2020年04月17日

これまでの負の連鎖を断ち切るきっかけとなるばかりか豊かな未来を生み出せそうな気がする


は…。ためいきが出る政府の対応。
肉の商品券(中止になってよかったが)とか2枚の布マスクとか。
(マスクは止めてくれ)
複雑不公平自己申告(=不正の温床)の30万円給付がなくなってよかったが。
でもこれは額を減らしてでも毎月支給すべきもの。
(電子マネーで配れという経済同友会に所属する企業の商品は以後不買を覚悟。財務大臣よ、お金は大臣が国民に与えるものではない。国民がこんなときのために預けた金を活用するだけ。国民の痛みがわからない財務大臣は政治の舞台から去れ!)

まずは感染症危機を収束させる(第一義)。
これが収まらなければ永遠に未来はやって来ない。
複雑なしくみは要らない。まずは生命の安全の確保から。
給付する相手は個人(生活者)であって企業や事業所ではない。
だって感染症を押さえ込まない限り経済活動は成り立たない。

コロナ収束2年計画&価値創造3年計画の5か年計画
2020年 感染拡大防止(まずは一人ひとりを守る。経済対策は無駄打ちだからやらない)
2021年 部分的地域的緩和と飛翔の準備(傷みを緩和する経済対策)
2022年 コロナ収束と社会のしくみ再構築、地域主権の実験開始
2023年 統一した価値感の浸透、理念に基づく経済対策指導、地域主権の行政開始
2024年 地域主権の確立、内需基調の経済循環の拡大(強い産業はすべて国内、大切なものはほとんど自給)


参考 外出制限、22年まで必要 「1回限りだと、すぐに第2波」 米ハーバード大予測(毎日新聞記事)
https://mainichi.jp/articles/20200416/k00/00m/040/171000c


@国民が生きていけるよう(2020年前半〜)
・生命を守るための発動(緊急事態宣言による休業→ 事業所は人件費の支出を止める。個別の休業補償は事務処理上からも不可能なのでそれに変わる所得補償=ベーシックインカムで充当)
・社保、納税の猶予(国が関与する支出を止める)
・ベーシックインカム(所得に関係なく誰にでも定額を毎月給付。一時金ではなく国の財政が許す限り続ける)を発動させて生活を守る。
(自治体に事務処理負担をかけないで迅速に処理)
・正しい情報を報せる(パニック防止、どこに何がどれだけある、感染の状況、感染リスクの評価と対応策など)、情報操作、世論誘導などは言語道断。SNSやブログなどから生の情報や工夫を拾い上げて政策へのヒントとする。
→ 経済対策を実効性のあるものにするためには感染症の流行を押さえ込むこと。1日でも早くそれができればそれが最大の経済対策との認識。将来に伸びるほど経済の損失が膨らむという大局観から。

A医療機関の機能保全(2020年前半〜)
・感染者の早期発見に向けての検査体制の構築
・症状に応じた隔離と病院以外の収容場所の確保(稼働率が激減した宿泊施設を1棟借りあげる)
・足りない医療機器、消耗品の生産を加速、分配(IT活用)
・感染予防策、ワクチン研究開発等

B必要な物資を国内で賄うために必要なハード、ソフトの整備を支援(2020年前半〜)
・食糧、マスクなど
→ 2020年は感染症を爆発させないようにコントロールすることに注力
→ 2021年から感染状況を見ながら地域的部分的に緩和させていく
→ 内需創造、拡大のフェーズ開始

C消費税廃止(2020年後半〜)
・10%(8%)→ 0%(軽減税率廃止)
・所得税税率改定(所得の少ない層→ 減税、所得の多い層→ 増税)
→ 内需を拡大するためにこれまでの30年で中流が消えて二極化した所得格差を是正。教育に力を入れることで文化、科学、経済などすべてに好影響をもたらす原動力となる。

D経済対策本格化(2021年〜)
・自給できない食糧や食品を重点的に政策誘導で他産業から転職奨励
・大規模志向から小規模連携型、環境保全、生態系保全の一次産業育成方針
・効率重視から生産性重視への産業のしくみの転換
・特に疲弊の著しい産業は手厚い支援
・上記を後押しする創業、起業支援の充実

E外交方針の樹立
・東アジア、ロシアなど国境を接する国と関係改善の等距離外交(武力に依存しない安全確保)
・キリスト教圏とイスラム教圏との仲立ち外交(脱イデオロギーの啓発)
・日本の持つ佳き価値感を軸に展開する文化生活を啓発する外交(生産性の高い経済活動の布石)

F政治行政改革
・脱イデオロギー、脱政党で政党は解党して政治家一人ひとりが個々の政策を立案、評価するしくみにする。
・首相は政治家だが、大臣は民間の専門家が着任、政治家は行政府の長にはならず立法府に専念。三権分立を明確に司法はときに政治判断まで踏みこむ独立性を持つ。
・政治家は原則兼業で国会県議会市町村議会を廃止して1本化して増員。ただし費用弁償のみの支給とする。意思決定にはITを活用してムダな会議や委員会を排除。ただし、ほんとうに優れた能力の専門家が各方面から集まって議論を行う。政治家の評価を行う委員会を設置して活動が独善的であったり活動が行われない議員をリストアップして勧告。すべての議員活動はオンライン上の共通システムで閲覧可能とする。
・一定の地域単位で予算、三権を独立して保持。沖縄が台湾と、北海道がロシアと外交交渉を行うこともあり得る。中央政府の権限は主として外交などに限定して大幅に縮小。
・企業や産業の強化、効率化、合理化ではなく根源となる人材育成に力を入れる(※失われた30年の反省。世界は目に見えない資産で勝負している)。
・経済合理性から削られがちな大学や科学の基礎研究の回復
・文化や芸術などこれまでの政権が力を入れてこなかった活動に力を入れる。
・企業向けの補助金は原則廃止するが国策で強化する分野への奨励金は新設。
・政策の透明性を確保して政策評価が全国民参加で行えるしくみをITでつくる。安倍内閣で民意と乖離した無意味な政策が次々と行われるような権力の暴走を阻止するため国民全員参加の評価を行う。
・国民にも政治参画への啓発と教育を行う。それは知識を植え付けるのでも問題解決でもなく、どのような問題を解くべきかを考えてもらう作業から。ここから政治家としての活動への意識を醸成する。
・意味のある財政健全化の基準を設定して財政が膨張してハイパーインフレを起こさないよう監視を行う(デノミなへの警戒と預金封鎖などの怖れも皆無ではない)。とはいえ政府が大規模の財政出動を行うそぶりはないので杞憂かもしれない。政府の負債の反対側は国民の資産でもある。

※失われた30年の反省…風邪を引けば解熱剤を飲み(株価を上げるための金融政策)、身体が弱ってきたらドリンク剤を打う(補助金依存の産業政策)。けれど身体そのものが健康でないと。部分的に筋肉を鍛えて身体を壊すプロ野球選手は多いがそれは本質を見ないから(イチローは決して筋トレをしなかったが骨格や筋肉の動きの本質を見ていたように思う)。より安くより良いものをと海外へ出て行った効率重視、成果主義、KPI偏重の結果がこうなってしまった要因。現政権はさらにそれを進めようとしているので自ら断頭台へ進んでいる。まずは幸福ってなに? 地域と国のあり方は? 成果ってどんな状態?などから21世紀半ばへと向かう理念を導き出すべきでは?


多様な価値観がそれぞれ個性を放つけれど決してバラバラではなく、
またワンチームでなくていいが(ひとつにまとまらないほうが健全な社会)、
国はどうあるべきかの理念は共有している。

国民はやりたいこと、好きなことをのびのびとやることで
ときに思いがけないビジネスへと発展することもある
(国全体が小さな実験を繰り返してそこに共感やら自律による新たな協働が起こるシリコンバレーのよう)。

その結果として豊かな精神性を持って高い生産性を誇る日本となり、
その考え方を世界に啓発することで国際貢献となす。
幸福な国民が作り出す多様な文化(価値)、
豊かだけど個性的で持続的な経済圏が出現する―。

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★

考えがまとまっていないけれど、コロナ禍はマイナスだけでない、
優れた社会を生み出す転換点になるようにしたい。
コロナをきっかけに社会が生まれ変わっていく姿が見える気がする。
生きていれば未来の実験に参加できるよ。

経営面からの参考情報を書いています
→ コロナ禍の経営危機を乗り切る
 https://www.odayaka-keiei.com/vs-corona
  → コロナ禍での生き残りとコロナ収束後を見据えて
  https://www.odayaka-keiei.com/henkaku

posted by 平井 吉信 at 00:33| Comment(0) | 生きる

2020年04月12日

降りて上がって反時計回り 日和佐の恵比須洞(えびす洞)


仕事で近くを通りかかって寄り道をできるのが自営業の良いところ。
日和佐での仕事を終えて恵比須浜へ向かう途中にある恵比須洞を散策。

半島状の地形が波の浸食でぽっかり口を開けている(あちらとこちらがつながったような地形)。
観光の穴場のような場所でどちらかといえば健脚向き。
(距離が長いのではなく階段が急勾配。下りに使うと危ないので半島を反時計回りに進むのを奨める)

県道沿いに車が置ける場所があってそこに停める。
ほどなく右下へと急角度に海へ向かって降りていく。
DSFT8869-1.jpg

DSCF2106-1.jpg

海岸に降りてみよう。ここは海伝いには来られない場所
DSFT8871-1.jpg

タカラガイなどの貝殻が多い
DSFT8898-1.jpg

振り返ると岩伝いの遊歩道、そのもっとも低くなったところにえびす洞がある
DSFT8907-1.jpg

岩場の遊歩道に戻ると恵比須洞
DSCF2203-1.jpg

DSFT8923-1.jpg

ここからが急登になる
振り返ると遥か下方に海が見える
DSFT8926-1.jpg

水の透明度は高い
DSCF2143-1.jpg

散策沿いには春の山野草(ヒメハギ)
DSCF2160-1.jpg

フイリシハイスミレ
DSCF2149-1.jpg

タツナミソウ
DSCF2104-1.jpg

DSCF2164-1.jpg

仰ぎ見れば頂上はまだ見えない
DSFT8929-1.jpg

ホテル白い灯台が近くに見える
DSCF2176-1.jpg

登り切ると恵比須浜の漁港が見える
DSCF2180-1.jpg

やや平坦な場所があって神社がある
でもぼくが感激したのは
竜宮の乙姫の姉妹たちのような見事なフイリシハイスミレが咲いていたから。
DSCF2200-2.jpg


posted by 平井 吉信 at 15:27| Comment(0) | 山、川、海、山野草

節約家庭料理 ラーメンを基本に野菜と卵を加える


5袋入りのラ王とかまるちゃん正麺が300円前半で売られているときに買っておく。
それに40円前後で買えるモヤシを入れてみる。
(もやしは根切りをしなくてもいい。ぼくは気にならない)
モヤシは電子レンジ用の密閉容器で薄味をつけて2分程度あたためておく。
(1人前1袋)
そこに胡麻をすり入れて卵を落とせば昼食の完成。
余りもののキノコがあればモヤシを温める際に入れておく。
もやしは栄養価が高く繊維質も豊富な優れた食材。

五分づきのご飯とともに食べれば十分かな?
人ごとで的外れのコロナ対策しかできない政府は不要。
(そのうち暴動かクーデターが起こるかもしれない)
だから自衛策を考えよう。
お金をかけずに手軽でおいしい食事の作り方のひとつとして。
RXM03736-1.jpg

いまなら余りもののキャベツでお好み焼きをつくるのもあり。
(キャベツの蒸し焼きに粉が付いているような感じ)

旬のジャガイモを洗って塩をまぶして電子レンジ用容器に入れて600w5分程度でおいしいじゃがいものできあがり。そのまま食べられる。

政府の愚策に負けないように自衛しよう。


posted by 平井 吉信 at 14:49| Comment(0) | 生きる

川口ダム湖畔 相生森林公園の桜


それは国道195号線が阿南を超えて鷲敷に至る道中が細い峠道であった頃の話。
親父に連れられて川口ダム直下流に流れ込む赤松川を目指していた。
当時はガードレールがなくつづら折りの崖を通る恐ろしい峠越えであった。
(今日の国道は高架とトンネルによるアクロバティック=悪路場築なコースとなっている)

川口ダムからは濁った水が放流されていたので
アユたちは水の澄んだ赤松川へと入り込む。
(魚道がないこともあって本流を遡上することはできなかった)
その赤松川の淵で毛針と錘を受けて上下に動かすドブ釣りをするのである。
水の色、天候、水量、虫の羽化する時期などから毛針を選ぶのだが
きょうは「青ライオン」で、いや「岡林1号」でなどと親父と打ち合わせをして釣りをしたもの。

川口ダム湖畔には小料理屋があった。
名前は「めんやど」という。
世の中に多い「おんやど」をもじって女傑の経営者(オトラばあさん)が
おでんやらうどんやらを売っていた。
ぼくも何度か連れて行ってもらった。

北岸を通る国道からダムゲートを渡って南岸へと入る。
やがて相生森林美術館が見えてくる。
ここでは裏山の斜面に植えられた桜を見る。
DSCF2078-1.jpg

DSCF2082-1.jpg

DSCF2088-1.jpg

DSFT8837-1.jpg

DSFT8853-1.jpg

自転車で遊ぶ地元の子ども(若者?)
D7N_5953.jpg

D7N_5937-1.jpg

続いて湖畔の桜を見る。
DSFT8861-1.jpg

D7N_5961-1.jpg

道の駅の前には「はんごろし」が売られている。
さて、はんごろしという食べ物とは?
(仏壇に供えることもあるというのに物騒な)

posted by 平井 吉信 at 14:34| Comment(0) | 山、川、海、山野草

若葉の頃を思い出す桜 牛岐城(阿南市富岡町)


牛岐城は阿南市富岡町のまちを見下ろす丘にあった城である、
14世紀末に細川氏ゆかりの人物によって建造されたとされる。
16世紀の終盤になって長宗我部氏が支配するようになった。
DSCF2260-1.jpg

阿南といえば野球のまち、LEDのまちとして売り出している。
近年は冨岡西高校が21世紀枠で出場して活躍。
その冨西生にとってもなじみの場所。
→ 質実剛健を校風とした県南の進学校、冨西の校歌

かつては阿南駅前にセイドー百貨店があり、エスカレーターで上階まで上がっていった。
富岡の商店街はいまより賑やかで専門店が軒を連ねていた。
うちの親父も鮎釣りに行った帰りに紅葉屋に立ち寄って好きなあんパンを買っていた。
富岡のまちは迷路のように入り組んだ路が特徴で
阿南駅から冨岡西高校までは幾通りものルートがあった。
近年になって牛岐城公園周辺はLEDと桜の植樹で整備された。

この日は阿南市内に所用があって訪れた帰りに牛岐城公園に立ち寄ってみた。
まちなかではあるが、車も置くことができる。
上がり口では親子がのびのびと身体を動かしている。
DSFT8958-1.jpg

公園前には広場があり、そこかららせん状の階段で上がっていく。
DSFT8963-1.jpg

ソメイヨシノは満開を過ぎたところであるが
それでも夕方の光を宿し風を受けて散っていく。
DSCF2237-1.jpg

桜の持つ晴れがましさとその裏に秘めたはかなさは
季節の象徴であるばかりか日本人の共感する対象となっている。
DSCF2243-1.jpg

頂上は展望台となっておりLEDのオブジェが置かれている。
DSFT8972-1.jpg

DSFT8977-1.jpg

ところで不思議に思うのはどこに行っても女子学生のグループは見かけるけれど
男子学生のグループは見かけない。なぜかな?

食べたくなるような若葉
DSCF2253-1.jpg
富岡のまちなかの喫茶店に女の子と行った。
ビクターの白木のスピーカーSX-3から妙なる音楽が鳴っていた。
(このときの心象風景が後にビクターのSX-V1,さらには同じ設計者のクリプトンKX-1を買わせたのかもしれない)
まあ、それはともかく若葉のような10代の頃を思い出した。

DSCF2274-1.jpg

牛岐城を振り返ればなつかしい。
もちろん高校の頃の通い慣れた路ではあるけれど
中学のときに訪れた明日香村の天武・持統天皇陵にも重なるのだ。
明日香ののどかな春が来年は来るといいなと願いつつ。

posted by 平井 吉信 at 14:10| Comment(0) | 徳島

2020年04月10日

目に見えない何かが教えてくれる未来 とくしま植物園


植物を見て共鳴する人、動物を見て愛おしくなる人、
人間は自らが動植物を生命維持のために食しながら不思議な存在である。

都市部では人と人との接触を避けるために外出を控えているが
徳島では自宅を出て車に乗って目的地に着いて
そこでも人影がまばらで思い思いに花見をしている。
万全の対策を施したうえで
それぞれの地域にあった過ごし方がある。

ソメイヨシノの花は盛りを過ぎようとしている。
午後の日射しを浴びてのんびりと過ごしてみた。
きょうは丘陵地帯を歩くことにする。

シバザクラに近づいてみる
DSCF1766-1.jpg

これは何の木だろう
薄紅色のぽっと空間を照らす色の温度感
DSCF1769-1.jpg

ここはスミレの宝庫
どんぐりの実が豊かさを象徴している
これはコスミレ
DSCF1771-1.jpg

DSCF1784-1.jpg

タンポポは綿毛となってからが本番
DSCF1800-1.jpg

DSCF1808-1.jpg

桜のなかでは花も葉も光を宿すヤマザクラが好きで
DSCF1813-1.jpg

DSCF1816-1.jpg

ナガバノタチツボスミレ
DSCF1825-1.jpg

DSCF1827-1.jpg

背が高くすらりとして手も長い
DSCF1832-1.jpg

スミレ界のモデルのよう
DSCF1849-1.jpg

よく整備はされているが、公園というより里山の散策
(外に出られない方のために散策しているつもりでご覧になっていただけたら)
DSCF1984-1.jpg

DSCF1854-1.jpg

DSCF1861-1.jpg

DSCF1862-1.jpg

DSCF1868-1.jpg

DSCF1870-1.jpg

ゴザを広げて家族や友人で楽しむ人々も多かったが
距離は近くても数十メートル離れている。
人口密度が少ない徳島ならでは(ここは徳島市だけど)。
DSFT8700-1.jpg

DSFT8706-1.jpg

DSFT8716-1.jpg

DSFT8718-1.jpg

DSFT8722-1.jpg

幼い頃、誰かに連れられて歩いた里山の記憶、思い出しましか?
DSFT8725-1.jpg

DSFT8768-1.jpg

DSFT8730-1.jpg

感染を防ぐ方法は分かっている。
(いまの時代に知らないとは言わせない)
ただそれをわかっていても
人としての義務を果たそうとされる方、
出たくはないが、生きるためには休めない方々。

DSCF1890-1.jpg

DSCF1952-1.jpg

DSCF1964-1.jpg

DSCF2057-1.jpg


2020年4月、
目に見えないウイルスが
目に見えるように未来の社会のあり方を教えてくれているよう。
花は花、桜は桜、春は春。
生きてこその宝物、来年も見られるから。
DSFT8725-1.jpg
posted by 平井 吉信 at 20:57| Comment(0) | 山、川、海、山野草

布マスクの洗い方 紙マスク(不織布)の洗い方


布マスクの洗い方について
経済産業省(厚生労働省ではない)が動画を掲載している。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=AKNNZRRo74o&feature=emb_logo

それによると家庭用洗剤に10分つけ置きして水道水ですすぐとしている。
汚れている場合(ウイルスで汚染されている場所などでの滞在など)は
塩素系漂白剤を同様に使用するとしている。
(動画ではわからないが併用するのではなくどちらか一方だろう)
こすらないことで繊維の間隔を広げないようにするのが留意点。

紙マスク(不織布)の洗い方について
台湾の天才IT担当大臣からの情報提供では
電気鍋(台湾では各家庭に普及している調理器具)で8分温めるという。
水を入れないのと鍋の温度が110度ぐらいというのが留意点。
3〜5回使えるとしている。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2004/02/news144.html

立体裁断の布マスクの作り方
続いて香港からの情報提供だが
発案者は化学者の鄺士山博士でN95規格にひけを取らない性能を発揮するという。
https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/column/00011/031000007/?P=1
ミシンが使える人なら簡単に作れるらしい。

立体裁断の布マスクの作り方を動画で公開している。
https://www.youtube.com/watch?v=ZusqX4Cfa3w

装着方法
https://www.youtube.com/watch?v=-9UDIIwFRa8&t=9s

その型紙も公開している。
https://drive.google.com/drive/u/0/folders/1MVJY4mwtFCFEMFlf3zx3yg_dJpbD4pNG?fbclid=IwAR2IFpjU_LDkAKwh7L1lRw53o_7b5ylhqjwFl3ihMmiEW4yWj9cbww59k_0


ぼくが行っているのは湯を沸かして紙マスクを5分以上煮沸する方法。
というのも紙のように見えるが原料はPPやPE。
繊維を弱らせないようにするため洗剤や薬剤は使わず煮沸の力だけにしている。
花粉などが付着する弱点があるが屋外の軒先で陰干しをすれば数時間で乾く。
薬剤への耐性があるPP、PEなので
乾いたら次亜塩素酸水をスプレーして再び乾かす。
(急いでいるときは乾かさないでそのまま使う)
このとき、キッチンペーパーを適当な大きさに切ったものを何枚か用意して
数時間ごとに変える方法を採っている。
不織布マスク+キッチンペーパーのマスクで階段を上がりおりすると
息苦しくなることがあるのでウイルスの遮断効果があるのではないかと考えている。
(N95とは言わないが新品の不織布マスクよりは2枚重ね方式は明らかに効果を感じる)
この1週間、人との対面や人混みで使ったが、効果はあったと考える。
1枚のマスクが5日使えれば、1か月に5枚で事足りる。
30枚入りであれば半年持つことになる。

追記

徳島県で2名の感染者が立ち寄ったというゆめタウンに2日後に立ち寄ってみた。
ほとんどの人がマスクをしているなかで手持ちがなかったので
1時間ばかり店内を観察しながら買い物。
夕方だったが、マスクコーナーにマスクがあったので1セット買った(3枚入り)。

帰宅してキッチンペーパーと輪ゴムとホッチキスで紙マスクを手作りしてみたら、
顔を隠すぐらい巨大なものになった。
RXM03786-1.jpg
紙は3層で高性能と思うのだが、
紙が堅いので鼻と唇で点接触して顔から浮いている。
これをつけて人混みを歩いていると
すれ違う人が視線をちらちら向けていることに気付いた。
まあ、靴の紐が結べないぐらいの不器用な人間がつくったらこうなるということで
(人前で話す機会に左右色もかたちも違う靴を気付かずに何度か履いていったぐらいなので)
ぼくは市販品をリユースすることにした。
このマスクは欲しい人いますか?
(いないだろうな)
posted by 平井 吉信 at 13:03| Comment(0) | 新型コロナウイルス対策