2019年11月30日

深まる県都 秋が来てまちは沈む


以前にも書いたように四国四県都で徳島市だけが沈滞している。
この沈み込みは尋常ではないように思える。
周辺自治体の商業施設に集客を奪われ、
最後はイオンモールによってとどめをさされた、と思っていたら
ドンキホーテまで出店。
そしてそごう徳島店の撤退決定(2020年夏)。
http://soratoumi2.sblo.jp/article/186711175.html

そごうが出店しているアミコビルをどのようにするかについて
専門家や企業経営者が地元新聞紙上でコメントしているが
取り壊して別の器を立てるという話が多い。
(現実はそれを行う財源も清算する原資もないのではないか)
その後の活用についてはいずれも我田引水の感じが否めない。

解体するといっても負債を抱えた運営会社はそうはいかないだろう。
かといって商業施設が入ることもないだろう。
現実的には小区画に分けてオフィスビル(一部は飲食や物販を集約する)として
やっていくしかないだろう。

それよりも大切なこと、
市としてどんなまちをつくるのか百年後を見据えたまちづくりを
そのなかから3〜5年でできることを落とし込んでいく。

まずは遠いようでも百年の計を定めて
ときの市長や知事の意向に左右されないまちづくりの礎をつくることだろう。
(知事と市長のやりとりを見ているとどちらも市民のためにお引き取りください、といいたくなる)

百年後を見据えて人の住まいはどうあるべきか?
人口はどのように推移するか?
公共交通の体系はどう整理されていくか?
川によって寸断されている地区をどのように有機的につなげていくか?
その際の役割分担はどうするか?
そして来たるべき南海トラフの災害時への備え(自助共助公助の連携)はどうあるべきか?
(これらをばらばらにやるのではなくひとつの理念で編み上げていく)

まちの将来を考え、未来の人たちへの橋渡しを考えて実践すること、
結局はそれがいま生きる人たちの糧にもなり得るのではないか。
そのための政策誘導、地区の特性、ゾーニングなどの都市政策はどうあるべきか?
公民の連携や巻き込みはどうつくっていくか。

だから未来をつくるためのかけがえのない時間を
つまらぬ面子や思いつきの政策でつぶすのはやめてほしい。
RXM01824-1.jpg

RXM01821.jpg

RXM01812-1.jpg

県庁から市役所までを散策して秋が深まっていくのを感じる。
川と眉山が何かを語ってくれているような。
RXM01772.jpg

RXM01781-1.jpg

RXM01787.jpg

(ソニーRX100M7)
タグ:徳島市
posted by 平井 吉信 at 21:49| Comment(0) | 徳島

佐喜浜川 最後の楽園か荒廃した山里か


四国の東南部を室戸岬をめざす道筋は日本有数の気持ちの良い場所。
(室戸阿南海岸国定公園)

右手に山が迫り左手には太平洋。
そんななかで小さな川がいくつか海に注いでいる。
国道55号線から見える上手の光景がいつも気になる佐喜浜川。
DSFT6124-1.jpg

D7N_5479-1.jpg

Google地球で見ると
災害で荒れて工事の手が入った場所もあるが
手つかずの荒野の川の風情が横たわる。
気にはなる。
(雄大な海のそばの小さな川には誰も気に留めないから。渓流師以外は)

追記
佐喜浜川を車で横断する人がいた。
レガシーのようだけど…。
https://ameblo.jp/ffonly2007/entry-12548611950.html
posted by 平井 吉信 at 21:01| Comment(0) | 山、川、海、山野草

木沢の深まる秋 紅葉の砥石権現 その3


最後は望遠レンズのみ。
(ニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G )

D7N_5323-1.jpg

D7N_5325-1.jpg

D7N_5326_1.jpg

D7N_5334.jpg

D7N_5391_1.jpg

D7N_5392_1.jpg

唱歌のもみじが好きで小学校の頃から口ずさんでいた。
心がばらばらに砕けて子どもに還るひととき。
タグ:砥石権現
posted by 平井 吉信 at 20:25| Comment(0) | 山、川、海、山野草

木沢の深まる秋 紅葉の砥石権現 その2


今度は標準レンズのみで撮影したもの。
(フジX-T30+XF35mmF1.4 )

DSCF7524-1.jpg

DSCF7532-1.jpg

DSCF7550.jpg

DSCF7567-1.jpg

DSCF7577-1.jpg

DSCF7607-1.jpg

(ほとんどの風景はこの標準レンズで撮影している。特殊なレンズは必要ないと感じている)
タグ:砥石権現
posted by 平井 吉信 at 20:19| Comment(0) | 山、川、海、山野草

木沢の深まる秋 紅葉の砥石権現


那賀町木沢地区のスーパー林道沿いにある砥石権現は神社でなく山である。
無心に森の懐に抱かれたいときにこの山へやってくる。
自宅から1時間少々でこんな山があるのは四国ならでは。
ブナの森としては南限に近いだろう。
訪れたのは11月上旬だが山のたたずまいに浸った数時間だった。

山麓の平坦な森、そこを流れるおだやかな渓相の沢(源流部)、
ほどなく尾根に出ると北西からの風を受けて寒く感じるが
南へと下がるとぽかぽかとあたたかい。
(今回は散策している気分に浸れるよう説明を省く。時系列で並べている)
DSFT5825-1.jpg

DSFT5839-1.jpg

DSFT5844-1.jpg

DSFT5845-1.jpg

DSFT5850-1.jpg

DSFT5861-1.jpg

DSFT5866-1.jpg

DSFT5878-1.jpg

DSFT5879-1.jpg

DSFT5882-1.jpg

DSFT5887-1.jpg

DSFT5892-1.jpg

DSFT5910-1.jpg

DSFT5918-1.jpg

特に目的地を定めず無心に逍遥している。
ここは紅葉の砥石権現。
(フジX-T2+XF18-55mmF2.8-4のみ)
タグ:砥石権現
posted by 平井 吉信 at 20:16| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2019年11月27日

星の岩屋 秋が暮れていくと滝を滴る水に紅葉


勝浦町のよってね市に立ち寄って
その足で勝浦川を渡れば星の岩屋へと続く山道がある。

道は途中から狭くなり、まちなか運転手には足がすくむ。
(実際は大型SUVでも通れるのだが)
そこで手前の広い農道に停めて歩くといい。

星の岩屋へ着くと滝が目に付くがこれは序の口。
DSCF8184-1.jpg

神社まで急な階段を上がってみる。巨大な岩が行く手にたちはだかる
DSFT6458-1.jpg

すると弘法大師像とともに滝が見えてくる
DSCF8207-1.jpg

滝の裏側からさっきまでいた場所を見ることもできる
DSFT6468-1.jpg

振り返ると散策路は紅葉を移す沢にたたずんでいる。
訪れる人もいない秋の夕暮れ、
DSCF8221-1.jpg

風に揺れる草木もまた。
DSFT6455-1.jpg
posted by 平井 吉信 at 23:24| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2019年11月26日

秋桜 十一月(しもつき)の田んぼに咲く(羽ノ浦町)


陽光を浴びて気持ちいいのは人も花も同じ。
ここはコスモスの名所、羽ノ浦町。
町内はどこへ行っても花盛り。
DSFT6406-1.jpg

羽ノ浦はなぜかコスモスに力を入れている。
場所はJA東とくしま羽ノ浦支所ライスセンター周辺である。
DSCF8090-1.jpg

DSFT6430-1.jpg

たくさんの花のなかからなぜ一輪を選ぶのかわからないけど
写真を撮るときは大勢を見ているようで一人を見ている。
一人を見ているようで背景を見ている。
DSFT6396-1.jpg

DSFT6434-1.jpg
posted by 平井 吉信 at 22:53| Comment(0) | 山、川、海、山野草