSCF2632-1.jpg

DSCF2675-1.jpg

DSCF2679-1.jpg

DSCF2662-1.jpg

DSCF2689-1.jpg

DSCF2668-1.jpg

DSCF2651-1.jpg

紫系ではツリガネニンジンの渓流型で葉が細くなったナガバシャジン
DSCF2680-1.jpg

ホソバリンドウ(やはり渓流型)
DSCF2701-1.jpg

イチョウはますますあでやかに濃く光を照り返し
那賀川は深沈と早い流れをしずめる。
DSCF2740(2)-1.jpg
posted by 平井 吉信 at 17:12| Comment(0) | 山、川、海、山野草

ツワブキ咲く外ノ牟井浜 秋の深みは海の色に


何度見てもため息が出る
この写真での外ノ牟井浜の色の深さ
(カメラやレンズの話をしたいわけではなく)
DSFT9207-1.jpg

奥の崖に太陽の光が当たっているが、手前は光をやや遮ったような当たり方
それが奥行きを感じさせるのだが
未来へ向かう光が意志を持っているように思える
(ぼくはこの写真を額に入れて売ってみたい、とも考える。欲しい人がいれば)

浜の山際にはツワブキが群生している
それがまたつややかで誇らしく光を照り返す
ここにいるよとばかりに
DSCF2275 1.jpg

DSCF2276-1.jpg

ツワブキに虫たちが集まっている
DSCF2291-1.jpg

ヒョウモンチョウの仲間がハマアザミで蜜を吸う
(チョウの種類は有田さんにご教示いただかないとわからない)
DSCF2301-1.jpg

DSCF2325 1.jpg

DSCF2341 1.jpg

このところ昼には梅干しと海苔と五分づきの米だけの弁当をつくっている
それも隙間をつくって詰めている
足りない感じがあるが、その分一口に噛みしめる体験が深まる
米のおいしさを噛みしめるとき その刹那もそれまでの時間も味わっているかのよう。
DSCF2295-1.jpg

赤とんぼが目の前のエコバッグに止まる(推定距離20センチ。でも逃げない)
DSCF2429 1.jpg

第1展望台へ上がって雲を見る
そろそろ夕暮れが近づいてきた
DSCF2441 1.jpg

DSCF2444 1.jpg

DSFT9224-1.jpg

コロナ下でどれだけこの海に心を遊ばせてもらったか。
徳島はいい(何もないと思う人は何も見えないのだろうけど)。
DSFT9207-1.jpg

posted by 平井 吉信 at 16:31| Comment(0) | 山、川、海、山野草

藍よしのがわトロッコとの遭遇(徳島駅)


コロナ下では県外出張が少なくなっていたここ数年、久しぶりのJR四国での特急利用。
徳島駅の1番線に停車中の列車を撮影している人たちが見えた。
停車しているのはJR四国の特急として長年牽引してきた2000系、
そしてホームの電光掲示板には「トロッコ」の文字。
―よしのがわトロッコか?
RXM05455-1.jpg

高徳線と予讃線はJR四国の看板路線でいち早く新型車が投入されてきた。
特に高徳線では空気バネを用いて乗り心地を改善した2600系が数年前に投入された。
→ 高徳線 2600系「うずしお」に乗ってみた
→ 特急うずしお N2000・2000系から新型2600系へ   

2600系はとても気に入っていたのだが、
長い距離でカーブの多い土讃線では空気の容量が足りないようで
量産されたのは車体の傾斜装置に振り子式が用いられた2700系。
見た目は2600系を踏襲し、技術的には2000系の改良版と
双方の良いところを組み合わせた感じ。
きょうは2700系に乗る。
(県内を走る徳島線と牟岐線では列車は更新されず2000系であるが、それだけになつかしさもある)

特急うずしおが出発する数分の時間に駆け足でよしのがわトロッコを撮影した。
藍色と木目の室内
RXM05457-1.jpg

RXM05458-1.jpg

RXM05469-1.jpg

藍色から青への階調が基本となっている
「藍」と書かれた文字が戦国武将の兜のようだ
前へ回って顔を見ても藍から青への流れが吉野川を想起させる良い色である
RXM05461-1.jpg

鳴門行きの普通列車の隣で先発の特急うずしお。
これから東京からの方々を迎える会議で高松へ出かける。
RXM05471-1.jpg
JR四国をみんなで利用して支えよう。政策的にはJRを統合して全国組織としよう。

タグ:JR四国
posted by 平井 吉信 at 16:07| Comment(0) | 徳島

赤く染まらない黄昏刻の大砂海岸


自然を感じるのは絶景よりもこんな場面。
DSFT8990-1.jpg

モノクロームで描いた風景画のようだけど
恒星と惑星の織りなす関係から導かれた二度とない瞬間と言い換えることもできる。
なんだか包まれ感、それは幸福感にも通じる。
タグ:大砂海岸
posted by 平井 吉信 at 15:33| Comment(0) | 山、川、海、山野草

庭にもほのかな紅葉がやってきた


玄関を出て数歩で庭がある。
(豪邸でないのはいいこと)
おだやかな朝、晴れやかな陽射し。

毎年冬に咲く野菊が蕾を付けている
黒葉スミレとともに咲いてくれるかな。
DSCF2751.jpg

そこには山一面のからくれなゐも絶景もないけれど
ヒイラギの葉の色の変化で印象的な場面が数多くある
DSCF2768.jpg

時刻は昼少し前。腕時計を日光浴(充電)
DSCF2774-1.jpg

DSCF2789-1.jpg

DSCF2800-1.jpg

DSCF2803-1.jpg

DSCF2771-1.jpg

DSCF2813.jpg

DSCF2796-1.jpg

ハムシがやってきた。子どもの頃はギンギンムシと呼んでヨモギでよく見かけた。
金色と紺色があった。これはカミナリハムシか?
DSCF2838-1.jpg

庭から数歩の小宇宙の探索。
これだけできょう一日が存在するような。
(フジX-T30+XF60mmF2.4 R Macro)
posted by 平井 吉信 at 12:39| Comment(0) | 家の庭

2021年11月12日

秋のすみれ(パンジー)のたおやかな姿態 とくしま植物園


すみれが好きなのはブログをご覧になっている方にはご存知のこと。
そこで近所の読者の方から鉢植えのすみれをいただいたのが一月前。
(ご近所さんの読者が多いことは話の伝手で聞こえてくる)
黒葉すみれという(園芸種)。
庭に移植したが、葉がつやつやしている。
秋から冬に咲くというから、庭に自生している冬咲きの菊とともに咲くのではないかと楽しみ。
DSCF1809.jpg
(花はまだ見ていないが、自然界ではニオイタチツボスミレに似ているような気がする)

それはともかく、とくしま植物園。
秋咲きのパンジーが咲いている。
だからどうというわけではないが、やはり見たくなる。
DSCF2474-1.jpg

DSCF2478-1.jpg

DSCF2480-1.jpg

写真やカメラに興味のない人にはどうでもいいことだけど
植物、特に花弁を撮るとメーカーの世界観が如実に出るように思う。
透きとおるようなはかなさ、艶っぽさ、それでいて色彩の妙をまとった生命感というか。
それが写るのは富士フイルムだけかも。
毎度同じことを言っているけれど
キヤノンでは生命感、実在感が乏しく、こんな技術や仕様はよそにはないだろうという官僚的なたたずまいのカメラが多いような。技術はあっても技術思想がない感じ。ソニーではユーザーフレンドリーではあるけれど画質の調子や使い勝手に官能的な雰囲気が出ないような。冨士は技術面や品質面などで不安が多いのだけれど操作も画質も官能的。技術はなくても技術思想はある(前二社は売れてはいるので営業妨害にはならない。技術と技術思想のバランスが取れているのはパナソニックが第1でシグマもそれに次ぐかもしれない。ニコンは新製品で挽回しそうな感じ)。

あ、レンズはXF35mmF1.4 Rです(絞りはf3.6〜4。開放で撮るのは野暮です)。
高くないのによく写る冨士の看板となっている標準レンズ。
曇りの夕方に小さな植物を撮ると
しっとりと霧吹きをかけたような湿度感に、
あでやかさを隠し持ったしとやかさ極まるたおやめぶりがぽっと浮かぶ。
(例えが適切でないが)―初夜を迎える新妻のような―。そう思いませんか?
posted by 平井 吉信 at 00:33| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2021年11月11日

お寺の境内はあの日のまま 祇園さんのできごと


11月中旬に迫った卒塔婆供養の申込に菩提寺まで足を運んだ。
先般90代で遷化された先代のご住職は立派な方で
弘法大師のような筆力を持ち、
経文を唱えるときの凛としたすがすがしい空気をまとって
何物にも同じない静かな胆力を備えておられて尊敬していた。
菩提寺は地蔵菩薩を本尊とする真言宗の寺院である。
(ぼくが真言宗の経典に限らず観音経などを読経できるのも住職の読経に影響されたからである)
いまのご住職も気さくなお人柄ながら社会を見つめ地元に根ざした活動を率先して行われているすばらしい方。寺は供養の場だけではなく生きる人の力になる場というのを実践されているようだ。

いつもは世話人の方が檀家を廻って供養の申込などを行っていたのだが
その方々も高齢化したのと感染症もあって今年から檀家が直接お寺に申し込むこととなった。
(もちろん檀家として協力できることはなんでもしたい)
そこで仕事が一段落したある日の夕刻、歩いて菩提寺へと出かけた。
DSFT9243.jpg

境内には名水がある。ひっきりなしに誰かが水を汲みに来ていることを知った。
DSFT9228.jpg

DSFT9240-1.jpg

DSFT9323-1.jpg

DSCF2820 1.jpg

DSCF2822 1.jpg

その名水を横切って母屋のほうへ足を向けると
女性の弾むようなお声が聞こえてきた(それも聞き覚えがある!)。

後ろ姿だったが、すぐにわかった。
小学校の同級生の女の子だった。
(お寺にも同級生の女子がいた。良い時代だったな)

彼女はお寺のご近所でお店を経営されている(いまや社長である)。
しばし店に呼ばれてお茶をいただき、帰路に就いた。
(ご両親とも恙無くお元気である)

再びお寺の中庭を横切り、隣接する神社(通称「祇園さん」)へと足を向ける。
そうそう、ここだった。
夏祭りの日、子どもたちの歌合戦のようなことをやっていたっけ。
DSFT9248-1.jpg
(写真には写っていないが舞台は木の向こうにある小屋だったような気がする。なにせ人であふれかえって地面など見えなかった。子どもが多かったから)
カラオケなどない時代、生伴奏だったか、無伴奏だったかは忘れたけれど。

妹を連れて見に行った祇園さんに彼女(さっきの同級生)はいた。
境内に腰を下ろして一緒に舞台を見ていたよね。
いつの時代のことかは知らないけれど。
(きょうはこの夏に自分の店を持った別の小学校の同級生の女子から相談の電話がかかってきた。中学や高校の同級生ともときどき合ったり遠隔にいてもやりとりはある。生まれた街で住んでいると日常が宝物になるね)

posted by 平井 吉信 at 22:26| Comment(0) | まちめぐり

晩秋の不意打ち花火


コロナ禍で飲食店以上に疲弊している業界が花火業者だ。
人が集まれないことから花火の打ち上げができない。

そんな折、19時頃に花火の打ち上げ音が響いた。
方角からすると金磯港のあたりか。
DSCF2555-1.jpg

DSCF2503-1.jpg

DSCF2509-1.jpg

DSCF2512-1.jpg

DSCF2528-1.jpg

DSCF2537-1.jpg

DSCF2554-1.jpg

DSCF2542-1.jpg

間断することなく花火は上がり続けて二十分後に静かになった。
何を隠そう、ぼくは花火が苦手。
花火大会の日はわざわざ家を出ていくか、
ひたすら耐える数時間を過ごすかのどちらか。
音に敏感なので巨大な音が苦手。
(花火を近くで見るなどとんでもないという感じ)
音がしない花火を開発してもらえないかと切望しているぐらい。
(音楽を毎日真夜中に聴いているが蚊が鳴くような音量なので誰の迷惑にもならない)

それはさておき、あとでわかったのだが、市役所による不意打ち花火だったのだ。
(花火業者を支援するのと市民に娯楽をという粋な計らいである)
二十分程度で終えたのは人が集まってこないようにするためだろう。

花火業者も手をこまねいていたわけではない。
大規模な花火大会はできなくても
小規模の花火は打ち上げてくれるそうだ。

内輪だけでの結婚式でのサプライズとして、
旅行に行けなかった小学校などで校庭で上げて思い出づくりとして、
少人数グループのキャンプなどでも。
花火師が点火、打ち上げ、後始末までやってもらえるサービスがあるとのこと。
(この花火を打ち上げている方々だが、いずれ本ブログで紹介しようと思う)

コロナで疲弊、困窮している人たちをなんとかしたいと願っているが、
自公政権では弱者の救済ができないことをさっそく露呈した感がある。
(さっそくばらまきが来た。多くの人はいったいどこを見て自公に投票したのだろう? 子どもへの給付金は自公支持者にもそっぽを向かれている。公明はプレミアム商品券や軽減税率などで効果のない政策で社会を混乱させている。支持母体の創始者が生きていたら何と思うだろう。わずかばかりの一時金なのにクーポンを印刷するのか。またパソナなどが受託するのだろうな)
手間を掛けて税金の無駄遣いをしているうちに、物価の上昇で生活困窮が加速するというのに低金利政策をまだ続けるというのか。
ベーシックインカムの実行(一時的な給付金のばらまきとベーシックインカムとの違いはあるべき未来を見据えて実現させるという理念があるかないかだ。またベーシックインカムと銘打っても国民民主のそれは理念なきばらまきだ。冷たい正義をふりかざす立民にも愛が感じられない。維新はどんな社会をめざしているのかわからない。政党とは呼べない下品で質が悪い独善集団)。所得税の税率調整、法人税率の上昇、消費税の撤廃、金利の引き上げなどを行って歪んだ税制・金融政策に手を付けるだけでも弱者の救済と景況の回復が図れると思うのだが。大多数の国民が貧困から脱却できれば消費活動が活発になって中小企業・小規模事業者から大企業までが潤う。アベノミクスはこれと逆のことをやって失敗したことを学習できただろ、と言ってみる。



タグ:小松島
posted by 平井 吉信 at 21:54| Comment(0) | まちめぐり

2021年11月10日

雲早く流れ 水苔むして流る(雲早山)


林道を行く。あの日本一長い林道の一部
DSFT9013-1.jpg

楓をふもとに丘を眺める
DSFT9010 1.jpg

鳥居が雲早山の登山口
DSFT9019-1.jpg

沢を遡行する。この沢は先日行った神通の滝の上流部に当たる
DSFT9024-1.jpg

DSFT9026-1.jpg

DSFT9049-1.jpg

DSCF2133-1.jpg

DSCF2147-1.jpg

沢沿いの木陰に置かれた木のイスと机は雲早山のオアシスとして腰を下ろしてみたくなる
すぐ脇に沢が流れる。うれしくてしようがない場所
DSCF2153-1.jpg

紅葉とブナ、森の苔、キノコを散策の友として
DSFT9064-1.jpg

DSFT9068-1.jpg

DSFT9083-1.jpg

DSCF2189 1.jpg

DSCF2184 1.jpg

色彩あでやかな葉の競演も良いが、ブナの幹を中心に配された淡い色彩の妙に惹かれる
DSCF2201 1.jpg

DSCF2222 1.jpg

DSCF2241 1.jpg

曇りがちな日の一瞬のでぎごと 森に陽射しが戻るとスクリーンが降りてきて森の映画が始まる
D7N_7656_1_01.jpg

苔の森が現れて
DSFT9111-1.jpg

DSFT9130-1.jpg

かつては下草(スズタケ)に覆われた森であったが鹿の食材で林床が見えるようになってしまった
DSFT9172-1.jpg

沢は至るところから下っていき、やがて神通の滝となって鮎喰川源流の勢力となる
DSFT9197-1.jpg

雲が早く流れる山。うちに戻れば竹鶴17年を久しぶりに開けてみようかと。
DSCF2258.jpg





posted by 平井 吉信 at 23:55| Comment(0) | 山、川、海、山野草