2021年05月18日

祖谷(東祖谷)の奥深さ 時を経ても縁は切れない


ここは東祖谷。秘境祖谷のなかでも最深部の釣井(つるい)集落。
近くには重要文化財の木村家がある。
kimurake.JPG
ぼくが遊んでもらった子どもたちは近所の子だ。
子どもの遊びを見ていると
高い崖(2メートル以上ある)からひとりが飛び降りた。
するとあとの子たちも続いた。
何事もなかったかのように着地して駈けていく。
骨が丈夫なのだろう。

やがてお姉ちゃんがじゃれる弟の足を引っ張る。
すると弟の頭は道路でコトコト音を立てる。
弟は笑っている。
アニメじゃない、実写だ。
映画じゃない、暮らしの一コマだった。
kodomo.JPG
あのお姉ちゃんと会話を楽しんだ。名前も覚えている。
もうとっくに成人して子どもがいるだろう。

東祖谷山村の釣井集落でミノルタX-700を手に出会う人々と会話をしながら撮影していた。
→ 詳しく見たい人はこちらに古いコンテンツ「東祖谷と三嶺・探訪絵日記」
https://www.soratoumi.com/river/iya/iya1.htm


それから数年後、
山と渓谷社からのご依頼で「ヤマケイJOY秋号」の取材で東祖谷と三嶺を訪れて写真撮影を行った。
投宿した宿ではひらら焼きなどをいただいた。
この取材に同行したのは後に「とくし丸」の創業メンバーとなる村上稔さんとその奥さんである。
村上さんとは仕事でいまも交流が続いている。

祖谷は平家の落人伝説がある。
伝説というよりは史実だろう。
nijyukazurabashi.JPG
まず言葉(抑揚)が徳島の平地と異なる。
異国のように感じるほどだ。

ほとんどの人は祖谷のかずら橋を見て大歩危小歩危や妖怪伝説で帰っていくけれど
やはり東祖谷の集落で身体(時間)を埋めないと魅力はわからない。
SNSの受信音の鳴らない環境で急斜面の家の縁側から谷底と向かいの山を眺めてごらん。
雲を映した瞳、風になびく髪、千年のかくれんぼを感じる心。

1973年にアメリカの青年が祖谷に魅了されたのは釣井集落である。
ぼくも庵を訪ねていったが、このときアレックスさんは不在だったと記憶している。
(なぜ、こうも釣井集落に縁があるのだろう。実はさらにもうひとつ縁があるのだが)

アレックス・カーさんの語りで綴る6分少々の動画をご覧ください。
(三好市まるごと観光戦略課制作)
TRAVELS in IYA ~in the words of Alex Kerr~
https://www.youtube.com/watch?v=Pyskw3yjza8

(観光PR動画とは一線を画す静かな語り口、邪魔にならない音楽で佳いコンテンツですね)

追記
前述とはさらに別のご縁があった。
数年前に台風で壊れた屋根の修理を依頼した業者さん。
仕事がきっちりと評判の方。
実はこの方が東祖谷のご出身。
それだけでない。
東祖谷に特化したWebコンテンツをつくられていた方で
さきほどのWebでぼくがリンクを貼った先だった。
(現在はリンク切れでたどらないように)
さらに、東祖谷山村のご出身で後に知事になられた方のご自宅にお招きいただいたこともあった。
さらにさらに…いや、省略ということで。
祖谷はかくれんぼをしながら人のえにしをつないでいる。

タグ:祖谷
posted by 平井 吉信 at 22:13| Comment(0) | 徳島

2021年05月17日

港屋カップ麺 家仕様


前回の投稿参照)
コンビニへ立ち寄ったらまだ在庫があったのでひとつだけ買ってみた。
(うちではこれを喜んで食べそうな人間がいないので)
家人たちは麻棘的な辛さに慣れていないということ。

先日野外で食べたとき水が飲みたかったけどあいにく熱い茶しかなくて困った。
そこで週末の外出しない雨の昼に食べることにした。

丼椀に入れてみると思いのほか量が多く、実はカップ麺は量目が多かったと気付いた。
本家は肉そばだったと思うが、あいにく手元になかったので
卵の黄身、納豆(北海道産)、刻み海苔(吉野川産)を落としてみた。
DSCF6537.jpg

すると辛さがうまく中和されて満足感が出てきた。
けれど不思議にカップに入れて具材を入れずに食べるほうが良かったかもしれないと思った。
DSCF6539.jpg

味の足し算がうまく行かなかったのか、麺そのものの風味が遠のいてしまったのか。
いずれにしても満足したので(2回食べて)港屋のカップ麺は食べ納めということで。

追記
デザートにと思ってコンビニの店頭で見つけたものがこれ。
「香川県産女峰使用いちごもこ」
DSCF6345.jpg

コンビニの菓子は決して水準が低くないことは知っているけれど
これはダメ。
DSCF6350.jpg

一口食べて、ああ、と来るわかりやすさ。
良く言えば「愛想が良い甘さ」、
でも素材系の菓子の良さを知っている人にとっては冗長で心に響かない。
一見あっさりしているように見えて、つきまとうくどさ。
淡い色を重ねてぼやけてしまった輪郭とでもいうか。
DSCF6355.jpg

味わいたい菓子は目を閉じてしまうけれど
これにはそれはなかった。紅茶で流し込んだ感じ。
ある意味ではこれを良いと感じなかったことにほっとしたけどね。
食べる幸せを感じさせようとすればするほど遠ざかる。
無造作にかじったパンやビスコッティがじんわり来た、というあの感覚とは正反対。

これだったら昔ながらのバタークリームの狸のケーキがいいな。
(ハレルヤに売っていたよな。うちの近所にハレルヤ本店があったから。あの頃のアップルパイをぜひ復刻して欲しい)
飾らないぶっきらぼうの潔さって魂に入ってくるよね。
だいたい地域のソウルフードっていわれるものはほかの地域のヒトが食べておいしいものはない。それでいいから。

コンビニでめくじら立てる必要ななんだけど、
いまの時代の危うさに通じるものを感じてしまったので…。
いまの政権もその前の政権もやっていることはおかしい、と感じて言えること。
一見善意の物語の姿を借りてコントロールする意志がいまの社会にはある。
このスイーツには罪はないけど
良いことへの同調圧力も含め象徴的に感じてしまった。


posted by 平井 吉信 at 23:06| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2021年05月16日

雨上がりの庭もまた愉し


四国も梅雨入りしてここ数日雨が続くようだが、雨上がりの一瞬に息を呑む光景が待っている
DSCF6532-1.jpg

DSCF6520-1.jpg

(フジX-T30+XF60mmF2.4 R Macro)
posted by 平井 吉信 at 14:16| Comment(0) | 山、川、海、山野草

スミレ紀行 日和佐川編(5月)


ほとんどのスミレは開花の時期を終えて
日陰でタチツボスミレがごく稀に咲き残っているぐらいだが
開花の遅いスミレがある。
それはコミヤマスミレ。
渓流沿いや湿った山地(日陰)に生える。
それを見に行くことにした。

まずは日向に咲いているニョイスミレから
白系のスミレで全国どこにでも見られる種だが
山奥で咲いている姿も凛々しい。
DSCF6198-1.jpg

DSCF6205-1.jpg

フタリシズカを漢字で書くと二人静 いとおかし
DSCF6215.jpg

DSCF6236.jpg

この時期はテンナンショウの仲間がいっぱい。
これはマムシグサ(毒があるわけでも噛みつかれるわけでもなく茎の紋様から付いたのだろう)
DSCF6234.jpg

密接するマムシグサの片方が片方に恋慕しているように見える。
植物に心はなくても触覚(触感)はあるという。
ぼくは庭の植物にそっと手を触れてさすって声をかけることがある。
(野生でもときどきそうしている。それからレンズを向けると何か違うような気がする)
巻き付く植物でないので親近感を覚えて植物体をひねらせているのかも。
DSCF6267-1.jpg

高度を上げていくと日和佐川源流が眼下に覗く
DSCF6238.jpg

タニギキョウ 小さく可憐な花
DSCF2061-1.jpg

さて、いよいよコミヤマスミレ
DSCF6249.jpg

DSCF6283(1).jpg

DSCF6259-1.jpg

DSCF6268-1.jpg

DSCF6274-1.jpg

DSCF6277-1.jpg

背丈が低く湿った暗い場所に咲くので撮影は一部はフラッシュを使っている。
人が見ようと見まいと生態系の構成要素はどれも必然と時間(遺伝子資源)を背負ってその場所にいる。
コミヤマスミレの凛とした美しさは格別でしばし見とれる。

萼片が反り返る
DSCF6288(1).jpg

葉や茎に長い毛がある
DSCF6297-1.jpg

ふと見上げた尾根筋に広葉樹の大木がある 
DSCF6264-1.jpg

源流から上流域へ入るとのどかな里の川。棚田と調和している
DSFT2197-1.jpg

DSFT2205-1.jpg

けれどこの川には九寨溝のように深く澄んだ流れがあり魅入られる
DSCF6321(1)-1.jpg

DSFT2212-1.jpg

DSFT2210-1.jpg

残照の棚田を見て国道55号線をめざす。
DSCF6326(2).jpg

里山、源流、照葉樹に遊んでもらった。

追記
日和佐川を遡る道は狭いのでどこですれ違えるか、バックはできるか、右側での離合などコツを知っていたほうがいい。
posted by 平井 吉信 at 13:50| Comment(0) | 山、川、海、山野草

スミレ紀行 佐那河内村編(4月)


佐那河内村は県内で唯一の村でありながら徳島市内へもっともアクセスの良い場所でもある。
村役場から県庁へは快適な道程で半時間ばかりの距離。
村内は比較的災害も少ないので交通の便とのどかな集落のたたずまい。
まだ移住者は少なく、役場の受け入れ態勢も良好で
県内でおすすめの自治体(移住して起業する人は平井吉信までご連絡ください)。

佐那河内村内を流れる園瀬川、そのもっとも大きな支流で蛍やフジの名所が嵯峨川。
嵯峨地区は村内の東にあり、小松島・阿南方面からは大川原高原への最短アクセスとなる。
大川原高原へ向けては集落の中心から西へ上がっていくルートが一般的だが
嵯峨川沿いに直登するルートもある。 

ただし嵯峨川沿いの道は細いので
山道に慣れたぼくも対向車がないことを祈る区間はあるものの
おおむね快適なルート。

嵯峨川
DSFT1690.jpg

フジが満開
D7N_7182-1.jpg

嵯峨川の支流に沿う集落へのすてきな道。集落でもっとも好きな風景
DSFT1695.jpg

橋のたもとで立ち止まったのは足元の草花
DSCF5042-1.jpg

DSCF5045-1.jpg

DSCF5033-1.jpg

DSCF5046.jpg

嵯峨川から離れて大川原高原へ高度を上げていくとツツジに彩られた六社神社がある
DSFT1703.jpg

DSCF5049-1.jpg

高度を上げていくと道は広がって快適になり、やがて水平(トラバース道)となって大川原高原へと続く。この道沿いがスミレの宝庫。
ニオイタチツボスミレは花弁の色が濃く隈取りがはっきりしている。歌舞伎役者の女形のようだ
DSCF5067-1.jpg

DSCF6009-1.jpg

こちらは早咲きでもう残り少なくなったシハイスミレ。ヒロインを演じる若手女優と言いたいところ。
DSCF5077-1.jpg

タチツボスミレだが岩盤の成分の影響か、フが入っている(斑入り)。
DSCF5089-1.jpg

山野草を見ているだけでなくクルマを停める。きょうはおにぎりとカップラーメン。
食事のあとは木陰ででKindleを読む。
DSFT1705-1.jpg

足元に姿の良いタチツボスミレ 堂々とした立ち居振る舞い
DSCF6003-1.jpg

クルマまで新緑を愉しんでいる
DSFT2088-1.jpg

この周辺の森の散策も楽しい
DSFT2105-1.jpg

高齢者でも安心して歩ける
DSFT2107-1.jpg

さらに西進して旭ヶ丸頂上直下の駐車場に到着すると北側の視界が開けて吉野川のパノラマとなる。天文台があるのが良いところ。
DSFT1708-1.jpg

再生可能エネルギーの普及は歓迎だが、山の尾根筋の風力発電はふもとにまで低周波(騒音)による健康被害、野鳥や植物を含めて生態系への影響が大きい。県内各地でも民間による設置計画が持ち上がっているが、いずれの自治体も立地には反対のようだ。人口減少時代には各家庭や集落に設置して蓄電するなどの分散型小電力が望ましい。
DSFT1710.jpg

DSCF5107-1.jpg

旭ヶ丸に向けてもニオイタチツボスミレが多い。
DSCF5141(2)-1.jpg

エイザンスミレ(もしくはアカバナスミレ)はほとんど終わっている。
DSCF5096-1.jpg

それよりもニリンソウが林床に見られる。
DSFT1720-1.jpg

すてきな林床の小径
DSFT1718-1.jpg

DSCF5149-1.jpg

シロバナナガバノスミレサイシン
DSCF5165-1.jpg

カタクリを眺めながら旭ヶ丸をあとにする。
DSCF5157-1.jpg

DSFT1739-1.jpg

DSFT1742-1.jpg

DSFT1751-1.jpg

DSCF5203-1.jpg

posted by 平井 吉信 at 12:10| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2021年05月15日

トップを独走していたがコースを間違えたぼくは…

前回の話
結果(1位とか完走)にとらわれなかったのでこのままゴールまで走ることにした。
(ただし知らぬとはいえコースを短絡しているので完走扱いにはならない)
その代わり苦しい呼吸で報せてくれた彼女の前を走るペースメーカーとなって
競技場に入る前にリタイアしてトップでテープを切らせてあげることにした。

というシナリオを選びそうなので今夜そのシナリオに沿った夢を見ることにしよう。
(これが不思議と思ったとおりの夢を見る。そうでしょう)
posted by 平井 吉信 at 23:03| Comment(0) | 物語

那賀川中流域の生態系


那賀川中流域の生態系は急流が岸辺の岩盤を洗うのと
川沿いの山から流れる無数の沢が本流に注ぐ前に無数の水辺、
水たまりをつくる光景が連続して続いている点が特徴。
DSFT1820.jpg

DSFT1802-1.jpg

DSCF5267-1.jpg

全国でここだけにしかないナカガワノギクをはじめ稀少な生物植物を育む生態系がある。
→ ナカガワノギクのタグからどうぞ

数年前にここで見たケイリュウタチツボスミレを見に来たが、すでに花の時期は過ぎて葉だけであった。クリスマスローズのようなあの植物はここ数年激減している。

その代わり、見映えのする赤紫の山野草が迎えてくれた。
DSFT1765.jpg

白もある。
DSCF5248(1)-1.jpg

フジも河川敷に咲いている
D7N_7187-1.jpg

D7N_7195-1.jpg

本流に注ぐ無数の沢のひとつ
DSCF5286(1).jpg

DSCF5291-1.jpg

一輪だけ咲き遅れたスミレがあった。
DSCF5315(1)-1.jpg
去年の秋もスミレ(スミレ科スミレ属スミレ種=Viola mandshurica)を見つけたが、ここは季節の変容の受け容れ幅が大きいのだろう。

道路沿いにも民家にもどこにでも咲いているが、自然界に自生しているのは格別な気がする。
DSFT1772.jpg

DSFT1790-1.jpg

DSCF5283(1)-1.jpg

タグ:那賀川
posted by 平井 吉信 at 22:30| Comment(0) | 山、川、海、山野草

小人になってしまったわけでなく


小さなところまで写せるレンズを買ってしまったから。
それはマクロレンズといって、どんどん近寄れる。
近寄れるけれどピントが合う範囲が狭いしぶれやすい。
(それでも全部手持ちで撮影している)
例によってスミレを見る。毎日見ても飽きることがない。光も違えば風も違う、花の姿も。
DSCF6336-1.jpg

テントウムシになる前のサナギ
DSCF6367-1.jpg

触覚が怪獣のような黒い虫(蛾?)
DSCF6378-1.jpg

カタバミの葉すら密林の樹冠のよう
DSCF6380-1.jpg

これは羽化したばかりのテントウムシ。そばには羽化する前のサナギもいる
DSCF6391-1.jpg

自分のサナギに掴まって羽根が伸びるのを待っているんだろうね
DSCF6449-1.jpg

DSCF6464-1.jpg

小さな庭だけど虫の目で見ていくとそれは広大な小宇宙ということがわかる。
そしてそこに棲む生き物たちもまちに住む人間も同じってこと。
まして人間同士なら。

追記
購入したレンズはXF60mmF2.4 R Macro
ここ数ヶ月どの販売店にも在庫がなかったのだけれど
ある日、特価のメールマガジンが信頼できる販売店から届いた。
この機会を逃すと次はいつになるかと思って。
マクロはMFで撮影というけれど
手持ちで撮るのなら逆にAFで撮らなければぶれるよ。
電子シャッターと短いストロークのX-T30で息を凝らして撮影すれば手持ちでもご覧のとおり。
(しかも不安定な姿勢で撮っているんだけど)
あとでわかったけれどコロナ下でみんなマクロレンズを買って身近な暮らしの被写体を撮っているらしいね。
タグ:昆虫
posted by 平井 吉信 at 00:04| Comment(0) | 家の庭

2021年05月13日

強風の日 出島野鳥園は少年の日の夏風邪にも似て砂が舞う やがて青の渚に舞い降りる


葦が生い茂る湿原は少年の宝物をしまっておく場所。
学校の帰りに葦を踏みしめて通路を作る。入口は塞いでおく。
奥へ行くとやがて円形の陣地のような場所に出る。
秘密基地です、秘密基地。

いまならドローンで上空から容易に発見されてしまうので夢がないのだけれど。
もしくは携帯端末の位置情報から居場所が特定されるかも。

那賀川は剣山の南斜面の2つの大きな流れ、本流と坂州木頭川が合流して紀伊水道に注ぐ急流。
本流はさらに北川と南川(美那川)に分かれる。
地図を見ると那賀川の吐き出し口が海に口を尖らせたような三角州となっていることがわかる。
上流は日本有数の多雨地域(3,000〜4,000o)なので土砂を運ぶ能力もすさまじいのだろう。

その那賀川の三角州の北側に広がる広大な湿地が出島湿原。
ここにゴルフ場を造成したがゴルフ場に隣接して小さな湿地が残された。
それが出島野鳥園。
DSCF5548-1.jpg

車を置いて小径を行くと野鳥の観測場所がある。小窓から湿地を覗く
DSFT1853-1.jpg

DSFT1848-1.jpg

そこから見える風景
DSFT1866-1.jpg

DSCF5531-1.jpg

目の前で水浴びを始めたツグミ
D7N_7291-1.jpg

D7N_7293-1.jpg

湿原の木々も緑に覆い尽くされる
DSFT1855-1.jpg

4月に観測された野鳥のリスト
DSFT1857-1.jpg
キジもいる。数週間前の徳島新聞ではキツネが目撃(撮影)されたと掲載。

足元にはシロバナタツナミソウ。紫色は見かけても白は初めて見た。
DSCF5545-1.jpg

いまはゴルフをする人もいるけれど人口減少でプレーヤーがいなくなり近い将来ここは再び湿原に戻る(再自然化)。そんな気がする。

野鳥の観測場所は二箇所にあるけれど野鳥園をぐるりと見てみようと外へ出てみる
猫はここの象徴の生き物。この猫に気を取られているキツネが撮影されたのだ。
DSCF5551-1.jpg

強風でも媚態を保つ。花の名前は知らない
DSCF5554-1.jpg

DSFT1872-1.jpg

堤防道路へ上がる
DSFT1878-1.jpg

那賀川河口に向かって歩くと左手に海。自然地形なのかどうかはわからないが砂丘の自然堤防上のようにも思える
DSCF5557-1.jpg

堤防上の高い目線から出島湿原の森が広がっていることがわかる
DSFT1877-1.jpg

堤防に描かれた地元の人たちの絵
DSCF5561-1.jpg

絵の空と現実の空が続いているようで
DSFT1882-1.jpg

海に上がる花火を狸やキツネが見ているという
DSFT1915-1.jpg

なんだろう、この荒涼たるリゾート感
DSFT1908-1.jpg

砂丘上の背の低い灌木。未来少年コナンの「残され島」かと
DSFT1910-1.jpg

野鳥園の上空にはUFOのように雲が流れる
DSFT1920-1.jpg

ハマウドという植物を知っていますか
DSCF5567-1.jpg

セリの仲間で大きくなるが、強風を受けるこの場所では草丈は低い
DSCF5570-1.jpg

足元には色とりどりの花
DSCF5572-1.jpg

小さい頃、アサリを採りに来たことを思い出した
DSCF5563-1.jpg

砂浜へ降りることもできる。海に降りる小径をたどって。
DSFT1921-1.jpg

DSFT1929-1.jpg

それは湿原への回顧、過去に続く小径。
DSFT1866-1.jpg



タグ:出島野鳥園
posted by 平井 吉信 at 21:58| Comment(0) | 山、川、海、山野草

海から風が吹いてきて木立の日陰と芝生の日向になごむ公園


観光地ではないし地元の人しか来ないと思うけど
車も自在に停められて「密」にもならない場所が近所にあって
それもそれで潮風に吹かれながら仕事をするのも悪くないかと思いつつ
写真を撮ってみたのでひとつのWebページに掲載してみた次第

この木がつくる木陰がいい。日の光がいっそう親密にも感じる
DSFT2241-1.jpg

重力の均衡―などと標題を付けたくなる鳥のようなポーズ。これで長い年月にわたって立ち続ける
DSFT2243-1.jpg

くぐり抜ける遊具も木立に囲まれて涼しげ
DSFT2246-1.jpg

潮風にちぎれて音楽が聴きたくなった。
リクエスト曲は?
荒井由実の「生まれた街で」をお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=1hkkxK9LxaA
(ここには国道20号線も中央自動車道もないけれどかつて栄えた港と駅があってこの場所から10数両を率いた列車がいつ果てるともなく手動の踏切を渡っていった。いま吹いている風のように)

名字が変わる前の歌が好きなのはぼくだけでないかもしれない。
バンドの演奏者だってリズムが官能的で歌い手を気持ちよくさせる。
posted by 平井 吉信 at 00:23| Comment(0) | まちめぐり