2020年04月21日

仕事、買い物から戻ったらするべきこと


徳島県での感染者は執筆時点で3名。
これは0名の岩手県に次いで低い数字である。
ところがさまざまな人からこのところ県外ナンバーの車が増えているとの話が寄せられている。
そんな状況下で本日は2名の感染者があって合計5名となった。

内訳はクルーズ船1名、京産大クラスター2名、神奈川県出張帰り1名、兵庫県からの通院者1名と
県内で罹患した人はいないものの県外からの戻りや来県で感染が判明している。
また、警戒して行動していたのに罹患したという話や
厳重に自己管理している医療関係者の感染が増えている。
インフルエンザでは考えられない感染力である。
このような状況でパチンコ店などが未だに休業されていないのは?

状況を総括すると、ウイルスは全国、そして至るところに蔓延している。
ジョギングすらも危険行為と考えられる状況となっている。
手洗い、マスク、うがいでも感染を防げない怖れがある。
いや、実際には行動の細部が明暗を分けているような気がする。
マスクの扱い方、手洗いの場所や順序や時期の適否などなど…。

徳島では夏の阿波踊りが中止となったが当然である。
来年のオリンピック開催も事実上困難となったと判断する。
いまは経済活動よりも感染の抑止、そのための行動が最優先だ。
それが経済の回復の最良の処方箋でもある。

それなのに家族連れでの買い物に出かけたり遠方へ外出する動きが絶えない。
(「密」を避けるのは当然だがそれだけでは防げない状況が出てきているように思える)
コロナを消滅させることはできない。
非常事態は少なくとも2年、長ければ4〜5年続くかもしれない。
(そもそもコロナウイルスが発見されて半世紀以上が経過するが未だにワクチンは開発されていない)
そのことを前提に、コロナと共存していく選択肢がある。

経済的な苦境もあるが、まずは今日一日の身を守る行動を続けること。
時間の経過とともに現在は未来になる。
そのために心身の安定を保つことが大切。
鉄の意志で微笑みながら生きていきたい。
日々の行動習慣として次のことを実行している。

まず、最初の手洗い。
家の中のものに触れる前に必要なこと。

スーツや作業着、外出着などは脱いだ服はほかの衣服と隔離する。
なかなか洗えないものは次亜塩素酸水やアルコールのスプレー、スチームクリーナーで数日おきには減菌。
カバン、靴、財布、カード、スマーティフォンなども忘れずに
次亜塩素酸水もしくはアルコールで(こちらは毎日。通勤者は車のハンドルも)。

スーパーやコンビニで買い物をしたら、冷蔵庫や机に置く前に水洗い、
拭き取ったら次亜塩素酸水で減菌して冷蔵庫に収納。
なお、冷蔵庫の汚染源は野菜室である。
ときどきはすべてを取り出して水洗いや次亜塩素酸水、アルコール等で拭いておく。
野菜室の日々の手入れはスプレーで十分。
(その際にマスクを着用されているだろうか?)

外から戻った人間本体は以下の手順を行っている。
・二度目の手洗い。
・顔を石けんで洗う。
・再び手を洗う(顔のウイルスや雑菌が手に付着するため)
・歯磨きを行う(重要)。
・目を流水で洗う。
・鼻うがいを行う。
・のどのうがいを入念に。
・紙タオルで濡れた顔と手を拭く。
・乾いた手指は次亜塩素酸水またはアルコールで減菌。

次に時計、携帯電話、財布、紙幣と硬貨、バッグ、上着やズボンの減菌を行う。
次亜塩素酸水、スチームクリーナーなどを駆使して一つずつ行っていく。

ここまでの無害化処理に半時間以上はかかる。
(大げさではなく確実にやっておくべきことですよ)
不要不急の外出は避けろといわれなくても
仕事の帰宅や買い出しの帰りに毎度この作業が必要となるので
おのずと出歩く機会は減少する。
とにかくここまでやってから
ようやく家の中の作業や行動に入る(食卓に着く、調理を行うなど)。

いまやウイルスは身の回りの空間にどこにでも存在すると考えられる。
けれど、ノイローゼになることも神経質になることもない。
ウイルスと共存するつもりで落ち着いて淡々と対策を行えばいい。
(ぼくはこのまま2年続いても気は滅入らない。もはや習慣にしたので)
自分が罹患しないことは人を感染させないことにもつながる。
感染した人を責める気持ちは毛頭ないが、防ごうと決意すれば防げると信じている。
(感染症予防には無知、無理解、無神経、無行動の4つの無が妨げとなっている)
ICUに入室する医師や看護師の気持ちを思えばできないことはないはず。

言うまでもなく外出時はマスクをする。
マスクは布でも不織布でも良いが、現時点では不織布も洗浄して再利用すべき。
(ぼくの実験ではだんだんくたびれてくるけれど、キッチンペーパーなどで補うことで1週間程度は使える)

マスクの洗浄については、台所用洗剤もしくは洗濯洗剤、
必要があれば次亜塩素酸ナトリウムの希釈処理が一般的。
このとき繊維を傷めないようもみ洗いは不可。
皮脂や汚れのほとんどはこすらなくても洗剤の界面活性効果で落ちる。

ぼくは熱湯で煮沸して乾かす
(最後に流水にさらすけれどすすぎが不要で繊維を傷めない。ウイルスは熱で減菌できる)。
干すときに次亜塩素酸水をスプレー。手間もかからない。

日々の生活のなかでは顔に触れない(意識しないとできない)。
少しかゆい感じがある、気になって触れてしまうなど、
人はいかに顔を手で触れているかを痛感する。
触れたいと思ったら我慢することでかゆいという感情をなんとかやり過ごす。
(座禅をしている人なら経験があることだろう)。
どうしても触れたかったら手指を洗うか減菌してから。

必要以上に怖れない。
風評やデマに惑わされない。
でもこれは人類最大の危機だ。
できることはやる。それだけ。
いかなる状況であってもおだやかな心は消えることはない。
新型コロナウイルス感染症と生きていく。

posted by 平井 吉信 at 13:09| Comment(0) | 新型コロナウイルス対策

2020年04月19日

日峰山のナガバノタチツボスミレ


徳島の低山ではタチツボスミレ(おそらくもっとも多く見かける)とともに
花に近い葉が長いナガバノタチツボスミレもよく見かける。
このところ夕方の散策に出かける日峰山にて
DSCF2606-1.jpg

DSCF2618-1.jpg

DSCF2633-1.jpg

桜とすみれを追いかけている(というか遭遇する)うちに春は過ぎていく。
posted by 平井 吉信 at 12:13| Comment(0) | 山、川、海、山野草

吉野川遠望 美村が丘(脇町)からブラタモリ(風)


広棚地区からもう一息足を伸ばせば美村が丘に出る。
この北端に吉野川を眺望できる場所がある。

これは道中の石井町付近の吉野川 サバンナのよう
D7N_5966-1.jpg

薬草園もある美村が丘
DSFT9038-1.jpg

ここから歩いて北端の展望台へと向かう
南岸(画面奥)へと流れる水のない日開谷川(盆地の扇状地を流れる天井川)と
吉野川が丁字に交錯していることをまずは観察
DSCF2437-1.jpg

合流点からやや下流(左)に山がせり出している。吉野川北岸にある扇状地から流れる川が土砂で吉野川を南岸へと押し出している地形であるが、岩盤にあたって吉野川が南へ押されないでいる。ここが岩津の狭窄部。
DSCF2446-1.jpg

前後で1kmを越える川幅の吉野川が150メートルに狭められて川底は深くえぐれている(おそらく水深20〜30メートル以上)

そんなことを考えながら座って吉野川中流の沖積平野を見つめる。ここでアシスタントが出てきてこの地形の謎を解く展開になるかな?どうぞ、心をこの空間に置いてください。
DSCF2450-1.jpg

やや下流を見れば日本最大の基本高水を設定されている吉野川の片鱗が伺える
D7N_6059-1.jpg

足元には春の山野草
ホタルカズラ(ハルリンドウかと思った)
DSCF2482-1.jpg

ノジスミレ
DSCF2424-1.jpg

ジュウニヒトエ(そう言われれば平安時代の女人の衣装に見えるかも)
DSCF2410-1.jpg

タチツボスミレ
DSCF2470-1.jpg

遠くにも近くにも水や草木があるというのに。
posted by 平井 吉信 at 12:02| Comment(0) | 山、川、海、山野草

広棚 花の里のシバザクラ(美馬市脇町)


桜を数十年にわたって植えている、○○を丹精込めて育てている―。
全国各地にそんな場所がある。
それは個人であったり個人に共感した地区や有志の方々であったり。

ここは美馬市脇町の「広棚 花の里」。
シバザクラが満開ということでその雰囲気をお届けします。
DSCF2292-1.jpg

DSCF2304-1.jpg

DSCF2308-1.jpg

DSCF2325-1.jpg

DSCF2340-1.jpg

DSCF2356-1.jpg

DSCF2372-1.jpg

DSCF2386-1.jpg

DSCF2392-1.jpg

DSFT8996-1.jpg

D7N_5984-1.jpg

D7N_5994-1.jpg

D7N_6004-1.jpg

D7N_6007-1.jpg

D7N_6010-1.jpg

D7N_6035-1.jpg

D7N_6021-1.jpg

※駐車場があって15台程度停められますが、少し離れた道沿いに道路のふくらみがあってそこにも安全に停められます。
タグ:シバザクラ
posted by 平井 吉信 at 11:38| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2020年04月18日

次亜塩素酸水 使い方を工夫すれば有効


元記事に追記
アルコールが入手しづらいときの代替案

追記(2020年4月18日)

経済産業省は、電気分解で生成される次亜塩素酸水について
手指の消毒には効果がないとしていた当初の見解を修正。
評価を×から△とした。

「検証対象となる物資の選定について」
新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会 事務局(ナイト・経済産業省)
https://www.nite.go.jp/data/000108034.pdf

効果が持続する時間が短いとされるが
それこそが次亜塩素酸水の利点と考えている。
現在不足しているアルコールの用途のうち、
かなりの部分をコストが安く入手しやすい次亜塩素酸水が賄うことができれば
それが社会的に意義があることと考える。

手指に関しても持続時間が短いことは皮膚への影響が少ない。
(アルコールが手荒れしやすいのは皮脂を除去するため)
その代わり、費用が安いのでたっぷりと使えば良い。
減菌すれば水に戻る。
ドアノブなど汚れた箇所に触れたらまた使用すれば良いだけ。

杓子定規の基準ではなく用途を見極めれば有効との事例だろう。
次亜塩素酸水については
メーカーの品質管理や考え方にばらつきがある可能性があるかもしれない。
信頼できるメーカーの粉末を水に溶いて早めに使い切るか
鮮度の高い次亜塩素酸水を小ロットで購入して回していくか
電解水生成装置で次亜塩素酸水を生成して早めに使い切るなどの運用ができれば
アルコール生成と併せてコロナ対策に貢献するのではないかと考える。
posted by 平井 吉信 at 11:28| Comment(0) | 新型コロナウイルス対策

2020年04月17日

やった PHS運用中止が3021年1月31日まで延期


いまだにPHSと思われるかもしれないが
病院内ではこれでなければ使えない。
(ピッチではありません。プウスヌル・ヘアンディフォン・シストムの略です。原語に忠実にカタカナにしました。よろしいですか)

いかに高速化が進もうと音声の現実感においてはケータイ/スマーティフォンはPHSの足元に及ばない。
通話では相手の感情の変化を感じ取ることができる。
人間にとって意思疎通はもっとも大切なこと、相手が見えない会話では特に。
ぼくは気にしていないが電磁波の影響が極めて低いことも特筆される。

いっそこのままエリアを広げて
スマーティフォンから乗り換える人を優待するなどして
サービス中止をとりやめるどころか攻めてみては?
(いけいけウィルコム、これからもずっと使うぞ)
(1週間は充電不要、明確で人の感情が伝わる音声、ぼくは使わないけれどカメラを内蔵、そのうえ液晶はカラーでハードウェアキーも付いている!えへへ)
(iPhoneやらAndroid機やらの最上級機を見てもときめかない。画面は小さい、キーボードが付いていない、落としたらすぐ割れる…パソコンより不便じゃないか)
(理想のスマーティフォンは、軽量化のためカメラ機能やQR読み取りなどの不要なデバイスははずし、外付けディスプレイと外付けキーボードが接続できるインターフェイス(HDMI,USB-C,Bluetoothなど)を有し、折りたたみ可能で外付けSSDもしくはDropboxなどに安全をデータ格納してBluetoothなどで接続。例えば、OSはファイアーウォールと高度の暗号化を装備したLinuxベースとして、本体OSと切り放してiOSとAndroidを仮想で動かしてアプリケーションをインストール。入力は本体では音声、視線入力のみとして身体に装着したスマートデバイスからも制御と表示を行う。これらの道具建てが小さなカバンに入って本体は1万円台でしょう。あ、でもそれならSSD仕様のノートPCでもいいか。みんな小さな画面と使いにくいフリップ入力を我慢して使っているんでしょ→ いたずら書きが過ぎましたごめん)

医療の現場では欠かせないPHSを存続させることは
社会に役立つ意思決定と思うのだ。
(いま医療の現場に新たなインフラ導入を迫るのはどうなのか。しかもこれに代わる有力なデバイスは見当たらない)

DSCF2888-1.jpg
(WILLCOMのロゴが誇らしげ。待ち受け画面は仁淀川と浅尾沈下橋。えへへ)

注/タイトルに誤りがありましたのでお詫びいたします。正しくは2021年です。3021年だと人類おらんかもしれん。
 
posted by 平井 吉信 at 21:21| Comment(0) | くらしとともにあるモノ

本日マスクが購入可能です(速報)


京都のマスク専門メーカーが中国の自社工場(もしくはOEM生産)で製造しているマスクの直販サイトに本日商品がありました。

PM2.5対応 3層不織布マスク(白)
PFE99%【40枚入】 [PM25M-3L4]
販売価格: 3,480円(税別)
https://www.anshinya.com/product/277

特に枚数制限はないようです。
くれぐれも必要枚数のみの手配にとどめてください。
(転売厳禁です)

追記(2020年4月18日)

通販の需要が増加して宅配便が混み合うことが想定されるなかで
発注して14時間後に届けられました。
マスクの入ったビニール袋(20枚入り)が運送会社の紙袋に入れられている形態で
納品書や領収書は入っておりません。
しかしメールで案内があったURLから印刷できます。
緊急時に何が必要で何が不要か、
一刻も早くマスクを届けるために何を省くかを考えた対応です。
届いたマスクはしっかりとした品質感があります。
いま必要なこと、そうでないことを見極めて行動することが大切です。
RXM03794-1.jpg

追記
学校や職場でマスクは白に限るとしたルールがあるとか。
(花柄でもアニメキャラでもヒョウ柄でも黒でもいいじゃないか。かりゆし風や藍染め風のマスクの知事もいる)
何を犠牲に、何を守りたいのか。
コロナ禍が問いかけているのはウイルスの猛威ではなく人間社会の本質かもしれない。
タグ:マスク
posted by 平井 吉信 at 13:37| Comment(0) | 新型コロナウイルス対策